就活パレット 就活パレット

業界研究

高学歴の人にありがちな就活失敗パターン 
業界研究

高学歴の人にありがちな就活失敗パターン 

LINE Facebook Twitter

高学歴なのに就活がうまくいかないその理由

「学歴が全てではない」という見方もありますが、社会の中では学歴であなたの実力を測られる場面も多々あります。就活もその一つで、「学歴フィルター」なんて言葉もありますね。しかし、逆に高学歴だからといって、すべての人が希望企業から内定をもらっているわけではないようです。

高学歴を得るため、これまで並々ならぬ努力を重ねてきたことは間違いありません。それでいて就活がうまくいかないと、一気に自信を失ってしまうケースも少なくないようです。
ここでは、高学歴なのに就活がうまくいかないという人に向けて、その理由を探っていきましょう。

自ら足を運んで情報収集しよう

就職活動に失敗する主な原因に「情報収集を積極的にしない」「自分を省みない」という2点があります。どちらかが欠けているから内定をもらえないというよりも、両者はお互いに影響しあっていて、前者だから後者になることもあれば、後者だから前者のような行動をとっているということがあります。

まず情報収集について。就活における情報収集の基本として、例えば「会社説明会」「会社見学」などがありますね。たしかに、こうした場では企業もよい面しか見せず、実際の就労環境と話していることが異なることも多いにありえます。だからといって、「採用側はいいところしか言わない」「ネットで情報収集すればそれで充分」と判断して、イベントにまったく足を運ばないというのは考えものです。

説明会よりもっとリアルな仕事の体験談を聞きたいというなら、OB・OG訪問という手もあります。「OB・OGに頼んで話を聞かせていただいた」「説明会で登壇した社員の話に感銘を受けた」「インターンに参加してこう思った」ということを面接の場でアピールするだけで、志望動機や自己PRにぐっと説得力が増しますし、自ら足を運んで情報収集しているということは志望度の高さをアピールすることにもつながります。業界本やアニュアルレポート、新聞記事だけ読んでわかったつもりになるのは危険です。

また、インターネットで企業の評判や口コミを調べるのも良いですが、過度に信じすぎないことも大切です。ああした場には、会社に恨みをもって辞めた人や、興味本位でわざとおおげさに書きたてる人もいます。マイナスの情報ばかりに触れて思い込みで判断するのは、自分の思考を狭めるだけの危険な行為です。

とくに新卒採用は、これから企業に入っていろいろな経験をして伸びていく人材を求めるという側面が強いので、思い込みが強い人は、チームでの開発が多いメーカーだととくに、「研修やチーム作業をやっていけないのでは」「伸びしろがなさそう」という判断を下される危険性は多いにあります。

「質問力」でコミュニケーション能力が見られている

次に、「自分を省みない」という点について。学歴が通用するのは、エントリーシートや書類選考の段階までと心得ましょう。そこから先の選考は、学歴というフィルターを外されたあなた自身が見極められているのです。

高学歴で就活に失敗する人のパターンの一つに、「ピントのずれた質問をする」というものがあります。自分の優秀さをアピールしたいばかりに、企業が聞かれたくない、あるいはなぜ聞くのか意図が理解できないことを質問するといった行為は、学歴があってもあなたのコミュニケーション能力が劣っていることを示しているので、絶対にやめましょう。質問は、「必要な情報を得るため」であって、「こんな業界知識に精通している俺すごい」を見せる場ではありません。

とくに、「自分は業界知識に精通している」と思っていても、学生の生半可な知識で掘り下げられる物事なんてたかが知れています。既にマスメディアで報道されていたり、ネットでの噂レベルだったりと、半端な知識をひけらかすことで逆に失笑を買う可能性は大いにあります。

また、企業にとって聞かれたくない質問というのは、働く場所を決定する上で重要な情報であることは大いにありえますが、それを説明会や面接という「公の場」で聞いてよいかどうかはまた別の話です。どうしても気になるようであれば、OB・OG訪問で個人的に聞くレベルにとどめておきましょう。

就活がうまくいかないときは自分を省みよう

就活がうまくいかない場合、「運が悪かった」「面接官の見る目がない」と決めつけてはいませんか。たしかに1社だけなら相性の問題ということもありますが、何社、何十社と不合格が続く場合、あなた自身の態度や考え方、企業選びなどに課題がある可能性が考えられます。自分を省みず相手を見下し、「高学歴だから」と慢心の気持ちで就活すると失敗しますので、大いに気をつけましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS