就活パレット 就活パレット

選考対策

大学生がOB訪問をする多くのメリットとは? 
選考対策

大学生がOB訪問をする多くのメリットとは? 

LINE Facebook Twitter

OB訪問とは就活で必ずしなければいけない必修科目ではありません。必要性を感じないと考えている学生も多いですが、実はOB訪問をしていると他の就活生よりも多くのメリットを得ることができます。

たとえば、OBが優秀な学生をピックアップして人事に紹介する制度を採っている企業もあるため、OB訪問をしている学生の内定率は他よりも高い傾向があります。忙しい時期に行うからこそ単なる情報収集だけで終わらせることなく、人脈作りや社会人としてのマナーを学ぶチャンスにつなげましょう。

 

【効果1】会社が求める能力や価値観を知ることができ、イメージのギャップが防げる

企業に関する情報は説明会やホームページからも得ることができます。しかし、それは誰でも知ることができる情報で、就活の場で他の学生と差別化することはできません。

OBから仕入れた情報は、その企業の生の情報です。社内でどんな仕事をするのか、その仕事にはどんな能力が必要で会社が求める人材はどんな人物かを知ることができます。どんな能力が必要なのか分かれば、選考の時に効果的な自己PRを考えることができるでしょう。

またOBがその企業を志望した理由や仕事のやりがいを聞くことで、どんな価値観を持って仕事にのぞんでいるかが分かります。その価値観が自分の仕事における価値観と合っているのかを知ることで、職場に適合することができるかを知ることもできます。

自分の働き方について具体的なイメージを持つことができれば就活を有利に進めることができ、その企業で働く良い面も悪い面も知ることができれば入社後のギャップも少なくなります。

 

【効果2】大企業はリクルーター制の採用が多い!熱意をアピールして内定に近づこう

東京大学社会科学研究所の調査によると、OB訪問を多くこなした学生は第一志望を含めた複数の内定をもらっている場合が多いことが分かっています。大企業や官公庁では今でも、OB訪問に来た学生から優秀な学生を選抜、採用しているリクルーター制をとっている会社が多いです。

リクルーター制の採用方法かどうかは学生からは分からないため、全ての会社はリクルーター制だという覚悟をもってOB訪問に臨みましょう。そのためには、OB訪問を通じて自分の熱意をアピールし、次のOB訪問への人脈を築き上げることが大切です。突っ込んだ質問をすることで積極的に自分を売り込み、自分がいかにその会社に入りたいかという熱意を伝えます。企業研究をしっかりすることで真剣な質問をすることができ、もっと知りたいという姿勢をアピールできれば次回のアポイントも取り付けることができます。

運が良ければ別の社員さんを紹介してもらう事もでき、人脈を広げることができます。より深く、その企業に対して理解することができれば、面接の志望動機もより強固なものになります。面接官に対しても具体的に自分のことを伝えることができ、他の学生よりも有利に入職することができるでしょう。

 

【効果3】対社会人へのマナーやルールが身に付く!自信を持って面接にのぞめるようになる

OB訪問とは社会人と会って話すことで、対社会人のマナーや会話術を身に付けることができる場でもあります。OB訪問のお願いをするメールは社会人に対するものなので、正しい敬語で必要事項を丁寧に伝えましょう。

たとえば初対面の先輩にはまず自己紹介をし、次にOBの連絡先をどこで知ったのか、そしてOB訪問させて頂きたいという目的を伝えます。相手の都合の良い日時を数案頂いて、アポイントを取る流れです。

服装の指定をされることはありませんが、必ず清潔感のあるリクルートスーツで臨みます。場合によっては社内を案内してもらえたり、他の社員さんを紹介して頂けたりすることもあります。チャンスを活かすためにも、スーツ着用は必須です。

また、OB訪問は基本的に学生がOBに質問する場のため、企業研究を十分に行って質問を考えておく必要があります。待ち合わせ場所に遅れないように、時刻表や道を調べておくことも忘れてはいけません。

これらの事は全て学生にとっては慣れないことですが、実は社会人にとって当たり前のマナーです。つまり何人何十人とOB訪問をこなすことで、対社会人の会話力やマナー、相手への気遣いを身に付けることができます。そうなると自信をもって面接に臨むことができ、内定に一歩近づくことができるでしょう。

面接が苦手な人は特に、OB訪問で志望動機や自己PRを聞いてもらうことで内容が洗練されてきます。自分の口から何度も話すことで次第に慣れ、自然とアピールできるようになります。

プレゼンテーションは社会人になってからも必要なスキルのため、就活で鍛えておいて損はありません。就活を通じて100人のOBを訪問するなど、具体的な数値で目標を掲げて実践してもいいでしょう。

OB訪問には以上のような効果がありますが、これらは1回のOB訪問で得ることはできません。何度も行うことで徐々に身に付けることができる能力です。社会人として必要なスキルを身につけた就活生は、他の就活生よりも抜き出た存在として人事の目に映ることでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS