就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

新卒の「自動車メーカーに就職する」という情熱を志望動機にする  
エンジニアになる!

新卒の「自動車メーカーに就職する」という情熱を志望動機にする  

LINE Facebook Twitter

「自動車メーカーに就職する」という情熱を志望動機にする

日本の自動車産業は世界的に見てもブランド力が高く、総じて一流企業です。当然ながら誰でも入社できるわけではないので、就活生にとっては憧れの業種です。そんな自動車メーカーに送る志望動機。普通のことを書いてもなかなか通らないのは想像に難しくありませんよね。

新卒の場合はスキルや経験値にほとんど差はありません。では何で差を出すかというと、それはやはり情熱や伸びしろなどでしょう。できるだけうまく、自動車メーカーに就職し、社会に貢献していきたいということを志望動機として記載することで、自分の強みを相手に伝えることができます。

まずは企業の情報収集

最初に情報を集めましょう。下調べも何もない中で情熱だけ吐き出しても鼻で笑われてしまいます。まずは、できる限り情報収集を行います。志望動機を書く際のポイントになるのは、最終的には情熱ややる気、独自性、伸びしろですが、そもそも、応募する部署や企業自体を徹底的に調べ上げず、情報を取りこぼしてしまっていては、その情熱も空回りしてしまいます。

企業のホームページはもちろんのこと、会社訪問、説明会、OB訪問など、自分でできる限りのタッチポイントを使って、現場で働く人々の意見を徹底的に調査することが大事なのです。誰もが知っている部分は当然のことながら、深く調べないと、もしくは足を使ってコミュニケーションを図らないと知ることができない「会社のコアな部分」を知るということをまずはしっかり実施しましょう。

企業と自分のタッチポイントを見極める

人事採用担当の人が就職活動中に読む履歴書は数千に及ぶといわれており、中途半端ではなかなかアピールすることは難しいです。まずはしっかり「世界的に有名な日本の自動車メーカーに携わることの意義」、「自分のスキル、経験をどのように活かすか」ということをしっかりと書きましょう。

日本の自動車メーカーはそんなに多くありません。「トヨタ自動車」「ホンダ(四輪事業)」、「日産自動車」、「マツダ」、「スズキ(四輪車事業)」、「三菱自動車工業」程度ですので、その中でそれぞれの特徴や競争優位性などを調査の中で見抜いていきましょう。

順序的には、それに照らし合わせて「なぜ自分はそこの自動車メーカーを志望するのか」ということを改めて考えるわけです。そうすることで、自然と志望動機が固まってきます。

例えば「好き」をアピールする場合でも「車自体が好き」なのか「特定のメーカーが好き」なのか、はたまた「車の特定部分が好き」なのか、という分かれ目が見えてきます。また、自動車業界に貢献するにしても、例えば、「環境問題」や「エネルギー問題」、「安全性」など、具体的にどの部分に貢献すべきかが見えてきます。

また同時に、日本の自動車メーカーはここ数年、特にグローバルな動きを見せています。今後グローバル化がさらに進むことを考慮した人材選びを行っているはずなので、過去の経験からそういった視点で切り取れる素材があればぜひとも使いましょう。

時代に合わせたネタは盛り込むべき

志望動機を書くネタとして、ここ数年の志望理由であれば間違いなく入ってくるのが、「次世代自動車」についてです。これはおそらくどのメーカーを受けたとしても意見を聞かれるでしょう。次世代自動車とは簡単に言うと、エンジンとモーターを使い分ける「ハイブリット車(HV)」、外部充電を可能にした「プラグイン・ハイブリッド車(PHV)」、燃料を使わずに充電した電力によってモーターで走る「電気自動車(EV)」、また燃料電池を利用して走る「燃料電池車(FCV)」があります。ハイブリッド車ではトヨタのプリウスなどが有名ですよね。

今後、地球温暖化をはじめとした環境問題に直面する産業として認知されている自動車産業。志望する学生は、この観点からも自分の意見を伝えた方が得策でしょう。特に大学院でこういった部分を専門的に学んでいる人は強みを持っているといえます。その場合は、専門性を活かした志望動機を作りましょう。

こういったところと自分の情熱やのびしろ部分を提案することで、他とは違う自分だけの志望動機を作ることができていきます。

自動車メーカーに就職するためには、通常の優秀さや素直さ、人間性以上に、情熱や伸びしろを感じさせる工夫が必要です。膨大な数に上る候補者の中から自分だけが違う、と感じさせることはとても難しいですが、それができなければ、ほかの候補者と同様に扱われてしまいます。新卒だからこそ、スキルや経験ではない、自分だけの情熱の矛先を見つけてみてください。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS