就活パレット 就活パレット

選考対策

OB訪問でしてはいけない3つの質問例  
選考対策

OB訪問でしてはいけない3つの質問例  

LINE Facebook Twitter

悪印象?OB訪問でしてはいけない3つの質問例

 

OB訪問は、関心のある企業で働く社員の声が聞ける貴重なチャンスです。限られた時間を有意義なものにするには、「質問はその場の雰囲気で考えよう」といった甘い考えで臨んではいけません。忙しい社会人の方に時間を割いて頂いているという意識を持って、事前に入念な準備をしましょう。

企業によっては、OB訪問の内容を採用担当にフィードバックしている場合もあります。面接の前に悪い印象を持たれてしまわないよう、質問してはいけないNG例について知っておきましょう。

ここでは、OB訪問におけるNGな質問パターンを3つ紹介しながら、注意点についてお伝えします。

 

【NGな質問 その1】調べればわかる質問

OB訪問の場では、企業のホームページに載せてあるような単純な内容を質問してはいけません。経営理念や従業員数、年間休日数、採用実績などは、少し調べれば誰でもわかる情報です。このような質問をしてしまうと、熱意がないと受け取られ「本当にうちの会社を志望しているの?」「それくらい自分で調べてきて」と相手を呆れさせてしまいます。

ただし、ホームページに載っている内容を掘り下げて聞くような質問はOKです。例えば、「こちらの最新製品の開発について、どのような苦労がありましたか?」「昨年、こちらのサービスで業界シェア1位を獲得されたとのことですが、どのような営業活動をされているのですか?」といった質問です。

OB訪問に行く際には、最低限のマナーとして、その企業のホームページには目を通しておき、事業内容や製品概要、直近のニュースなどをチェックします。できれば会社案内や四季報、社長や社員のインタビューなども隈なく読んでおければベターです。その中で、会社で求められる人材像や、スキルが浮かび上がるような質問を考えましょう。

 

【NGな質問 その2】抽象的で答えにくい質問

抽象的すぎてNGな例としては、「どのような社風ですか?」「仕事にやりがいはありますか?」といった質問です。このようなぼんやりとした質問は、人によって感じ方が違うため、回答も具体的にならず、結果的に企業研究や自己分析にはあまり役に立ちません。

中には「あなたにとって仕事とはなんですか?」と雑誌のインタビューのような質問をしてしまうケースがありますが、質問の意図がわからず、不愉快に感じる方もいるため避けましょう。どうしても社風ややりがいについて聞きたい場合は、「勤務時間以外で、社内のメンバーと交流などはありますか?」「これまでお仕事をされてきて、一番大変だった経験を教えてください」など、社員が答えやすい質問の形にするようにしましょう。

OB訪問の最大のメリットは、実際に働いている方の経験に基づく、生の仕事の内容について聞くことができる点です。会社案内ではわからない、具体的な業務の流れを聞くことによって、実際に自分がその企業で働いている姿をイメージすることができます。このようなシミュレーションを通じて、自分が本当に興味があることか、熱意を持って働ける仕事かどうかを確かめることができるでしょう。

 

【NGな質問 その3】気遣いのない質問

「サービス残業は月何時間ですか?」「給与はいくらくらいですか?」「有給休暇は取りやすいですか?」といった答えにくい質問は、礼儀として避けるべきです。また、離職率や休日出勤などのネガティブな質問もあまりいい印象を与えません。当然ですが、「商品のリコールについて、対応が遅れていませんか?」「他社に比べてデザイン力が不足していませんか?」などの、企業を批判する質問や、敬意がなく相手の気分を害してしまう質問もNGです。

学生時代に同じ部活だった先輩など、知っている間柄の場合は、少し踏み込んだ質問でも答えてくれることもあります。しかし、OB訪問の場は社会人としての振る舞いを身につけられる貴重な機会でもあります。あまりにもマナー違反な質問をしたり、フランクすぎる態度で接したりしないようにしましょう。

また、OB訪問をしてくれている社員と違う職種について尋ねる際も注意が必要です。開発部の方に営業部の1日のスケジュールを詳しく聞いても、答えられないことが多いでしょう。「新人はどのような部署に配属されますか」「今年は何名を採用予定ですか」のような質問も、総務部でなければわからないことがほとんどです。OB訪問は就職活動の一部ですが、相手とのコミュニケーションであることを忘れずにいてください。一方的に聞きたいことをぶつけるのではなく、会話を進めていく中で、その方が答えてくれそうな内容かどうか考えながら質問しましょう。

 

マナーを守って臨む姿勢が大切

いかがでしたか。OB訪問では、常識的なマナーを守って、答えてくれる社員の立場を考慮した質問をすることが重要です。逆に言えば、それさえ守れば自由に質問ができますから、就職活動に活かせる有益な情報を数多く得ることができます。「緊張して質問する内容を忘れてしまいそう」と不安に思う方は、事前に質問リストをまとめたノートを持参していきましょう。

また、質問内容と同様に、訪問時の態度にも気をつけないと、相手に悪い印象を与えてしまいます。本人が気づかないところで失礼な振る舞いをしているケースもありますから、社会人としてのマナーをしっかりと勉強した上で臨みましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS