就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

メーカーのエンジニア職、その仕事内容の違いとは  
エンジニアになる!

メーカーのエンジニア職、その仕事内容の違いとは  

LINE Facebook Twitter

○○エンジニアの違い、わかってる??

エンジニアとは、おおまかにいうと「工学系の知識を持っていて、専門職として働く人材」のことを指します。メーカーの募集要項を見ていると、「ネットワークエンジニア」「セールスエンジニア」「データベースエンジニア」「WEBエンジニア」「サービスエンジニア」……といろいろなエンジニアが登場しますよね。さらに、「プログラマー」と「ITエンジニア」はどう違うの? と迷うことも。この職種の違い、きちんと説明できますか? 就職活動中に自分のやりたい仕事に迷わないためにも、今の時点でハッキリさせちゃいましょう!

世の中にあふれるエンジニア職、その違いを解説

では、エンジニアの代表的な職種について、仕事内容をくわしく見ていきましょう。

まずは、求人などで一番目にすることが多いと思われる「システムエンジニア」について。システムエンジニアはSEとも言いますが、その名の通りさまざまなシステムを設計・製造・テストして作り上げるエンジニアのこと。企業でさまざまな業務を行うときに使われる基幹システムや、ATMなど銀行のネットワークシステムなど、世の中はさまざまな「システム」で回っています。
これらを作り上げるのが、システムエンジニアの仕事です。具体的な仕事内容としては、クライアントの求める情報システムを具体的な形にするため、要件などをまとめて設計書を作り、開発に携わるプログラマー等をまとめて、システムを完成させていきます。

プログラマーとシステムエンジニアの違いは、システムエンジニアがシステムの要件定義や設計といった「上流工程」と呼ばれる作業に携わるのに対し、プログラマーは設計された内容に基づくプログラミングをメイン業務としているという点です。
ただ、実際現場では、システムエンジニアがプログラミングを行うことも多くあります。

次に、「ネットワークエンジニア」について。ネットワークエンジニアは、ITシステムの要であるネットワークの保守や運用管理を担います。ネットワークがなければシステムは稼働しませんから、非常に重要度の高い役目です。ネットワークの専門家として、システムエンジニアとともに業務にあたることもあります。

では、「データベースエンジニア」はどうでしょう。データベースエンジニアも、非常に専門性の高い仕事です。システムで扱うデータは、データベースに格納されています。データをどんな形式で扱いどのように格納するのか、こうしたデータベースの設計を行うのがデータベースエンジニアです。さらに、データベースの運用や保守も担っています。

一方、「WEBエンジニア」は、先に挙げた3つのエンジニアの仕事内容とは少し異なります。WEBエンジニアは、インターネットブラウザや関連するアプリケーション、ネットワーク、セキュリティ対策など、WEBを使ったシステム開発を行うエンジニアです。WEBエンジニアの中でも、利用者が直接見聞きしたり直接操作するインターフェース部分の開発を担当するエンジニアは、「フロントエンドエンジニア」と呼ばれます。

家電や携帯電話、AV機器、自動車まで、最近はありとあらゆる機器の中にシステムが組み込まれていますね。こうした組み込みソフトと呼ばれるものの開発を手掛けるのが、「組み込みエンジニア」です。エンベデッドエンジニアとも呼ばれます。仕事内容はシステムエンジアと似ていますが、機器に組み込まれたコンピュータの設計や製造、構築に特化しています。

エンジニア志望だけど、営業職もしてみたい。お客さんとコミュニケーションをとりながら、さまざまな提案や販売活動をしていきたいという人におすすめなのが「セールスエンジニア」です。文字通り、営業職と技術職、両方の要素を持つ仕事で、営業スタッフとともに顧客のもとに同行し、顧客側の技術スタッフと折衝しながら、自社製品の導入を勧めていきます。導入時の顧客研修や、導入したあとのトラブルシューティングなども担当するケースが多いようです。

また、セールスエンジニアと近しい仕事として、機械分野や電気分野、環境、建設、不動産、ITなどの技術面で、顧客をサポートし、さまざまな助言や指導を行う「コンサルティングエンジニア」という職種もあります。

顧客企業でコンピュータ等のハードウェアの設置、保守を行う技術者のことは、「カスタマーエンジニア」と呼びます。

仕事内容の違いが分かれば、志望動機にも差がつく

ここまで、さまざまなエンジニア職について、仕事内容の違いを紹介しました。求められる役割が違うからこそ、さまざまな職種があるということが理解できたのではないでしょうか。エンジニア職を目指すからこそ、その違いについてはきっちり把握しておきたいもの。目指すエンジニア像がはっきりしていれば、志望動機や自己PRを考えるときにも、説得力のある内容にすることができるでしょう。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS