就活パレット 就活パレット

業界研究

理系学生の進路、就職を考える  
業界研究

理系学生の進路、就職を考える  

LINE Facebook Twitter

理系学生の就職、どんな仕事が先輩たちに人気だったの?

理系学生には、就職活動を来年に控えた方、もうあと数ヵ月で就職活動が始まる方、すでに始まっている方など、さまざまでしょう。誰にとっても、人生初の就職活動。この記事では、先輩たちが学部生の時にどのような進路を選択したのか、どんな職種があるのか、どんな業界・企業が人気なのかについて紹介していきます。

理系学生の進路選択はどうなってるの?

理系学生たちは実際にどのような進路を選択しているのでしょうか。
「平成27年度基本調査」の「分野別卒業者の進路状況」(文部科学省)によると、
理学部の学生は43.3%が進学 44.1%が就職
工学部の学生は36.9%が進学 56.2%が就職
農学部の学生は24.2%が進学 64.3%が就職
※進学は大学院のこと。
となっています。文系と違って進学を選択する学生の割合が高いことが分かります。では、どういった理由で進学を選んでいるのでしょうか?全国大学生活協同組合連合会の調査によれば、大学院(修士課程)に進学した理由として「興味を深めたかった」「専門知識を身につけたかった」「就職に有利」との回答があります。
ちなみに、大学院卒業後に考えている就職先は、一般企業が80.3%、公務員が5.7%、研究機関関連が4.9%と回答しており、一般企業への就職が8割を占めています。

進学理由にあるように「大学院へ進学した方が就職に有利」というイメージを持つ、理系学生もいるかもしれません。しかし、就職の道を選んだ場合、それだけ早く実務経験を積み成長できるメリットがあります。また、大学院生の場合でも、企業から学部生よりも高い選考基準を設けられるため、一概に「就職に有利」とは言えません。「就職に有利」といった考え方よりも、自分の専門分野や将来の展望に合わせた進路選択をしていきましょう。

理系は、どんな仕事をしているの?

理系には、さまざまな専門職が存在しますが、その中でも特徴的なものをいくつかご紹介します。

・基礎研究

「基礎研究」は新分野の研究を開拓する仕事です。すぐに製品開発に携わるわけではありませんが、企業の未来を切り開く重要な研究を担います。ビジネスにおける先見性、予算管理、時代を読む力など、幅広い能力が求められます。

・応用研究・技術開発

基礎研究での結果を応用して、具体的な製品開発に結びつけるための仕事です。他社に先を越されないように、スピード感が求められるだけでなく、生産コストを落とす工夫も必要です。また、商品企画部、生産管理部、製造技術部などとも、部門を越えて連携していく力が大切です。

・機械・電子機器設計

その名の通り、機械や電子機器で重要な集積回路などの設計をします。私たちの身の回りにある電化製品に活用されるため、自分の仕事が人々の生活に貢献していることを身近に感じられます。何度も試作品を作るので、忍耐力や細部へのこだわりが必要です。

・品質・生産管理・メンテナンス

製品を安心、安全に消費者が利用できるように、製品の生産体制を整える仕事です。製品に不具合やトラブルがないか、生産工程を隅々までチェックして、細かな点まで目を行き届かせる必要があります。

・SE職

システムを構築するための設計書作りに係る仕事です。設計書通りのプログラミングから、プロジェクトリーダーとして全体を管理する立場へと変化していきます。顧客にプロジェクトの重要性や進捗度を伝える場面もあるため、プレゼン能力、折衝能力など幅広い能力が求められます。

・技術営業職

顧客が必要とする素材や原料、機械、設備を高い専門知識を駆使して提案営業する仕事です。顧客の事業展開を考慮して、より顧客のニーズを満たす技術的な提案をします。普通の営業と違って製品の企画にまで携われます。専門知識はもちろんのこと、営業としての提案力、交渉力が求められます。

どんな企業が人気なの?

理系学生にとって、どの職種を選択するかは重要な問題です。就職活動の際には志望業界や企業を絞って選考を進めていくことになります。理系で人気なのは、学んだ専門知識・技術力を発揮できるメーカー系の企業です。では、どういった企業が人気を集めているのでしょうか。
資料は、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしたもので、2017年卒業の学生を対象に調査を行っています。

1位 明治グループ(明治・Meiji Seikaファルマ)
2位 三菱重工業
3位 住友林業
4位 全日本航空(ANA)
5位 大和証券グループ
6位 東洋エンジニアリング
7位 千代田化工建設
8位 山崎製パン
9位 ロッテグループ
10位 味の素

食品、医薬品事業に関わる明治グループ、重機メーカー最大手の三菱重工業、建設建材や注文住宅を扱う住友林業が名を連ねています。その他、航空、証券、食品、建設などさまざまな業界がランクインしています。

いかがでしたか?進路選択の参考になったでしょうか?さまざまな職種や業界、企業が理系学生の就職の選択肢にあげられます。もちろん、進学することも魅力がありますが、今の自分を見つめなおして、どのような進路、職業が自分に適しているか、後悔のない選択をしていきましょう。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS