就活パレット 就活パレット

業界研究

就活に役立つ自分に合ったメーカーを見つけ出す方法 
業界研究

就活に役立つ自分に合ったメーカーを見つけ出す方法 

LINE Facebook Twitter

メーカーのエンジニアになりたい!でもどうやって?

漠然と「メーカーのエンジニアになりたい」と考えている就活生はたくさんいるでしょう。しかし、その中でどれくらいの人が、自分のスペックや希望にぴったりと合う志望企業を決められているのでしょうか。今回は、自分に合った企業を見つける方法について考えていきましょう。

自己分析で目指すエンジニア像をはっきりさせよう

エンジニアとは、「工学系の知識を持っていて、専門職として働く人材」全てを指します。メーカーの募集要項を見るだけでも、「システムエンジニア」「ネットワークエンジニア」「セールスエンジニア」「データベースエンジニア」「WEBエンジニア」「サービスエンジニア」……とさまざまな「エンジニア」の職種が登場することに気付くはずです。これら「エンジニア」の違い、わかっていますか?
例えば、システムエンジニアはSEともいい、IT系システムの要件定義や設計といった「上流工程」と呼ばれる作業に携わり、プロジェクトをまとめる役割を担っています。ネットワークエンジニアは、ITシステムの要であるネットワークの保守や運用管理を担当します。また、データベースの設計を行うのがデータベースエンジニアです。一方、セールスエンジニアは営業職と技術職の中間的存在で、営業スタッフとともに顧客のもとに同行し、技術の専門家として顧客側の技術スタッフと折衝します。
このように、「エンジニア」と一口に言っても、求められる役割が異なります。自分にぴったりの職種を見つけるには、目指すエンジニア像をはっきりさせなくてはいけません。
そのために重要となるのが自己分析です。
まず、自分の長所や短所はもちろん、好きなことや嫌いなこと、どんな人間になりたいかなど、自分について思い当たるあらゆることを書き出しましょう。短所ばかり探してしまいがちですが、できるだけポジティブに考えるのがコツです。こうして自分のやりたい仕事や働く目的、仕事に対する価値観をクリアにします。
深い部分まできちんと自己分析をして「自分がどんな人間か」がはっきりしていれば、面接の場で面接官から厳しい質問をされたとしても、自信を持って受け答えができるはずです。

企業研究・業界研究で志望企業を決めよう

職種を決めたら、次は具体的な志望企業を絞り込んでいきます。
「メーカー」という漠然とした希望があっても、ものづくりに関わる企業は全てメーカーです。洗濯機、冷蔵庫といった白物家電から、発電設備やITインフラまで手掛ける総合電機メーカー、自動車や輸送機器を製造する自動車メーカー。その自動車メーカーに部品を卸す部品メーカー、工作機械、産業機械、医療機器などを手掛けるのが機械メーカー、化学繊維の開発を手掛ける繊維メーカー、ディスプレイなどのガラス製品を製造するガラスメーカー、化粧品・トイレタリーを手掛ける日用品メーカー、新薬を開発する医薬品メーカー、ファッションアイテムを手掛けるアパレルメーカーなど、枚挙にいとまがありません。
メーカーの業界研究で大切なのは、「どういう製品にかかわっていきたいか」という点です。生活に密着した製品を作りたいなら、家電や乗用車を手掛けるメーカーがいいでしょう。ものづくりを通じて社会を支えたいなら、産業機械メーカーやBtoBに強い総合電機メーカー、鉄鋼メーカーなどがおすすめです。
それぞれの企業について事業領域や戦略を見ていくのが、業界研究や企業研究といった作業です。報道されているニュースに目を通すことはもちろん、投資家向けのIR(企業情報)などにも目を通しましょう。さらに、会社説明会などのイベントに足を運び、自分の学校のOBがその企業にいれば訪問して、会社のカラーを直接肌で感じることも大切です。

企業側に採用メリットを感じさせよう

こうした作業は、一見するととても遠回りに感じるかもしれません。メーカーは就活生に人気の就職先であり、内定を勝ち取るのは容易ではありません。一方、企業側もコストをかけてあなたを採用し、教育して一人前に育てていきます。仕事に対する熱意や適性がなく、伸びしろを感じられない相手を、採用したいと思うでしょうか。
きちんとした志望動機や自己PRをせず、「御社に就職したい」という熱意を感じられなければ、内定辞退や早期退職の可能性が高いと判断されて内定を勝ち取ることはできません。
自分にあった就職先を探すという目的だけでなく、企業側にあなたを採用するメリットを感じさせるためにも、自己分析や企業研究・業界研究といった作業はおろそかにすべきではありません。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS