就活パレット 就活パレット

選考対策

率的なOB訪問の企業選び3ステップ 
選考対策

率的なOB訪問の企業選び3ステップ 

LINE Facebook Twitter

就職活動が本格化してくるにつれて、OB訪問をしようと考える人が多くなります。しかし、いざ訪問先の企業を選ぼうとすると「どうやって企業を決めればいいかわからない」と悩んでしまうケースは少なくありません。

目的意識を持たずにやみくもにOB訪問を繰り返してしまうと、時間がもったいないですし、面接の前に息切れしてしまいます。では、どうすれば自分に合った企業を選んで、内定に結びつけることができるのでしょうか。

今回はOB訪問にスポットを当てて、効率的に企業を選ぶための3ステップをお伝えします。

 

【ステップ その1】OB訪問の目的を理解しよう

OB訪問の目的は、「業界・企業研究を深める」ことと「自分の働く姿を具体的にイメージする」ことの二点です。訪問する目的を意識して質問を考えたり、先輩の話を聞いたりするだけでも、今後の選考をぐっと有利に進めることができます。

まず一つ目の「業界・企業研究を深める」ことは、OB訪問における最大のメリットとも言えます。一定レベルの業界・企業研究は、会社説明会やインターネットでもできます。しかし、これだけでは聞こえのいい言葉や華やかなイメージに惑わされてしまう可能性が高く、十分に情報を得られたとは言えません。OB訪問で実際に働いている社員から話を聞くことで、説明会では聞けない実情を知ることができます。

また、企業研究の一環として、実際の選考に受かった社員に選考内容について尋ねることもできます。就職活動のアドバイスがほしい場合は、入社3年以内の社員の方に訪問すると良いでしょう。選考した年度が近い方が、エントリーシートの内容や面接のポイントについて詳しく教えてもらえるからです。

二つ目の目的である「自分の働く姿を具体的にイメージする」とは、社員から仕事の醍醐味や苦労を聞く中で、「自分に置き換えたらどうか?」を考えるヒントになるということです。面接においても、日々の業務内容まで理解した上で志望動機を話せる人は、説得力があると受け取られます。さらに、「誰よりもこの会社について調べてきた」という思いは自信となって、好印象を得ることができるでしょう。

 

【ステップ その2】企業情報・OB情報を調べよう

OB訪問の目的が理解できたら、実際に興味がある複数企業の情報を下調べしてみましょう。まれにOB訪問さえすれば、社員がリードして何でも教えてくれると勘違いしている就活生がいますが、これは大きな間違いです。最低限のマナーとして、OB訪問をする前にホームページや会社案内、IR情報など、公になっている基本情報は理解しておく必要があります。

「気になる企業が多すぎて選べない……」とお悩みの方は、企業の選考内容を詳しく見てみましょう。多くの企業は採用ページや、エントリーシートの質問内容などから「こんな素質を持った学生に来てほしい」とメッセージを発信しています。素質とは、学業・研究への熱心な取り組み、タフさ、アイディア力、英語力、リーダーシップなどです。まずはこの時点で、企業が求める人材像と自分の長所が合うか考えてみましょう。

次に、OB訪問する社員を探しますが、探し方には主に4つの方法があります。一般的に多い手段が「大学のキャリアセンターで名簿をチェックする」方法です。就職課にはOBの情報がすべてデータベース化されており、希望する年度の先輩を探しやすいでしょう。

OBが見つからない方は、「所属している研究室やサークルの先輩から探す」「教授や友人の知り合いを紹介してもらう」といった方法を試してみましょう。それでも見つからなければ、「説明会に参加した企業に連絡して紹介してもらう」方法もあります。初めて社会人にアポイントを取るときは、緊張してしまうかもしれません。しかし、さまざまな業種の人に、普段は聞けない話を聞かせてもらえることは就活生の特権です。勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

 

【ステップ その3】OB訪問の前後に!自己分析をして効率化

OB訪問の前後のタイミングで自己分析をしておくと、効率的に志望する企業を絞ることができます。自己分析とは一言で言えば「働き方の優先順位」です。自分が就職する上で重視する項目を書き出して順番をつけます。例えば、職種、業界、企業の知名度、安定性、スーツか私服かといった項目です。「いずれは海外で活躍したい」などの叶えたい将来像や、例えば場所など、働く上でここだけは譲れないという観点からも考えていくと良いでしょう。OB訪問に行く企業を選ぶときは、このような自己分析の結果を参考に選択していきます。

そして、実際にOB訪問の場で企業の実情を聞いてみると、自分が持っていたイメージに対して、必ずプラスやマイナスのギャップが出てきます。例えば「毎日残業ばかりとインターネットに書いてあったけど、定時で帰れる日もあるんだ」とか「自由な社風と聞いていたけど、社員同士の交流が少なそう」といった具合です。

話を聞いているうちに、自分の仕事観の優先順位は変動しながら、軸がしっかりとしていきます。この軸は、後々志望動機の作成や面接の場面で活きて来るはずです。また、入社前の企業イメージとのギャップが大きいほど、入社してからの負担は大きくなりますから、OB訪問の前後で自己分析を繰り返して、企業とのミスマッチを減らしておくことは重要です。

 

企業の印象と自己分析を照らし合わせてみよう

OB訪問は内定につながる有益な情報が、数多く得られる大切な場面です。効率的に自分が働きやすい企業を選ぶには、OB訪問の目的を理解して訪問に臨むことが重要です。

また、OB訪問で感じた企業の印象と、自己分析の結果を照らし合わせることが就活成功のコツでもあります。この機会にしっかりと企業と自分のマッチングを行うことできれば、入社後もやりがいを持って働き続けることができるでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS