就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就職活動とアルバイトの両立!メリットはたくさんあります 
就活の悩み

就職活動とアルバイトの両立!メリットはたくさんあります 

LINE Facebook Twitter

就職活動には、どうしても多額の費用がかかります。問題はその費用をどのようにして捻出するかですが、多くの就活生は親に出してもらっているようです。

しかし、さまざまな事情から親の援助が期待できないケースもあり得ます。その場合、大変でもアルバイトや日々の節約で費用を捻出するしかありません。その結果、アルバイトが忙しく、就活がなかなか進まないという方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、就職活動とアルバイトの両立は、必ずしも悪いことばかりではありません。むしろ、面接試験においては有利に働くこともあります。ここではその理由や方法についてご説明いたします。

 

就職活動とアルバイトの両立は就職活動に有利?その理由

就職活動中でもアルバイトを続けることは、さまざまな社会経験ができると言う点で有利になります。とりわけ就職活動中においては以下のようなメリットがあります。

・社会を学べる

就職活動中のみならず、就職後も役立つメリットとして、身近で働く社会人の姿を観察し、仕事に対する姿勢や意識を学ぶことできるという点があります。学生の身分では社会人と直接関われる時間は限られてくるので、貴重な経験です。

さらには、社会人と活発にコミュニケーションを取った経験が、面接においての緊張緩和につながる可能性もあります。

・リフレッシュにもなる

就職活動が長引くと、気分が滅入ってしまうことがあります。気分転換に友人と遊ぶにしても、その友人が内定をもらっているようだと、自分の境遇と比べてしまい気が晴れないことも。そんなときに、アルバイトは良い気分転換になることもあります。

また、労働をし、必要とされていると感じることで自信を取り戻すことにつながる場合もあります。

・親への負担の軽減

親に就職費用を出してもらっていると、長引く就職活動がじわじわと重圧になってのしかかってくることもあります。しかし、アルバイトで費用を自分で稼いでいれば、この手の重圧を感じることなく就職活動に集中できます。

 

就職活動とアルバイトの両立をアピールしよう!

就職活動とアルバイトの両立には、採用試験でアピール可能な要素がいくつかあります。その一部をご紹介いたします。

・自立心をアピールできる

多くの学生が、親の援助のもとで就職活動を行っているからこそ、できるアピールです。親に頼らず、就職に関わる費用の全てを捻出した事実は、面接官に対し強い自立心を印象付けることができます。

・責任感の強さをアピールできる

就職活動を控えてアルバイトを辞めてしまうと、面接官によっては責任感の無さを指摘するような質問を投げかけてくることもあります。就職活動とアルバイトの両立は、こう言った意地悪な質問を回避できるだけではなく、仕事に対する責任感の強さをアピールできます。

・スケジュール管理能力の高さをアピールできる

毎日のように説明会や選考試験が続き、合間には大学の講義にも出席しなければなりません。そんな就職活動中のスケジュールには余裕がないのが常です。その中にも、アルバイトを組み込めるのは、スケジュール管理能力の高さの証明でもあります。

アルバイトの時間を早朝や平日の夕方にずらすなどの工夫についても説明できれば、より強くスケジュール管理能力の高さをアピールできます。

就職活動とアルバイトとの両立が辛いときは、アルバイトを変えてみては?

就職活動を続けるためにもアルバイトは必要だけど、就職活動とアルバイトを両立させるのはかなり大変ですよね。そういった場合は思い切ってアルバイトを変えてみてはいかがでしょうか?おすすめのアルバイトをご紹介いたします。

・シフト制のアルバイト

シフト制のアルバイトの特徴は、何といってもシフト制ゆえに時間に融通が利くことです。急な予定変更や連絡が日常茶飯事の就活生にとっては非常にありがたいです。シフト制はコンビニやスーパー、フード関係のアルバイトにおいて多く採用されています。営業職や接客業に就職希望の方は、その経験をアピールすることもできます。

また、面接などの際に「就活中なので、スケジュール上そちらを優先させていただく場合があります」といったことを伝えておきましょう。忙しくても就活にしっかり理解を示してくれる職場を選ぶことが重要です。

・家庭教師や塾講師

短時間で高収入を得られるアルバイトの一つに家庭教師や塾講師があります。平日の夕方以降のアルバイトであることが多く、就職活動に大きな支障はありません。人に何かを教えた経験が、教育者やリーダーシップのアピールにつながることもあります。

就職活動とアルバイトとの両立は、たしかに大変です。しかし、その大変さこそが、就職活動においてはアピールポイントになることもまた事実です。アルバイトで学んだ社会経験やエピソードをしっかりと発言できるようにしておきましょう。

また、面接ではアルバイトを続けている理由についても聞かれる場合があります。それについても具体的な説明ができるとなお良いでしょう。

「両立できていることは、自分の大きな武器であり、自信になっている」と考え、就活に役立ててみてください!

LINE Facebook Twitter

TOPICS