就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

エンジニア志望就活生必見!電子材料にせまる!
エンジニアになる!

エンジニア志望就活生必見!電子材料にせまる!

LINE Facebook Twitter

エンジニア志望就活生必見!電子材料業界の展望と課題

エンジニア志望の就活生のみなさん、進む業界は決まっていますか?一口にエンジニアと言ってもさまざまな種類があり、エンジニアが活躍している業界は多岐にわたります。
エンジニアとはすなわち、「技術者」であり、製品やプログラムをクリエイトする現場には必ず存在する役割です。

電気製品の部品を製造する「電子材料」業界も、そんなエンジニアが活躍している業界のひとつ。
家電メーカーなどの陰に隠れ、あまり就活生に注目されない傾向がある電子材料業界ですが、実はとても大きな収益を上げている業界なのです。
今回はこの電子材料業界に焦点をしぼり、初歩的な知識や展望、課題についてお話ししたいと思います。

電子材料とは

業界全体の話に入る前に、そもそも電子材料とはなんなのかを簡単にご説明しましょう。
パソコンや携帯電話、テレビなどの電気製品には電子部品、半導体、基板といった材料で構成されています。
電子材料とはこうした材料の総称です。
我々は現代に生きる人間として、さまざまな電化製品の恩恵を受けて生活しています。

今や、一人一台のパソコンや携帯電話を所有している時代です。
わたしたちが使用しているほとんどのツールに電子材料が使われていると言っても過言ではありません。
直接ではないにしろ、わたしたちの生活を支えている、非常に重要な産業なのです。

家電メーカーなどに電子材料を供給しているのは化学産業であり、電子材料業界で働くということは電子材料を供給している化学産業で働くということになります。
当然ながらケミカルに関する深い知識と、エレクトロニクスへの興味が求められるでしょう。

化学産業との密接な関わり

上述したとおり、電子材料の主な供給元となるのは化学産業です。
化学産業が提供する製品は電子材料のように、消費者の手に届く最終製品を構成する材料になります。
化学的な液体や、粉末のようなものも化学産業が生み出す製品の例であり、電子材料業界は化学産業が担っている一分野にすぎないはずですが、実際は、両者の関係は切っても切れないほど強いつながりで結ばれています。

売り上げや営業利益といった電子材料による収益は、科学産業の利益全体の中心となっているのです。
こうした背景を受け、研究段階から顧客企業とタッグを組んでいる化学産業メーカーも少なくありません。
企業から開発費などの資金援助を受け、あたらしい技術開発のための設備投資につなげているのです。
研究・開発という化学産業メーカーのローテーションを行っていく上で、電子材料業界は必要不可欠なプロフィットを生み出し続けています。

 

「環境変化」、「構造変化」への対応力が求められている

このように化学産業が利益を保っていくうえで重要となる電子材料ですが、今後の課題がないわけではありません。
電化製品に必ずと言っていいほど使われている電子材料業界は、家電業界の動向による影響をモロに受けてしまうのです。
消費者のニーズは常に目まぐるしく変化しています。製品サイクルが短くなっていることも、昨今に見られる変化の一例です。
パソコンはそれなりのスペックを低価格で売り出すことが重要になり、薄型テレビの価格も急速に下落しています。
「電化製品は安いものを頻繁に買い替える」というトレンドが生まれ、各メーカーがこぞってそのトレンドに合わせた価格競争に乗り出しています。
当然ながら、電子材料の価格もその価格競争の影響を受け、製品価格の低下を強いられているのです。

メイン顧客であった国内電機メーカーの低迷も、電子材料業界が抱える課題のひとつ。
グローバルに顧客を獲得する対応力が求められていると言っていいでしょう。
こうした外部環境の変化だけではなく、「構造の変化」も起きています。
以前は材料の調達元を一本化していた顧客メーカーたちも、東日本大震災の影響により調達元を分散している傾向があり、このことも電子材料業界の収益が低下する要因となっているのです。
これまでもさまざまな変化に対応してきた電子材料業界ですが、これまでもさらなるスピードで変化していく環境や構造に追いつかなければならないのです。

まとめ

簡単な説明ではありますが、電子材料業界のイメージがなんとなくつかめたかと思います。
エンジニアと言うと、システムエンジニア、セキュリティエンジニアといったIT系を思い浮かべる方が多いと思いますが、電子材料業界も将来性のある業界です。
挑戦する業界を決めかねている就活生のみなさんは、電子材料業界も選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS