就活パレット 就活パレット

インターンシップ

家電業界への志望動機!!「シェア状況」と「情熱」 
インターンシップ

家電業界への志望動機!!「シェア状況」と「情熱」 

LINE Facebook Twitter

日本の高い技術力の象徴とも言える家電業界。海外メーカーの台頭により厳しい戦いを強いられている日本の家電業界ですが、今でも理系出身就活生にとっては憧れの業界です。
そんな家電業界でエンジニアとしての一歩を踏み出すためには、どんな志望動機が効果的なのでしょうか?

もちろん答えはひとつではありませんが、ここではこの問い対するひとつの答えとして、「家電のシェア状況をからめること」を提案したいと思います。

企業を知ることはその企業のシェアを知ること

理系出身でエンジニア志望の就活生であれば、誰もが大手家電メーカーからの採用を勝ち取ろうと躍起になっているはずです。
当然ながら志望動機づくりにおいては、そうした企業が何を作っているのかを調べることになります。
その企業が行っているモノづくりに携わりたいというのが志望動機の主軸となるでしょう。

このときに気を付けてほしいのが、その企業の製品シェア状況を調べるということ。
例えば冷蔵庫づくりに貢献したいと考えたとき、国内冷蔵庫のシェア率が低い企業に冷蔵庫づくりへの興味をアピールしたとしても採用担当としては「?」となってしまうはずです。
志望動機とは「なぜ他社ではなく御社なのか」を簡潔に述べることです。
自分が貢献したい分野と企業のシェアが一致していないと、志望動機として矛盾してしまうことになります。

シェアは常に変わり続ける

家電大手の製品として代表的なものが『冷蔵庫』、『洗濯機』、『電子レンジ』といった白物家電です。
また、パソコンやスマートフォンも今や一人一台は持っているほど身近な存在になりました。
これら、いわゆる家電は日進月歩で新しい製品がリリースされ続けています。

当然、エンジニア志望就活生は新しい電化製品に対して強い興味があるはずです。
スマートフォンの新機種が発売されれば、すぐに買ってしまうという人もいるでしょう。
しかし、そうした就活生でも、さすがにシェアの動向については無頓着な傾向があります。
家電のシェアは止まることなく変わり続けています。海外メーカーも競争相手となり、その変動はより急激で落ち着きのないものとなりました。
高性能であることが、必ずしも高いシェアにつながるとは限りません。
国内外のメーカーによる、熾烈な価格競争が行われているのが近年の家電業界です。
就活生はエレクトロニクスへの興味や理系の専門知識だけではなく、こうした目まぐるしく変化している家電のシェアにも常のアンテナを張り巡らせる必要があるのです。
ある家電においてシェアを伸ばしているメーカーがあれば、特に注目しておきましょう。
性能だけではなく、売り上げの伸び、国内外での占有率などは志望動機づくりにおいて重要なファクターとなります。

「家電を通してどんな貢献をしたいのか」を伝える

企業の製品情報、シェア状況は志望動機に説得力を持たせる上ではとても重要です。
しかし、これらは効果的な志望動機の必要条件であり、十分条件ではないのです。
志望動機に必要な最後の一ピース。それは、「就活生が家電を通して顧客に貢献したいこと」です。

企業はアナリストを求めているわけではありません。
モノづくりの現場において力になってくれる人材を探しているのです。
最終的には顧客に貢献していくための熱意が求められていると言えます。
そのためには、一家電ユーザーとしての目線を失わないことも重要でしょう。
ユーザーとして感じる不便さや、抱いている希望は企業に貢献していくための材料となります。

また、顧客となるのは一般ユーザーだけではないことも覚えておいてください。
いわゆる、B to B、企業から企業へのビジネスも展開していくことを考えれば、考えられる貢献の幅は広がるはずです。

一部企業を除いて苦境に立たされている国内家電業界。
しかし、逆に言えばイノベーションを起こしていく余地がたくさんあるということです。
そして企業側が求めているのは、熱い貢献意識を持った若い人材です。
企業研究で得た知識だけではなく、志望の原動力となった熱い気持ちは思う存分ぶつけましょう。

まとめ

常に変わり続ける家電業界のシェア。製品の開発に実際の関わっていくのであれば、就活生の段階で注目しておいて損はありません。
志望動機に具体性を持たせるためにも、面接官との会話で一味違う印象を与える意味でも企業研究ではその企業の製品シェアについてもしっかりおさえておきましょう。
そして、最後に必要となるのが貢献したいという想いです。知識だけでも、気持ちだけでも十分足り得ないのが志望動機。
この2点を意識して、面接官をうならせる志望動機を作ってみてください。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS