就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

自動車メーカーでのエンジニア  次世代カーの開発に携わる!  
エンジニアになる!

自動車メーカーでのエンジニア  次世代カーの開発に携わる!  

LINE Facebook Twitter

エンジニアとしてキャリアを積むならぜひ挑戦したい!自動車メーカーの技術職

エンジニアとしてキャリアを積むならぜひ挑戦したい!自動車メーカーの技術職

自動車産業は、高度経済成長期以降の日本経済を支える花形産業として、長らく世界のトップを走ってきました。同じく日本のものづくりを支えてきた電機業界は、新興国メーカーの追い上げに遭い、近年家電分野でのシェアを落としていますが、自動車についてはいまだ他国の追随を許していません。

大手自動車メーカーは、世界に名だたる大企業ばかりなので、安定性も抜群。次世代カーの開発に携わるという仕事のスケールの大きさも伴って、エンジニアとしてスキルとキャリアを積むなら、ぜひ挑戦したい企業群です。しかし、同様のことを考えているライバルも多く、生半可な業界研究・企業研究では内定をつかみとれない難関企業でもあります。今回は、自動車分野の最新トピックを通じて、自動車メーカーでのエンジニアの仕事を見ていきましょう。

チームワークや新技術を吸収する柔軟性を重視

完成車メーカーは世界トップレベルの大企業ばかりなので、開発はチームで行います。多くのメーカーでは、入社後、先輩たちのチームに加わって設計、試作評価、量産プロセスなど製品開発の一連の流れを身につけていきます。自動車の開発エンジニアには、チームワークを大切にしながら、着実に設計と実験を繰り返し、ユーザーからの高い信頼に応えることができるという適性が求められます。

自動車は数多くのコンポーネンツ(部品)から構成されています。最近はITS(道路交通システム)や安全技術、省燃費技術など、自動車のテレマティクス化に伴い、部品の総数はますます増加しています。自動車を構成するユニットや部品の開発は、それぞれで求められる技術が大きく異なってきますので、こうしたスキル面は、入社後のOJTで身につけていくことになるでしょう。今は技術が足りなくても、教えられたことを素直に吸収していける柔軟さも、エンジニアに求められる性質のひとつです。志望動機として、新しい技術を習得したいという意欲をアピールするのもよいでしょう。

次世代カー開発の進展で電気・化学系学生にもチャンス到来

自動車分野では、昨今電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV・PHV)など次世代車の開発がさかんです。とくに日本メーカーは、世界に先駆けてエコカーの開発に注力してきました。また、米グーグルが開発中の自動運転車も、大きな注目を集めています。

そうしたトレンドの変化に伴い、必要とされるエンジニアの傾向も変化してきているようです。EVとHV・PHVに共通するのは、モーターとリチウムイオンなどの二次電池を搭載し、電気で制御していること。そのため、ガソリンエンジン車の時代には必要とされなかった、電気系、化学・材料系の知識をもつエンジニアが求められるようになっているのです。完成車メーカーでは、電気系エンジニアや材料系エンジニアはまだ数少なく、中途採用者を中心に採用を進めているものの、まだまだ人材が不足しているといわれています。こうして、機械系の学生だけでなく、電気や化学を専攻した学生にとっても、自動車メーカーに就職するチャンスが開かれるようになっています。

 

部品メーカーのエンジニアになって自動車業界を支える

自動車業界のエンジニアになるには、完成車メーカーのほかに、自動車部品メーカーのエンジニアになるという選択肢もあります。部品メーカーにはメーカーに直接納入する一次サプライヤー(ティア1:一次請け)のほかに、ティア1に部品を提供するティア2(二次請け)というように、ランクがあります。ランクによって携わる業務内容が変わってくるので、エンジニアとしてのスキルも異なってきますが、EVとHV・PHVなどの次世代カーの開発やテレマティクス化といった大きな傾向は、部品メーカーにとっても同様です。

ガソリンエンジン車の時代のように、サプライヤー(仕入先)もメカトロニクス系メーカーだけではなく、電気、化学・材料系のメーカーも完成車メーカーのサプライヤーとして取引するようになっているのも、昨今の傾向です。各完成車メーカーが海外生産に軸足を動かすのに従って、各社に部品を供給する部品メーカーも海外志向を強めています。日本企業ではまだグローバルに活躍できる人材は限られているので、もしそういった意思があれば、選考の場でぜひアピールしましょう。

業界規模60兆円!志望企業の事業内容・立ち位置に沿った説得力のある志望動機を作ろう

日本の完成車メーカーは乗用車・商用車を含めて10社あり、部品メーカーなどの業界全体を合わせると、業界規模が60兆3,720億円(2013-14年時点)という巨大産業です。乗用車と商用車メーカーという違いによっても、エンジニアとして求められるスキルは異なってくるでしょう。

次世代車の設計に携わりたいというだけでなく、その企業の業界での立ち位置や事業内容をきちんと把握しておかないと、説得力のあるアピールにはならないでしょう。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS