就活パレット 就活パレット

選考対策

解禁後の3月では遅い?OB訪問は早めがカギを握る! 
選考対策

解禁後の3月では遅い?OB訪問は早めがカギを握る! 

LINE Facebook Twitter

OB訪問は、選考の評価にも大きな影響を与える就活の成功へのカギを握る大事なプロセスです。バッチリ適した時期を選ぶことが、就活成功へとつながります。
OB訪問は自分のこれからの就活にも大いに役立ちます。就活で悩んでいる人、これから就活をしたいけど、どうしたらいいか分からないという人は、まずOB訪問から始めてください。
訪問時期は早ければ早いほど、良いとされています。社会の一線で活躍している企業でOBの働いている様子を把握するのは、これからの就活の指針になり、自分がどういった企業に働きたいかが明確になってきます。OB訪問の時期について考えてみましょう。

 

行ってみることが大切。時期は早めが良い

OB訪問は早ければ早いほど良いと言われています。就活が始まったらすぐにOB訪問先を探してみると良いでしょう。就活をしたいけど、行きたい業種が絞り込めない、行きたい企業が見つからない、就活を始める勇気がないなどといった人は、とにかく行ってみることが大切ですので、少しでも気になった企業を選んで始めてみてください。
業種によって、また企業によっては、多忙でOB訪問を受け入れてくれない時期があります。就活生に会う機会が増えるため、OBの方への印象づけなども不利になります。まずは、思い立ったら吉日です。OB訪問を受け入れてくれる企業を探して、とりあえず行ってみるということが大事です。

 

早く行くことが就活成功に結びつく理由は?

OB訪問は早めに行った方が良いという理由はやはり、これからの就活に大きな影響や刺激を与えてくれるからです。他の就活生がまだ活動を行っていない早い時期に行っても、全く問題はありません。むしろ、その方が時間や心の余裕ができて、就活の一歩前進となってライバルとの差をつけるチャンスにもなります。

OB訪問を早めに行うことによって、より数多くのOB企業の訪問ができるという大きなメリットもあります。その結果、企業の絞り込みもじっくり慎重にできて、選択肢も広がるのです。
早い人では3年生の秋にはOB訪問を始めるという人もいます。人気企業はそれより早くから行っている人もいます。訪問先の企業を選び始めるのは、遅くても3年生になってからすぐにでも始めたいものです。企業の研究やリサーチは早めにやっておくと、どの時期に訪問をしたらいいのかが把握できます。
そして、訪問先の企業はどのような人材を求めているのか、どのような仕事を行っていて、どういった職種があるのか、こうしたOBから聞く生の情報は貴重なものになります。OB訪問に行く前にゆっくり時間をかけて質問集を作ったり、自分がどういった情報を得るべきなのかを考えたりする時間も設けましょう。この準備する時間がとても大切です。

気づいたら、選考時期のギリギリ直前になっていて、結局有意義なOB訪問ができなかったということを避けるためにも、訪問先の企業選択は早めに行っておきましょう。

 

人気企業は3年生でも遅すぎる?

企業の面接選考は8月から本格的に始まります。よって、書類選考の応募は4月が最も集中する時期だと言われています。この時期にまでにはOB訪問は全て終わっているのが理想的です。

3月、4月はOB訪問の希望者が殺到して、アポイントメントが取りにくくなる場合も考えられます。こうしたことを見越して余裕を持ってOB訪問のスケジューリングをしましょう。
3月に決算や多忙な時期を迎える企業も少なくありません。よって、その前年の秋、冬にはOB訪問を始めるよう計画しておくと良いでしょう。

もちろん、早ければ早いほどいいので、2年生から始めてもいいのです。人気企業の場合は1年生から始めている人もいます。OB訪問の始める時期は早すぎるというのはありません。まだ行きたい企業が見つからないという人は、とりあえず訪問先の企業を探すということが大事です。
今や半数近くの就活生がOB訪問を行っています。選考の評価においてもOB訪問を早く行った人が有利となります。それだけ、相手への印象も強くなり、就活への熱意がアピールできるからです。

 

OB訪問は、社会の一線で働くOBがどのように企業に貢献しているのか、どういった仕事内容か、そして企業の雰囲気も分かり、企業のリアルな部分に直接触れることができる貴重な機会です。また、自分のモチベーションアップなど心境の変化といった面でも有意義です。目的を明確にし、早めに動き出しましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS