就活パレット 就活パレット

選考対策

面接の定番!「何か質問は?」聞いてはいけないNGワード集 
選考対策

面接の定番!「何か質問は?」聞いてはいけないNGワード集 

LINE Facebook Twitter

就職活動の面接において、定番と言われる質問はいくつかあります。「志望動機」「自己PR」「大学時代の学業について」など本人の人となり判断するような質問が多いですが、「何か質問はありますか?」というのもよく聞かれる内容の1つです。仕事に対する意欲や会社業務内容に関する理解度などその質問1つでもあなたの印象は大きく変わってしまう可能性があります。一生懸命面接官の話に応じていても最後に悪印象を与えてしまっては全て水の泡ですから、逆質問をするときのNGワードを確認しておきましょう。

 

 

絶対ダメ!「特にありません」

「こんな質問していいのかな」と遠慮して結局何も聞かずにやり過ごしてしまっている人はいませんか?あるいは何も思いつかなくて思わず「特にありません」と返してしまっている人もいるかもしれませんね。しかし本当に興味のある会社なら、少なくとも1つや2つは思いつくでしょう。また仕事内容に関しては、その会社で働いた経験がないのですからどれだけ調べてもすべてを把握することができないというのが普通です。にも関わらず特にないと言われてしまっては面接官も「本当は興味ないのではないか」「働く意欲がないのではないか」と疑いたくなってしまいます。働いたことがない新卒はわからないことがあって当然ですから、新卒有利の環境を活かして積極的に質問をし、意欲を見せることが重要です。

調べればわかることもNG

「御社の企業理念は?」「売上高は?」「御社の強みは?」・・・これらはたいてい、企業のHPに記載されており、自分で調べればわかることです。何か質問しなきゃ!と思ってもこのような安易な質問をしてしまうと面接官も「とりあえず聞いただけだな」と判断してしまいます。仮にそれまでうまく面接官の質問に対応していたとしても、最後の最後にこのような印象を残してしまってはそれまでの内容にも響きかねません。あっと言わせるような質問をする必要はありませんが、意図のある質問をしておいた方が好印象でしょう。特に面接が進んでいけば役員クラスの立場の人が面接の場に出てきますが、そのような人たちに付け焼刃の質問は通用しません。質問の内容も判断材料の一部だという事を念頭におき、事前に準備しておきましょう。

 

 

自己成長できる会社?

どうせ働くなら、自分を磨ける会社で・・・と思うのは悪いことではありません。人材育成に力を入れていることをアピールしている会社も少なくないですから、“自分が成長できるかどうか”というのは就活生にとってその会社を判断する基準になることもあるでしょう。しかし前提として、会社が行う人材育成はすべて利益を出すためだということを忘れてはいけません。もちろん仕事に取り組んでいく中で資格を取得したり能力を伸ばしたりという機会はあるでしょうが、それはあなた自身が会社のためにやるべきことであり、会社は必ずしも成長を約束する必要はありません。「スキルアップが望める環境ですか」「○○の能力が発揮できる場所はありますか」など、一見働く意欲の強い質問に聞こえますが、会社に利益還元していくために自分自身が考えなければいけない内容と言えるでしょう。

 

 

福利厚生、あるいは待遇について

残業はどれくらいあるのか、休日出勤はあるのか、ボーナスはどれほど出るのか・・・と“ぶっちゃけ話”を聞きたい気持ちは誰にでもあると思います。働く上では休養を取るというのは大事なことですし、頑張った分評価されたいと思う気持ちがあるのは不自然なことではありません。しかしこれらの疑問を面接の場でぶつけるのは考えものです。採用活動を通して企業が判断しているのはその人が会社にどのような利益をもたらしてくれる人なのか?ということです。それに対し上記のような質問をしてしまっては「自分のことしか考えていないのか」と思われてしまっても仕方ありません。企業側が用意している様々な待遇は労働者が得てしかるべき権利ですが、権利を得るためには当然義務を果たさねばなりません。まだ働いてもいないうちから権利ばかり振りかざしては良い印象を与えない、というのはわかっていただけるのではないでしょうか。

 

 

時には変化球で対応

とはいえ、実際に働いていくことを考えたら疑問をすべてスッキリさせておきたいと思うのも当然です。入社した後で「聞いていた話と違う!」となってしまっては双方にとって良いことはないでしょうから、「聞きにくいけどどうしても聞きたい!」ということは質問の仕方を工夫して聞いてみてはいかがでしょうか。先ほどの働き方に関する質問を例に取ると、「残業は月にどれくらいですか?」というストレートな聞き方ではなく、少し言い方を変えて「残業はどれくらい許されますか」と聞いてみてはどうでしょうか。そのような聞き方をされれば面接官も「そんなに働きたいの?」と働く意欲を感じてくれるかもしれません。具体的な回答も得られやすいですし、回答を得た上で「実際の社員さんはどれくらいですか?」とそのあとの質問にもつなげやすくなります。「どうしてそんなことを聞くのか」と問われれば「イチ早く仕事を覚えるために人一倍働きたいからです」と聞きたいことを引き出しつつ自己PRにつなげることもできて一石二鳥です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS