就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

プログラミング言語から考えるキャリアプラン 
エンジニアになる!

プログラミング言語から考えるキャリアプラン 

LINE Facebook Twitter

人材需要の増加が予想されるITエンジニア業界。その代表されるシステムエンジニアやプログラマーに必要とされるスキルは専門知識からコミュニケーション能力と多岐に渡りますが、大前提として必要不可欠なのがプログラミングスキルです。

もしITエンジニアへの就職を考えているのであれば、自身がどのプログラミング言語を習得するのかにより、就職後のキャリアプランに大きな影響があります。今回はプログラミング言語の基本知識から分野別に用いられる言語、そして、世間で需要の高い言語をご紹介します。

そもそもプログラミング言語とは?

実は、コンピュータは普段私たちが用いる英語や日本語といった言語を理解することができず、機械語と呼ばれる数字の羅列によって動作します。しかし、人間がこの機械語を活用してシステムを制御することは至難の技。

そこでコンピュータへの動作方法や動作内容の指示を人間にとって扱いやすい表現にしたものがプログラミング言語です。

自分が開発したいシステムに適したプログラミング言語の選択を

プログラミング言語の習得を考える際には、自分がどのようなシステム開発を行いたいかを考える必要があります。プログラミング言語の種類は一つだけではなく、今なお増加の一途を辿り、数百以上の言語が存在しています。その理由は、開発されるシステムによって求められる要件が異なるからです。

例えば、ホームページを作る際にはビジュアルを考慮したシステム開発を行う必要があり、企業の業務システムでは処理速度が求められる場合があります。近年、台頭してきたAI(人工知能)技術を活用した開発を行う場合には、ロボット開発向けのプログラミング言語を活用する必要があり、Web系のアプリケーション開発を行いたい場合もまた、適したプログラミング言語が存在します。

ITエンジニアへの就職を考えた際には、自身がどのようなシステム開発に携わりたいのか、そして、就職希望の企業がどのような事業を行っているかを調べることも大切です。

分野別にプログラミング言語を見てみよう

数え切れないほど存在するプログラミング言語。しかし、システム開発の種類によって必要とされる代表的な言語は限られてきます。その一部をご紹介します。

・Webアプリケーション開発

スマートフォンやタブレットの台頭でインターネットがより身近なものとなり、それと比例するように求人増加に繋がっているのが、Webアプリケーション開発の技術者です。

Webアプリケーションは、Webブラウザを介して使用するアプリケーションで、ブログや電子掲示板、ネットバンキングやECサイトなどです。必要とされる代表的な言語は、PHP、CSS、Java、JavaScript、Ruby等が挙げられます。プログラミング言語の中でも比較的容易に習得は可能ですが、その反面で技術者が多い言語ともいえます。

・組み込み系、制御系開発

家電や電子機器、ロボット制御で用いられる開発です。身の回りに存在する電子機器は組み込み系のプログラミング言語によって制御されています。

IoT(Internet of Things)や製造ロボットが当たり前となった現代では、多様な場所で組み込み技術は必要とされています。代表的な言語は、C言語、C++です。C言語は他の言語と比較すると、様々なプラットフォームや環境下への移行が行いやすく、そのため多種多様な環境で必要とされる組み込みシステムはC言語系が多く活用されています。

・スマートフォン、タブレットアプリ開発

1人1台以上のスマートデバイスを所持する現代で、スマートフォンやタブレットアプリケーションの開発需要は今後も増加傾向です。

iPhoneとAndroidで必要とされるプログラミング言語が異なります。iPhoneアプリの場合は、Macによる開発が必要です。プログラミング言語は、Objective-C、Swiftが挙げられます。また、Androidの場合は、Javaによる開発を行います。

時代のニーズに合わせた言語選択も必要

IT業界は日々新しい技術が生み出され、プログラミング言語もまたその時代に応じたニーズがあります。自身が習得したいプログラミング言語に需要がなければ、ITエンジニアとして仕事を続けていくことは困難です。そこで、次に社会全体で見たプログラミング言語の需要をみていきましょう。

毎月、GoogleやMSN、Yahoo!などの有名な検索機能からプログラミング言語を検索した調査結果を発表しているTIOBE Softwareによると、2016年1月時点では、以下のランキング結果となっています。

1位「Java」2位「C」3位「C++」4位「C#」5位「Python」6位「PHP」7位「Visual Basic .NET」8位「JavaScript」9位「Assembly language」10位「Ruby」

Javaは稼働プラットフォームを選ぶことなく、様々な環境で稼働することができることから、現在の多種多様なITニーズにマッチした言語のため、人気が高い言語です。また、組み込み系やAndroid開発でも活用することができることから、習得後も特定のシステムだけではなく、他システムへの応用も可能です。C言語やC++、C#等は歴史が古く、企業システムでは根強く必要とされる言語です。汎用性も高く、各企業のプログラミング研修では選択されることが多い基本のプログラミング言語ですが、Web系システムやスマートフォン向けシステムでは、用いられることも少ないため注意が必要です。Pythonは、日本ではまだ馴染みがない言語ですが、GoogleやFacebookはこの言語で開発されています。Windowsをはじめ、LinuxやMacなどにも対応しているため、今後需要が高くなる言語といえるでしょう。

世界には数百以上のプログラミング言語が存在し、時代のニーズに合わせた新たな言語の開発は今後も行われていきます。自分がどのようなシステム開発を行いたいのかを明確にすることはもちろん、携わったシステム開発に対して、新たな言語がフィットすると考える場合は、その言語の習得も行うことも必要です。

今後、ITエンジニアとして就職を考える際には、ぜひ会社の福利厚生や立地だけではなく、プログラミング言語の観点からも考えてみることをお勧めします。

LINE Facebook Twitter

TOPICS