就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活準備】OBOG訪問は内定獲得に欠かせない?ビジネスマナーをご紹介 
選考対策

【就活準備】OBOG訪問は内定獲得に欠かせない?ビジネスマナーをご紹介 

LINE Facebook Twitter

面接や選考ではなかなか聞くことのできない、会社や仕事の実際の様子を聞くことができるOB訪問やOG訪問。就活の情報収集をする非常に重要ですよね。しかし重要性が理解できていない人や、具体的にどうすれば良いのか分からない人もいるでしょう。

そこで今回は、なぜOBOG訪問が必要なのかを説明し、具体的なやり方やマナーについても解説します。

OBOG訪問はなぜ必要?

OBOG訪問で会社や仕事について知ることには、多くのメリットがあります。それらを知っていることで、履歴書作成や面接において有利になるのです。企業は応募者の志望動機を重視します。Web上の企業紹介から得た知識や企業に対する一般的なイメージだけしかない場合、他の応募者と同じような抽象的な志望動機しか書けないでしょう。しかし、OBOG訪問で働いている社員の声を聞いておけば、臨場感のある具体的な志望動機を書けるようになります。採用担当者は、応募者が企業でどういうことをしたいのか明確にイメージできるはずです。

また面接の自己PRにおいても、OBOG訪問の経験は役立ちます。相手が何を望んでいるのかを、知っているのと知らないのとでは大違いだからです。知らない場合は、「粘り強く頑張れます」など、当たり障りのない内容しかいえないことが多いでしょう。しかしOBOG訪問で、活躍している人材や重宝される能力について聞いておけば、自分が企業の求めている人物像に近いことをアピールできるようになります。

さらにOBOG訪問は、第一線で活躍中の社会人と話せるだけでもメリットがあります。今後面接に臨むにあたり、マナーやコミュニケーションに失礼な点がないかを見直す良い機会といえるでしょう。

OBやOGを探してアポイントメントを取ろう!

企業は採用活動を行うにあたって、あらかじめOBOG訪問の機会を設けている場合があります。しかし多くの場合は、自分でOBOGを探すところから始めなければなりません。探す方法はさまざまですが、一般的なのは所属する研究室やゼミの人脈を使うことです。歴史のある研究室やゼミの場合は、OBやOGは相当な数にのぼります。志望する企業にOBやOGがいる可能性も高いといえるでしょう。新しい研究室やゼミの場合は、OBやOGがまだ少ないので、別の方法を考えなければなりません。担当教授の知り合いに聞いてもらったり、大学の卒業名簿から探したりする手段があります。

また大学関係から探す以外にも方法はあります。志望する企業の人事部に、自分の大学のOBやOGが所属していないかを問い合わせるのも一つの手です。企業に迷惑をかけることを懸念する場合は、SNSを活用して探す方法なども検討してみてはいかがでしょうか。

OBやOGを見つけたら、アポイントメントを取りましょう。あくまでもお願いする立場なので、OBやOGの都合を最大限に考慮しなければなりません。短時間とはいえ拘束することになる電話より、いつでも読めるメールを使った方が良いでしょう。OBやOGと連絡を取ることに成功したら、具体的に訪問の日時や場所を決めることになります。

どうしても駄目な日程なだけを伝えて、後はOBやOGの希望に合わせるようにしましょう。またメールでやり取りしているなら、携帯電話の番号も伝えておいた方が良いです。OBOG訪問の当日、緊急事態が起きた場合に必要になるかもしれないからです。最後に自分のために時間を確保してくれることに対して、お礼を伝え忘れないようにしてください。

準備をして、いざOBOG訪問!

日時と場所が決まったら、OBOG訪問する準備をしましょう。学生ではなく、社会人として訪問するつもりで準備することが大切です。もちろん服装はスーツを選ぶのが鉄則です。髪型は清潔に整え、カバンや靴などもビジネスシーンで用いても不自然でないものを選びましょう。

メモ用に筆記用具やノートなどを持っていくのはもちろんですが、質問内容を書きこんだリストも持っていくと良いでしょう。その場で質問を考えていると、時間を浪費することになりますし、大事なことを聞き逃す可能性もあります。志望動機や自己PRの検討に役立つ情報を聞き出すつもりで考えると良いですね。質問を考える前に、企業のWebページで予習しておくことも大切です。Webページを見れば分かることを聞くことは無駄と言える者で、貴重なOBOG訪問の時間は、OBやOGからしか得られない情報を得るために使いましょう。

OBOG訪問当日のマナーを確認することも忘れてはいけません。特に大切なのは遅刻しないことです。当日迷わないように、Webや地図を使用して経路を確認しておきましょう。遅くても10分前には到着しておかなければなりません。冬であればコートを着ていく人が多いですが、ビジネスでは約束の場所に着く前に脱いでおくのが一般的です。OBOG訪問でも同様と考えましょう。また第一印象を悪くしないために、最初の挨拶をしっかり行う必要があります。OBやOGは忙しい中、自分のために時間を作ってくれたのです。自己紹介とともに、最初に感謝の言葉を述べるようにしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS