就活パレット 就活パレット

就活の悩み

「就活はなんとかなる!」と思える方法 
就活の悩み

「就活はなんとかなる!」と思える方法 

LINE Facebook Twitter

「さあ、これから就活だ!頑張るぞ!」という意気込みは誰よりも強いけれど、いざ公の場に出てみると、他の人がみんなすごい人に見えてしまって、いまひとつ自分に自信が持てない……、そんな就活生の方も多いのではないでしょうか。

自信がないと、自分を見失ってしまい、いかに企業に好印象を持ってもらえるかばかりを考え、自分らしさや能力をどう表現していいか分からなくなることもあります。

そこで今回は、自信を持ち、自分のアピールポイントを理解するための方法をご紹介したいと思います。「就活はなんとかなる!」と心を軽くして臨めるようにしましょう!

 

自分の長所・好きなところを見つめ直そう

まずは、自分に自信を持つために、自分の好きなところを考えてみましょう。「自分の良いところ、好きなところなんて見つけられない」という方もいるかもしれませんが、ゆっくり考えてみましょう。

時には、短所と思えるところを逆に考えてみることも大切です。「他人が気になって自分の考えが言えない」という短所は、裏を返せば「思慮深く、感受性豊か」というふうにも捉えることができます。他にも、友人や家族といった近しい人に聞いてみるという方法もあります。

そのようにして思いついたことや聞いて集めた自分の長所・好きなところを、頭ごなしに否定せずに冷静に見直してみましょう。

客観的にみることで、「自分にはこんな良いところがあるのか」「こういう長所があるなら、こんな仕事が向いてそうだな」「ここに気を付ければ、長所をもっと伸ばすことができる」といったことが分かってきます。こうした自己分析は、就活の基本ともなるため、しっかりとやっておきましょう。

 

学生生活で頑張ったことにあなたらしさが隠れている

客観的に自己分析したら、続いては実際の行動と照らし合わせてみましょう。学生時代に頑張ったこと、打ち込んだことなどをまとめてみて、その中で自分らしさをアピールできるものがないかを考えるのです。

部活やサークル、アルバイトやボランティア、ゼミの研究など、人それぞれ様々なことに力を注いできたことがあると思います。なぜそれを頑張ってやってこられたのか、きっかけやモチベーションも考えてみましょう。

例えば、「とにかくアルバイトばかりしていて、ただお金を稼ぐこと以外は特に何にも考えていなかった」という場合でも、アピールポイントになります。ひとつのアルバイトをずっと続けた人は、粘り強く1つのことに取り組むことができるという素晴らしい長所になるからです。このように、どんな活動からも良い面を抜き出すつもりで考えましょう。

自分がそうした活動の中で、何をどう頑張り、その中で何を感じたのかを伝えることは、あなたの人柄、ひいては「自分らしさ」を伝える格好のエピソードです。必ずしも「大会で優勝した」「キャプテンをやっていた」などの輝かしい経歴が必要なわけではありません。

そうした活動の中に隠れている自分らしさを発見し、それをどうやって就活の際に伝えるかを考えることこそが大切なのです。

 

そして同時に、そうした実績に自信を持ちましょう。サークル活動でもアルバイトでも、自信がないと「こんな経歴、アピールにならないのでは」と考えてしまいがちです。しかし、自分でそう考えだすと、実際に面接などでもうまく話せないなど、後ろ向きの伝え方になってしまいます。

前述したように輝かしい経歴でなくてもいいのです。自信を持って「これだけのことをしたし、こうした活動を通してこんなことを考えました!」と言い切る癖を付けましょう。その方が、面接官にも好印象を与えやすいでしょう。

また、そうしたサークル活動やアルバイトでも辛い経験はあったはずです。それを思い出し、「あれを乗り越えられたのだから、就活もなんとかなる!」と考えることも大切です。

 

「就活はなんとかなる!」と思えるよう身に付けたい習慣

就活の最中、特に自信を無くしている時や、自分らしさを見失っている時は、「ずっと就職できないのでは……」と考えがちです。しかし、そんな時でも「就活はなんとかなる!」というマインドを忘れないことが大切です。

そのためには、「視野を広く持つこと」「気分転換を忘れないこと」「他人の話を聞くこと」という3つの習慣を身に付けましょう。

自信を失っている時はとかく視野が狭くなりがちです。実際に応募するかどうかはさておき、違う業界や職種、地域を調べてみるなどすると新たな発見が見つかります。また、期間的な面でも、目の前の結果だけに気を取られず、「最終的に内定をとれれば御の字」と考えてみましょう。

気分転換も大切です。時には思いきり好きなことをして、ストレスを発散しましょう。楽しい時間を過ごすことで自分らしさを取り戻せるかもしれませんよ。

そして、行き詰まった時は友人や家族に話を聞いてもらいましょう。前述したようにあなたの長所を教えてもらうことも大切です。また、先輩などから「実際に就活はなんとかなったよ!」という話を聞くこともおすすめです。

そうした習慣は、就活にまつわる不安を軽減してくれます。不安が軽減されれば、自信を身に付けやすくなります。

 

自分の長所を素直に受け入れ、今までやってきた活動から、少しずつ自信を育てていきましょう。実際に、世の中のほとんどの人は働いていて、なんとかなっています。「就活はなんとかなる!」と思って、一歩ずつ進んでいきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS