就活パレット 就活パレット

業界研究

ボーナス以外の魅力も考えてみる!自分にぴったりの就職先選び 
業界研究

ボーナス以外の魅力も考えてみる!自分にぴったりの就職先選び 

LINE Facebook Twitter

就職活動の企業研究で、気になる項目の上位に挙げられるのがボーナスではないでしょうか。会社概要をチェックして「ボーナス無し」と記載されていると、早々に就職先の候補から外してしまうことがあるかもしれません。しかし、ボーナスない会社はそれ以外に大きな魅力を持っている可能性があります。ここでは、企業研究の際のボーナスに対する考え方やチェックポイントなどをまとめます。

ボーナスに対する考え方について

年末や夏頃になると新聞やテレビでボーナスの支給に関する話題が増えてきて、ボーナスの支給額や支給月数が高い会社に目が向きがちな方が多いかもしれません。そもそもボーナスというのはどのような性質を持つものなのでしょう。ボーナスはラテン語で「良い」を意味する「bonus」に由来するとされています。日本では基本給と別の特別手当として支給され、就職情報誌では年間のボーナスが基本給○か月分と記載されることが多いようです。年間のボーナスを夏と年末に配分するのが一般的ですが、1年に1回支給する企業もあります。

国内での一般的なボーナスの位置づけは報奨金となっており、給与とは異なる性質を持っています。企業の就業規則や契約の際に提示される条件にもよりますが、賃金に位置付けられている給与は支給が保障されている一方、報奨金であるボーナスは企業の業績次第で支給されなくなる恐れもあるのです。

就職活動にあたっては基本給とともにボーナスの支給月数にも目が向きがちですが、ボーナスはあくまでこれまでの支給実績であって、今後も同様に支給され続けるとはいえません。そのため、企業の待遇を検討する際には契約形態や基本給も含めて慎重に検討する必要があるといえるでしょう。

 

 

ボーナスがない場合にチェックしたいポイント

ビジネスマンにとってボーナスは働きがいにつながる楽しみの一つといえるでしょう。月々の給与の範囲内で生活費をやりくりして、ボーナスは旅行や高額な家電製品など自分の楽しみのために使う方も多いものです。企業の業績がよくなるとボーナスも上がることがありますので、仕事のモチベーションを保つ上で大きな役割を果たしていると考えられます。

その一方、ボーナスが支給されない企業は就職先の候補から外してしまう方がいるかもしれませんが、他の要素を検討せずに外してしまうのは勿体ないことです。ボーナスが支給されなくても他の条件が優れている可能性があるからです。

例えば、ボーナスが支給されなくても基本給がその分高く保証される企業があります。基本給については支払いが約束された賃金ですので、安定した収入を見込めるメリットがあるといえるでしょう。最近では年俸制を取り入れる企業も増えてきており、年間の報酬を16分割して4か月分をボーナスに回したり、報酬を12分割してボーナスなしの均等払いにしたりするケースもみられます。こうしたケースではボーナスあり・なしは実質変わりがないといえるでしょう。

また、現時点でボーナスが支給されていなくても今後の業績次第で支給される可能性があると考えることもできます。事業内容が魅力的だったり、新しい企業であっても毎年成長が続いていたり、新製品の売り上げが急激に伸びていたりする場合には今後の基本給のアップやボーナスの支給も期待できるのではないでしょうか。

 

 

自分に合う企業を見つけるために

就職活動では企業の給与やボーナス以外にも目を向けて、さまざまな魅力を発見したいものです。理系の技術職や研究職では、職場でのスキルアップ体制が整っているかどうかも重要な要素です。例えば、国内外の学会に社員がどのくらいの頻度で参加することができるか、社外留学制度のように学びをサポートしてもらえる制度があるかどうか確認してみてはいかがでしょう。学会に積極的に参加させてもらえたり、留学制度を設けていたり、学位の取得を奨励している場合には、入社してから能力を高める仕組みが整っているといえるのではないでしょうか。大学や研究機関に派遣されて技術や知識を高める機会に恵まれる可能性もあります。

また、最近では技術職でも英語の能力が必要とされる場面が増えてきました。そのため、社員の英会話能力向上に努める企業が増加しており、TOEICやTOEFLの受験料を負担してもらえる会社や、英会話講師を招いて社内でレッスンが受けられる会社も出てきています。自己負担で英会話レッスンに通うと費用負担が重くなりますので、社内制度を活用するメリットは大きいといえるでしょう。

その他にも、福利厚生制度でポイント制を設けて社員の学びに補助を出してもらえる会社もありますので、利用できる制度を確認してみてはいかがでしょう。また、雇用情勢が不安定になる中、副業に対する規制も緩くなりつつあります。会社で副業が禁止されていなければ能力を社外でも発揮しやすくなり、新たなネットワークをつくったり知識や技術を身に付けたりしやすくなると考えられます。

就職はゴールではなく、社会人として知識や技術を身につけていくスタート地点ととらえて企業の魅力を検討すると、思わぬ発見があるかもしれません。

LINE Facebook Twitter

TOPICS