就活パレット 就活パレット

選考対策

OB訪問で有益な情報を引き出したい!質問例とNG 
選考対策

OB訪問で有益な情報を引き出したい!質問例とNG 

LINE Facebook Twitter

面接だけじゃない!OB訪問で心得ておきたい質問のマナーと、聞くべき内容とは?

就職活動の一環として一般的になってきた「OB訪問」。就活生にとっては就業への情熱を先輩社員にアピールできる場であると同時に、仕事に関する質問をする絶好のチャンスでもあります。しかし、気になることはなんでもかんでも質問していいかというと、当然そんなことはありません。OB訪問での質問の際はマナーを持って臨まなければ、有益な情報が得られないだけではなく、企業への印象を悪くしてしまうことさえあるのです。今回はOB訪問での質問に関する初歩的な知識と、聞いていい質問、避けるべき質問の具体的な例をご紹介します。

「OB訪問での質問」の意義

面接の終了間際、面接官は必ずと言っていいほど応募者に質問がないかを問いかけます。このとき「ありません」と応えるのは絶対NGと言われていますね。質問がないということは企業に興味がないことの現れであり、つまりは就業への意欲がないと判断されてしまうのです。OB訪問の質問タイムでも同じことが言えます。OBの方とはいえ、企業の看板を背負って就活生と対面しているのには違いがありません。あなたがOBの方に与えた印象は、企業の採用担当に伝わると考えてください。履歴書、メール、電話、面接など、就職活動において企業と接触するタイミングでは、もれなく評価されているという意識を持つ必要があります。これはOB訪問の質問タイムも例外ではありません。そのため、何か質問をすることは当然のことになります。その企業や仕事に関して気になっていることを質問するのはもちろん、質問の内容によってはあなたの印象を良くも悪くもするということに注意しましょう。

聞いてもいい質問例

いきなり「質問をしてください」と言われても、急には思いつかないかもしれません。そのため、質問はあらかじめ考えておくのが無難です。質問が思いつかない方や、OK質問とNG質問の境界線がイマイチわからず心配な方のために、代表的な質問の例を以下で紹介しましょう。

・入社時の志望動機はなんでしたか?

・学生時代はどんなことに取り組まれていましたか?

・個人として今後の目標はありますか?

・配属はどのように決まりますか?

・仕事をする上で必要となるスキルはなんですか?

・仕事をするうえでのやりがいは何ですか?

・御社に入社する前はどんな仕事をされてきましたか?

・就職活動時の軸はどのようなものでしたか?

・入社前と入社後で会社へのイメージはどのように変わりましたか?

他にもたくさんありますが、以上に記載したものは失礼になる要素はなく、有益な情報が得られることから、よく聞かれる質問です。注目すべきなのは「ある程度、個人的なことも聞ける」という点。先輩社員がどのようなスキルを持ち、どのような志望動機をもとに入社したのかを知ることで、就活はかなり有利になります。また、仕事に関するスキルを聞いておけば、入社前から具体的な努力ができるほか、「その企業のビジネスに対して前向きである」というアピールにもなります。就活時の軸を問う質問では、今後の就職活動に役立つ知識も得られるでしょう。また、入社後の企業イメージの変化を問う質問では、OBの方の本音を聞き出すのが狙いです。「本当にこの企業に入社していいのか?」ということを見定めるのが、OB訪問の重要な目標です。なごやかな空気づくりに自信があるなら、上下関係や仕事後の遊びについてなど、もうすこしフランクな質問も選択肢に入れていいかもしれません。就活生とOBという関係から人対人の関係に少しでも近づき、率直な回答を得ることは、OB訪問での就活生の腕の見せどころ、と言えます。

NG質問は聞き方を変える

OB訪問においてNGとされる質問についても紹介しましょう。まず原則として、資料でわかるような質問はNGです。採用実績、経営理念といったホームページでわかってしまう情報を、OB訪問でわざわざ聞く必要はありません。給与、福利厚生については気になるところですが、プライバシーの問題になってきますので避けた方が無難でしょう。インタビュアーのような漠然とした質問もNG。「自分にとって仕事とはなんだろう?」なんてことを普段から考えて仕事をしているわけではありませんし、相手にとっては意図がわかりません。そのため、先輩の仕事に対する情熱に関する質問も控えておいたほうがいいでしょう。ただ、NGとされる質問でも聞き方を変える事によってOKとなる場合があります。例えば、「残業はありますか?」と直接的に質問すると残業に消極的な印象を与えてしまいますが、「一日のルーティンはどのようなものですか?」と聞けば、間接的に残業の有無を知ることができます。OBの方も言える話と言えない話があるでしょうから、返答から想像を膨らませることも重要です。

まとめ

聞いていい質問、避けるべき質問を把握することが、いかに重要かお分かりいただけたでしょうか。聞けない質問ほど気になるのも事実ですが、そうした質問は聞き方を変えることで悪い印象を与えず聞けることも多いものです。こうしたマナーを意識して、可能な限り有益な情報をOBの方から引き出してください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS