就活パレット 就活パレット

選考対策

OB訪問に行く時の服装マナー3ポイント  
選考対策

OB訪問に行く時の服装マナー3ポイント  

LINE Facebook Twitter

本命企業のOB訪問を控える就活生のみなさんは、日に日に期待と緊張が高まっているのではないでしょうか。相手に良い印象を持ってもらうためには、質問の準備はもちろん、服装にまで気を配って万全の体制で臨みたいところです。

しかし、学生がビジネスシーンにおける服装マナーを学べる機会は少なく、本人が気づかないところで相手に不快感を与えてしまうこともあります。では、OB訪問にはどのような服装が適しているのでしょうか。

ここでは、就活生がOB訪問に行くときに、好印象が得られる服装マナーについてお伝えします。

 

【服装マナー その1】基本の服装はスーツスタイル

OB訪問へ行くときの服装はスーツスタイルが適切です。相手から「私服で来てください」と言われない限りはスーツで行きましょう。ビジネスの場ではスーツが基本で、オフィス街にカジュアルな私服で向かうと、せっかくの訪問の間、居心地の悪さを感じてしまうでしょう。

また、訪問の前後に社内を案内してくれたり、他の社員を紹介してくれたりするケースもあります。そんなときもスーツであれば慌てる心配がありません。

それでは具体的にどのようなスーツスタイルがふさわしいのか見ていきましょう。スーツの色は黒、ダークグレー、濃紺などの落ち着いた色を選びます。スーツのサイズが合っていないとだらしなく見えるため、必ず試着をして体にフィットするものを用意しましょう。

シャツはしっかりとアイロンがけされた、白の襟付きシャツがベストです。スラックスやスカートもしわになっていないかチェックしておきます。ネクタイは無地かストライプで、青色やシックな赤色がおすすめです。靴下は黒のビジネス用ソックス、ストッキングは肌の色にあったベージュが好まれます。ベルト・鞄・靴はシンプルな黒で、鞄は自立するものにします。靴は当日までにきれいに磨いておきましょう。髪型は邪魔にならないようにすっきりとまとめて、できれば額を出すと明るい印象になります。

 

【服装マナー その2】私服で行く場合はオフィススタイルで

休日にOB訪問をしてもらえる場合には、私服やカジュアルな服装で来るように指定されることがあります。この場合は私服で行ってOKですが、どんな格好でもいいわけではありません。普段着のようなラフすぎる格好は避けて、オフィススタイルの服を選びます。

男性はジャケットに襟付きシャツ、ボトムスは落ち着いた色・デザインのものが良いでしょう。女性はジャケットにシンプルなカットソーやブラウスに、膝丈スカートが無難です。一度雑誌などでオフィススタイルをチェックしてみるとイメージしやすくなります。

一方で、ファッション業界や広告業界、マスコミ業界などクリエイティブな業種の場合、私服のセンスをチェックされているかもしれません。困ったときは、ホームページの採用ページを見てみましょう。社内の写真を見て、その企業の雰囲気に合わせるとうまく馴染みます。

また、私服で行くときの注意点として、スーツに比べて気がゆるみやすくなることがあります。そこで忘れがちな点が細かな身だしなみです。寝癖がついていないか、服にシミがないか、髭の剃り残しはないか、ネイルが派手すぎないかなどを必ずチェックしましょう。当日もリラックスしすぎて、社員に横柄な態度や失礼な振る舞いをしないよう、気を引き締めて向かってください。

 

【服装マナー その3】意外に見落としがち?マナー違反の服装

ビジネスシーンの服装マナーは、学生とは全く異なります。知らず知らずのうちに「常識がないな」と思われてしまうケースもありますから、事前にNGな例もチェックしておきましょう。

まずマナー違反のファッションの代表例として、派手な色・柄があります。就活生の場合、スーツは落ち着いた色味が好ましく、明るいグレーや紺色は避けた方が無難です。私服の場合もビビッドすぎる色物や、柄が目立ちすぎるデザインは着ないようにしましょう。ビジネスの場では自分の好みよりも、「その場にふさわしい服装かどうか」が重要視されます。

次にNGな服装例としては、Tシャツ、ハーフパンツ、デニム地、スニーカー、サンダル、帽子、リュックなどがあります。当然、サークルのジャージやウインドブレーカーもNGです。ネックレスや指輪などのアクセサリー類は外した方がいいですが、どうしてもつけたい場合は小ぶりなデザインのものにしましょう。高級ブランドのロゴが目立つ装飾品や、時計なども就活生には適しません。

また、夏の暑い時期にOB訪問に行くとき、「今はクールビズが主流だから」とノーネクタイで行くと危険です。クールビズの考え方は企業ごとに異なり、人によっては失礼と受け取られることもあります。初対面の相手と会う場合は一般的なスーツスタイルで訪問して、相手の了承を得てからジャケットを脱ぎましょう。

 

OB訪問の服装はスーツが基本です。迷ったときや、私服選びに自信がない人はスーツにしましょう。もし「私服でよかったのに」と言われたら、「午前中にセミナーの予定がありましたので」と答えれば問題ありません。私服で行く場合は、オフィススタイルを意識してスタイリングをします。相手が人事の人ではないからと気を抜かないように注意してください。

このように、訪問する先の業種や企業風土によって最適な服装は異なります。企業ホームページや会社説明会の様子を参考にしながら、清潔感のある服装で印象アップを目指しましょう

LINE Facebook Twitter

TOPICS