就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

システムエンジニアの就活を成功に結び付ける3つの軸をご紹介!   
エンジニアになる!

システムエンジニアの就活を成功に結び付ける3つの軸をご紹介!   

LINE Facebook Twitter

システムエンジニアの仕事はコンサルティング、企画、設計、製造、運用など非常に幅広いため、システムエンジニアという求人でも実際に求められるスキルや仕事の内容はかなり異なります。
そのため企業研究は必須で、企業選びには軸となる考え方が必要です。

この記事ではシステムエンジニアの就活や企業研究、企業選びに必要な、3つの軸をご紹介します。この軸を使って就活を成功に導きましょう。

 

企業選び・企業研究の軸①:あなたが目指すシステムエンジニア像

まず就活において大切なのは、「どんなシステムエンジニアを目指すのか」という将来の姿をできるだけ明確にしておくことです。

例えば、「ITコンサルタントのような情報資源を活用した経営アドバイスができるシステムエンジニアを目指す」、「プログラミングの知識を武器にしたアーキテクト担当のシステムエンジニアを目指す」、「システムのセキュリティに強いシステムエンジニアを目指す」などさまざまなエンジニアとしての姿が考えられます。

このような姿を考えることで、例えばITコンサルタントのようなシステムエンジニアを目指すのであれば、外資系コンサルティングファームを中心に企業研究をするなど、就活の方向性を定めることができます。

企業選び・企業研究の軸②:web系独立系・SIer・社内SE、どれを選ぶ?

システムエンジニアとしての働き方は企業によっていくつかに分類できますが、この分類を知っておくことは企業研究の上でとても重要です。その分類と詳細をご説明しましょう。

web系・独立サービス系企業

web系・独立サービス系企業では、webでビジネスを展開するために必要なシステムの設計製造をする仕事や自社が展開するサービス、製品作りのために働くシステムエンジニアとして働くことができます。
これらの企業の代表例はヤフーやDeNAといったwebをフル活用してあらゆる業態に進出する企業やサイボウズのような自社サービスを展開する企業、強みとする自社製品がある中小企業やベンチャー企業があります。
常に新しい技術や分野にチャレンジしているため、即戦力が求められる上、スキルアップを継続することは必須です。競争や求められるスキルが厳しい環境ではありますが、同時にやりがいや成長を感じられるでしょう。

SIer

次はSIerをご紹介します。SIerはハードウェアからソフトウェアまで含めて、システムをまるごと受注して作る会社です。企業の代表例は、日立、富士通、NTTデータなどいわゆる大企業や大企業グループ内の情報システムを担う子会社があります。
SIerの多くは大きなシステムを取り扱うため、自分の手でプログラムを組んでシステムを作ることよりも、システム設計や製造を担当する外注先のとりまとめや顧客との交渉折衝といった仕事、つまりプロジェクトマネジメントが重要視されがちな仕事です。よって手を動かしてモノ作りをするより、ステークホルダーと呼ばれる顧客や関係者との調整、プロジェクトの統括といった働き方に興味がある方に向いています。いわゆるモノ作りといったエンジニア的な働き方よりも、サラリーマン的な働き方に近い企業ともいえます。

社内SE

多くの企業は仕事の上でITシステムを利用しますが、自社システムの開発や運用、購入カスタマイズ、発注などを行うシステムエンジニアが社内SEです。多くは企業なの情報システム部門で、自社内のITに関するさまざまな仕事をしており、経営陣や営業などあらゆる部門の声をとりまとめてシステムに反映させるための施策を考える、自社のシステム運用を安定させるといった仕事が考えられます。
つまりシステムエンジニアの働き方としては、IT利活用の企画から運用までシステムのライフサイクルをすべて扱えることが魅力です。
これら3つの分類を使うことで、その企業に就職したあとシステムエンジニアとしてはどんな働き方ができるのかなどがわかります。ぜひ活用して下さい。

 

企業選び・企業研究の軸③:あなたは技術志向?マネジメント志向?

就活において企業研究を行う場合、その会社が技術志向・マネジメント志向のいずれに重きを置いているのか確認することも大切です。例えば、SIerのシステムエンジニアの場合は上に書いたとおり、仕事はサラリーマン的な働き方が多いため、マネジメント業務が大半を占めることも少なくありません。また、web系・独立サービス系企業では、最新の技術を貪欲に取り入れる、技術志向の仕事が大きなウェイトを占めることが多いです。技術志向の強い社員がほとんどの時間マネジメント業務に従事する、といったミスマッチを防ぐためにも、就活の際は会社の傾向もしっかり分析しましょう。

 

3つの軸を活用して有意義な就活を!

この記事ではシステムエンジニアの就活に必要な軸として「なりたいエンジニア像」「企業の分類」「技術志向かマネジメント志向か」の3つをご紹介しました。これらの観点から企業研究することで、システムエンジニアになりたい志望動機やなぜその企業で働けるのかといった自己PRなどにつなげることも可能です。ぜひ、3つの軸を活用して就活を有意義なものにしてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS