就活パレット 就活パレット

選考対策

メーカーに就職するための面接攻略法 
選考対策

メーカーに就職するための面接攻略法 

LINE Facebook Twitter

理系でも文系でも大丈夫!メーカーに就職するための面接攻略法

 

面接突破にはまず頻出質問を攻略

「面接が苦手」という悩みは、文系・理系どちらの出身であっても抱きやすいものです。ただ、面接には「頻出質問」といって、多くの企業で尋ねられる質問があります。多くの企業が尋ねるということは、社員を採用するときにそれだけ重視されているということです。今回は、頻出質問の代表例と攻略ポイントを中心に、メーカーに就職するための面接のコツを考えます。

志望動機は必須!3つのポイントで考えよう

Ø  (例)弊社を志望した動機を教えてください。

志望動機を聞かない企業はまずありませんので、ここはきちんと固めておく必要があります。志望動機を考える時、文系・理系どちらであってもポイントとなるのは次の3つです。


1. 自分にとってやりたいことができるか

2. 社風が自分の価値観や行動特性とマッチしているか

3. 企業や業界から求められていることと自分の強みがマッチしているか

まず、「やりがい」について。「好きこそものの上手なれ」という言葉の通り、「好き」というモチベーションは成功のための第一歩です。企業側としても、嫌々仕事をして少し辛いことや苦しいことがあると挫けてしまうような社員は困りますので、その企業での仕事にやりがいを感じられるタイプかどうかを厳しくチェックしています。「希望していない部署へ異動を命じられた場合はどうしますか?」という質問も、このチェックポイントに関連した設問だと考えてよいでしょう。


一方、2つ目の「社風」について。仕事内容にやりがいを感じていても、仕事のスタイルが合わなければ長続きできません。例えば、あなたが成果を求められる環境でがつがつとがんばりたいタイプなら、ひたすらチームワークを重視して横並びで協調していく環境は物足りなく感じ、すぐに辞めたくなるかもしれません。特に、企業での仕事の多くはチームでの作業になります。既存の社員とうまくやっていけるかどうかも含めて、選考では社風に合うかどうかチェックしています。残業や福利厚生、転勤などに関する質問も、この延長で聞かれていると考えてよいでしょう。


3
つ目のポイントについて。新卒採用がポテンシャル重視で、実際の現場で育てていくといっても、成長の見込みがない・学ぶ意欲もないというようでは、コストをかけて採用し、教育する意味がありません。そのため、あなたを採用するメリットを感じさせ、「育て甲斐がありそうだ」と思わせなくてはいけません。そのためにはまず、企業や業界がどういった環境に置かれているか、どういった人材を求めているかをきちんと把握し、企業の求めに応じた志望動機を答える必要があります。

とくに、同業他社ではなくなぜその企業を志望しているのかを明確にできていないと、「この子は特にうちじゃなくても良いのではないか?」と思われ、内定辞退や早期退職の可能性が高いと判断されてしまいます。

日ごろから、新聞やテレビニュース、さらには志望企業のIR(株主向けの情報開示)などをチェックし、各企業・業界がどういった動きをしているのか探っていく必要があります。また、OBOGを訪問したり、会社説明会などにもきちんと足を運んだりなどして、入社後のイメージを固めましょう。
「自分のやりたいこと」×「企業の状況、今後求められると予想されること」という軸できちんと志望動機を述べることができれば、この質問はクリアできたも同然だといえます。

「強み」「弱み」で客観性を示そう

Ø  (例)「あなたの強み、弱みについて教えてください」

あなたの「強み、弱み(長所、短所)」に関する設問は、あなた自身が自分を客観視できているかどうかをチェックするとともに、企業にとってあなたを採用するメリットがあるのかどうかをチェックしています。この質問については、以下の2つのポイントから考えましょう。

1.その企業の仕事に貢献できる「強み」を示す

2. 弱みは強みの裏返し、具体的な改善計画を示す

1について。理系であれば、大学で学んだ知識や研究分野を通じて、エンジニアとして貢献していけるということを伝えます。

文系でエンジニアを目指すのであれば、現時点の専門知識は理系出身者に劣る一方で好奇心をもって新しい知識を吸収できるという点、学生時代のサークル活動やボランティア経験などを通じてチームワークを培ったというエピソード、語学力があれば海外で働きたいという点などをアピールしましょう。ただ、いろいろな強みを伝えると焦点がぼやけるので、これはというもの1つに絞るのがおすすめです。

弱みについては伝えるのが難しいものですが、強みの裏返しが弱みだと考えるのがポイントです。そのうえで、「いま取り組んでいること」「これから改善する上で考えていること」という改善計画を示しましょう。

理系でも文系でも大丈夫!メーカーに就職するための面接攻略法

 

面接突破にはまず頻出質問を攻略

「面接が苦手」という悩みは、文系・理系どちらの出身であっても抱きやすいものです。ただ、面接には「頻出質問」といって、多くの企業で尋ねられる質問があります。多くの企業が尋ねるということは、社員を採用するときにそれだけ重視されているということです。今回は、頻出質問の代表例と攻略ポイントを中心に、メーカーに就職するための面接のコツを考えます。

志望動機は必須!3つのポイントで考えよう

Ø  (例)弊社を志望した動機を教えてください。

志望動機を聞かない企業はまずありませんので、ここはきちんと固めておく必要があります。志望動機を考える時、文系・理系どちらであってもポイントとなるのは次の3つです。

 1. 自分にとってやりたいことができるか

 2. 社風が自分の価値観や行動特性とマッチしているか

 3. 企業や業界から求められていることと自分の強みがマッチしているか

まず、「やりがい」について。「好きこそものの上手なれ」という言葉の通り、「好き」というモチベーションは成功のための第一歩です。企業側としても、嫌々仕事をして少し辛いことや苦しいことがあると挫けてしまうような社員は困りますので、その企業での仕事にやりがいを感じられるタイプかどうかを厳しくチェックしています。「希望していない部署へ異動を命じられた場合はどうしますか?」という質問も、このチェックポイントに関連した設問だと考えてよいでしょう。
一方、2つ目の「社風」について。仕事内容にやりがいを感じていても、仕事のスタイルが合わなければ長続きできません。例えば、あなたが成果を求められる環境でがつがつとがんばりたいタイプなら、ひたすらチームワークを重視して横並びで協調していく環境は物足りなく感じ、すぐに辞めたくなるかもしれません。特に、企業での仕事の多くはチームでの作業になります。既存の社員とうまくやっていけるかどうかも含めて、選考では社風に合うかどうかチェックしています。残業や福利厚生、転勤などに関する質問も、この延長で聞かれていると考えてよいでしょう。
3
つ目のポイントについて。新卒採用がポテンシャル重視で、実際の現場で育てていくといっても、成長の見込みがない・学ぶ意欲もないというようでは、コストをかけて採用し、教育する意味がありません。そのため、あなたを採用するメリットを感じさせ、「育て甲斐がありそうだ」と思わせなくてはいけません。そのためにはまず、企業や業界がどういった環境に置かれているか、どういった人材を求めているかをきちんと把握し、企業の求めに応じた志望動機を答える必要があります。とくに、同業他社ではなくなぜその企業を志望しているのかを明確にできていないと、「この子は特にうちじゃなくても良いのではないか?」と思われ、内定辞退や早期退職の可能性が高いと判断されてしまいます。日ごろから、新聞やテレビニュース、さらには志望企業のIR(株主向けの情報開示)などをチェックし、各企業・業界がどういった動きをしているのか探っていく必要があります。また、OBOGを訪問したり、会社説明会などにもきちんと足を運んだりなどして、入社後のイメージを固めましょう。
「自分のやりたいこと」×「企業の状況、今後求められると予想されること」という軸できちんと志望動機を述べることができれば、この質問はクリアできたも同然だといえます。

「強み」「弱み」で客観性を示そう

Ø  (例)「あなたの強み、弱みについて教えてください」

あなたの「強み、弱み(長所、短所)」に関する設問は、あなた自身が自分を客観視できているかどうかをチェックするとともに、企業にとってあなたを採用するメリットがあるのかどうかをチェックしています。この質問については、以下の2つのポイントから考えましょう。

 1.その企業の仕事に貢献できる「強み」を示す

 2. 弱みは強みの裏返し、具体的な改善計画を示す

1について。理系であれば、大学で学んだ知識や研究分野を通じて、エンジニアとして貢献していけるということを伝えます。文系でエンジニアを目指すのであれば、現時点の専門知識は理系出身者に劣る一方で好奇心をもって新しい知識を吸収できるという点、学生時代のサークル活動やボランティア経験などを通じてチームワークを培ったというエピソード、語学力があれば海外で働きたいという点などをアピールしましょう。ただ、いろいろな強みを伝えると焦点がぼやけるので、これはというもの1つに絞るのがおすすめです。
弱みについては伝えるのが難しいものですが、強みの裏返しが弱みだと考えるのがポイントです。そのうえで、「いま取り組んでいること」「これから改善する上で考えていること」という改善計画を示しましょう。


LINE Facebook Twitter

TOPICS