就活パレット 就活パレット

就活の悩み

新聞なんて読んだことない!オススメ!面接前に時事問題に強くなる方法  
就活の悩み

新聞なんて読んだことない!オススメ!面接前に時事問題に強くなる方法  

LINE Facebook Twitter

就職活動中の面接で頭を悩ませる質問の一つが最近の時事問題やニュースに関する話題ではないでしょうか。最近気になったニュースはあるかと言われても何をどう答えるのが正しいのかわからない人もいるでしょう。また、最近では新聞をとっていない家庭もたくさんあります。一人暮らし中の就活生であればなおさらでしょう。では、たとえ新聞を読まなくても時事問題に強くなるためにはどんな方法が有効なのでしょうか。それを考えるためにまず面接で時事問題が扱われる理由について取り上げましょう。

時事問題の質問がされる3つの理由とは?

就活中の面接で時事問題が質問されるのはなぜでしょうか。
一つの理由は社会人としての常識をチェックするためです。時事問題やニュースの中には仕事をしていくうえで知っておくべき情報がたくさん含まれています。どれほど学力が高くても一般的な常識や社会情勢の動きについて無知では仕事では通用しませんね。ですから、時事問題に通じているかどうかは、将来バランスの良い視野で仕事ができるかどうかの判断材料となるのです。
二つ目には就活生がどんなことに興味や関心を持っているかを探る目的があります。 最近どんなニュースに関心を抱いたかという質問への答えによって、人となりや仕事への熱意、適正等までチェックしています。
三つ目の点として、どれほど主体的に物事を考えることができる人を判断する材料となっています。 社会人になって仕事を始めると自分の意見やアイデアを求められる場面がぐっと増えます。最近の時事問題について自分の考えをしっかり持っている人であれば、仕事を始めた後も主体的に行動し考えることができるだろうと判断されます。時事問題が出題されるシーンではこのような様々な点が総合的にチェックされ合否に影響を及ぼしているのです。ですから、その場になればなんとかなると甘く考えずにしっかりと対策をしておくのがとても大切ですね。

新聞以外の方法で時事問題に詳しくなるには?

時事問題の対策といえば、やはり日ごろからニュースを読む努力が欠かせません。でも、新聞を読まないからといって諦める必要はありません。ニュースを確認する媒体は何でもかまわないのです。新聞がなければ雑誌やラジオ、テレビやインターネットなど、自分に合った媒体をチョイスしましょう。筆記試験の時事問題では相当マイナーなニュースが出題されることがありますが、面接で質問される時事問題はそうではありません。いわゆるビッグトピックがほとんどです。主要新聞の出しているネットニュースを読むだけでも十分対応できます。ネットニュースは種類が豊富なことといつでも読める手軽さが魅力的です。また、百聞は一見に如かずということわざのとおりテレビやインターネットの動画を通して情報を得る方法も効果的です。目で見る情報は聞いたり読んだりする情報より分かりやすく記憶にとどめやすいというメリットがあります。TVでも経済関連など仕事に役立ちそうなテーマを扱った番組がたくさんあります。こうした様々なメディアの中から自分のライフスタイルに合ったものを選んで情報を毎日取り入れるようにしましょう。

時事問題に詳しくなるだけでなく強くなるには?

時事問題に強くなるために毎日ニュースに触れて情報を得ることに加えて、より深くニュースを読むようにしましょう。あるニュースを見たら、この問題が起こった原因は何か、この出来事は社会にどんな影響を与えるだろうか、自分が当事者であればどう行動するだろうかと自問します。そうするといざ面接で時事問題が出たとき、ニュースを説明するだけでなく自分なりの考えをからめて答えることができます。そうすると、自分で考える癖がついているという好印象を面接官に与えられます。予測力や判断力、危機管理能力などをアピールする絶好の機会となります。こうした点を意識しながらニュースを見るよう心がけましょう。

千里の道も一歩から!まずは自分に出来るところからはじめよう!

今回考えてきたとおり、時事問題対策にはネットやテレビ、ラジオなど様々なメディアを通して最新の情報を入手しておかなければいけません。ただ、隅々まですべての時事ネタをチェックするのは無理がありますね。 まずは話題を絞って情報収集を始めましょう。世間議論されるような主要なニュースは必ずチェックする必要があります。また、面接で出される質問はその企業に関連するニュースネタや経済問題に関するトピックも多くあります。そうした分野に絞ってニュースを読み自分なりの考えをまとめてみるのはいかがでしょうか。また、情報を得る媒体も自分にあったものからスタートしましょう。就活中の移動時間やちょっとした空き時間を利用して少しずつでも情報を取り入れましょう。待ち時間にネットニュースを見たり、運転しながらラジオを聴いたり、お風呂の中でニュースの動画を見たりと、いろいろな方法で時事問題対策をすることができる時代です。自分の始めやすい方法を選んでさっそく情報収集に励んでいきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS