就活パレット 就活パレット

就活の悩み

第一志望の面接直前!お勧めのリラックス方法5選 
就活の悩み

第一志望の面接直前!お勧めのリラックス方法5選 

LINE Facebook Twitter

就活学生の多くは、志望する業界や企業に照準を絞って採用選考に応募します。なかでも、本命視している第一志望の企業だけは何としてでも内定をつかみたいと思うでしょう。ただ、その思いが強すぎるあまりに「もし落ちたらどうしよう」と考え出すと暗くなりますし、余計に緊張して硬くなる方もいますよね。

そこで、緊張する面接選考前にリラックスできる5つの方法をご紹介します。
手軽に実践できるものばかりですので、面接までの待ち時間にぜひ活用してみてください。

1.誰でも緊張して当たり前」と開き直る

面接の相手はいずれも社会経験豊富なビジネスマンです。学生時代は研究に没頭してきたため、社会人と話すことに慣れていない方もいるでしょう。
しかし、面接で対面する社員もまた、学生時代はみなさんと同じような不安を抱えて面接を待っていたのです。
つまり、人生の大一番で緊張しない人などいないということです。
むしろ、面接なんて緊張しないほうがおかしいと開き直って臨むと、良いパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

人は緊張状態にあると頭の中が真っ白になり、想定外の質問はもちろん、面接用に用意してきた答えも吹っ飛んでしまいやすくなります。焦っている時ほど「落ち着け」「自分は焦ってなどいない」などと言い聞かせがちですが、その自己暗示はさらなる焦りを生む原因にもなりえます。
そんな時は、心の中で「僕(私)は今、すごく焦っている」とつぶやき、焦っている自分をあえて肯定してみましょう。自分自身を客観視することで、パニック状態や情緒不安定といった現在の状態と向き合うことができ、生理的症状をコントロールできるきっかけを作れるかもしれません。

2.緊張は「完璧主義者」にありがちなこと?

面接で緊張しがちな方は、過去に面接や大勢の人前でしゃべった際に、うまく話せなかったことをトラウマとして抱えていませんか。
うまく話せなかった思い出は「恐怖」となり、再び同じ場に立とうとした時によみがえってくるものです。こうしたトラウマは、真面目な性格の方ほど深刻にとらえて抱えやすくなります。
また、力の抜きどころを知らない真面目さ故に、全てのことを全力かつ完璧にこなそうとします。この「完璧に物事を成し遂げなければならない」という思いが、余計な力みを生んで失敗に繋がる原因になることもあります。全てを完璧に物事をこなせる人間など、この世にはそう多くはいません。しゃべりが得意ではないという自身の弱さを認めつつ、少しくらいのミスは誰にでもあることだと発想を転換してみてはいかがでしょうか。

3.「緊張ブーム」「面接プレイ」などと名前をつけてみる

漫画家のみうらじゅんさんは、かつて「辛いこと・嫌なこと全てに“ブーム”か“プレイ”をつけてみる」という名言を残しています。
面接前の心境にこれらの言葉をつけると「緊張ブーム」「圧迫面接プレイ」などという言葉になるでしょう。
後ろにブームやプレイがつくだけで、不思議と辛くて嫌なことが楽しそうな響きに変化します。

面接前に胸の高鳴りが収まらない時には「今、緊張ブームが到来しているな」「最終面接プレイを楽しんでくるか」などと心の中でつぶやいてみると、クスッと笑えて固さがほぐれそうです。好きな有名人の前向きになれる名言を思い出し、力に変えてみるのもよいでしょう。

4.他の受験者に軽く話しかけてみる

面接前に緊張していたら「仲間」を見つけるのも一つの手です。
受験者控え室では、エントリーシートなどを見ながら志望動機や自己PRといった想定問答をおさらいしている人もいれば、順番が来るのをじっと待っている人もいます。なかには明らかに緊張でガチガチに硬くなっている人もいるでしょう。
自席の隣に前述のような緊張している人がいれば、さりげなく話しかけてみてはいかがでしょうか。
「どちらから来られましたか?面接は緊張しますよね」といった程度のあいさつで構いません。面接前に軽く会話や雑談を交わせば、ウォーミングアップになります。
また、互いに緊張していることがわかると、仲間ができたような安心感も生まれます。

ただし、緊張を紛らわそうと静まり返った控え室で騒ぐようにしゃべったり、集中している様子の人に話しかけたりするのは迷惑になりますし、振る舞いを見た係員が悪印象を抱く可能性もあります。そのため、場の空気を読みながら小声で話しかける程度にとどめておきましょう。

5.トイレの鏡で自分の顔をよく見る

自身の心境は表情によく表れますし、自分では気づきにくいものです。
不安を感じていたら、係員に申し出てトイレに立ち寄り、鏡で自分の顔を見つめてみましょう。自分が緊張していることを再確認した上で、固い表情をほぐすために口角を引き上げて笑顔を作ってみたり、時には変な顔をして自分を笑わせてみたりしてはいかがでしょうか。

また、控え室は空気がピリピリしがちなので、場を変えて気分をリセットする意味でも有効です。服装や髪型をチェックするとともに、最高の表情で面接に臨めるように「ブレイクゾーン」を上手に利用しましょう。また、このような時間を作るためにも余裕を持って会場入りしておくことも大切ですね。

LINE Facebook Twitter

TOPICS