就活パレット 就活パレット

就活の悩み

理系就活生のエントリーシートの研究概要の書き方
就活の悩み

理系就活生のエントリーシートの研究概要の書き方

LINE Facebook Twitter

就職活動の際に、避けては通れないのがエントリーシート。志望企業への面接を受けるためにも、まずこのエントリーシートの提出が必要です。履歴書とは異なり、エントリーシートは各企業で独自のフォーマットや設問が用意されているため、1枚1枚に向き合う必要があります。そして、理系就活生を悩ませるのは研究概要の項目ではないでしょうか。今回は、エントリーシートの研究概要の書き方と気をつけるポイントをご紹介します。

エントリーシートに研究概要を用意する企業の意図は?

そもそもエントリーシートの研究概要の項目で企業が求めていることは、どのようなことなのでしょうか。エントリーシートと合わせて提出ことが多いのは履歴書ですが、この履歴書では経歴や技能、資格や実績といった事実が求められます。

対して企業がエントリーシートを用意しているのは、その学生の人柄を見るためです。研究成果が自社に活かせることを前提にエントリーシートの研究概要を評価することはほとんどありません。学生時代の研究成果だけを見るのであれば、履歴書欄の実績を評価すればよく、エントリーシートに研究概要記載を求めるということは、取り組んだ研究を通じて、その学生がどのようなことを学ぶことができたのか、また、その研究に至る背景や目的へのアプローチ方法といったプロセスを評価しています。

また、研究職への就職活動だとしてもアウトプットが存在しない仕事はありません。そのため、自身の研究を他者に伝える力も研究概要の中で評価しているのです。

研究概要を誰が読むのかを意識すること

研究概要を書く際には、読み手が誰なのかを意識することが大切です。エントリーシートの研究概要を読み、学生を評価するのは同じく専門的な立場の人や研究室の教授ではなく企業の人事担当です。

理系の研究は専門性が高く、専門用語や見解が必要とされますが、就職活動は研究発表を行う場ではありません。研究概要の項目で専門性の高い用語を並べるのではなく、専門知識のない一般の人でもわかる記述を行う必要があります。そのため、研究概要を提出する前に、研究室の教授や学生ではなく、その分野に知識がない人に確認をしてから提出をするようにしましょう。

研究概要の基本的な構成

エントリーシートの研究概要は、基本的に「研究内容」「研究背景と課題」「研究内容」「今後の展開」に沿って記載します。ただし、エントリーシートは、各企業の独自フォーマットであるため、200~300文字、400文字~600文字、1000文字、A4用紙1枚等、文字数制限も各社異なります。200~300文字の場合は、研究概要を記載しますが、400文字を超える場合は、研究内容の詳細についても記載する必要があります。

今回は、200~300文字程度の研究概要の書き方をご紹介します。

1)研究内容

「私は、『◯◯◯の研究』を行っています」と単刀直入に研究テーマを書きます。導入部のため、長文は必要ありません。

2)研究背景と課題

研究には、研究意義が存在します。なぜその研究を行うことにしたのか、また、何のためにその研究を行うのかを記載します。専門用語や知識が文章内に登場する場合は、その用語を説明するための文章も記載します。専門知識のない人でもわかりやすい文章を意識します。

3)研究内容

研究課題を解決するために、自身がどのような視点から研究を行っているのかを記載します。事象に対する焦点や視点を伝える重要部分です。

また、200文字~300文字の場合には、記載ができませんが、400文字以上の研究概要で文字数に余裕がある場合は、研究手法についても記載します。

4)今後の展開

1~3を受け、「〜のため、◯◯の研究を行っています」や「〜より、◯◯の研究を進めています」と締めます。研究概要では、詳細な研究内容を書く必要はありません。自身がどのような研究を行っているのか、また、今後どのように行っていくのかを少ない文字数でわかりやすく伝えることを意識しましょう。

研究概要の記載内容は面接につながることを意識する

エントリーシートで記載した研究概要は、あくまでも概要のため、面接時にはその研究詳細を求められることがあります。企業側は研究内容についての問答を通じて、学生のコミュニケーション能力も併せて評価しています。エントリーシートの研究概要に加え、研究の詳細についてもわかりやすく伝える準備をしておきましょう。

そのためには、エントリーシート向けの200文字~300文字の研究概要の準備だけではなく、A4用紙1枚でも伝えることができるように研究内容をまとめておきます。その際には、研究概要の記載項目に加えて、「研究手法」「研究成果」「今後の研究課題」と「学会発表や論文等の実績」を用意しましょう。

エントリーシートは、各企業で異なる設問内容で書き方に悩むことも多いかもしれませんが、研究概要や研究内容は他の学生との差別化をアピールすることができる項目です。専門的な研究内容をわかりやすく伝える力は就職活動だけではなく、入社後も必要とされるビジネススキルです。このエントリーシートの研究概要をきっかけに、自身の研究を対外的にまとめること、そして、専門的な研究内容を相手に伝えるスキルについて考えてみてはいかがでしょうか。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS