就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

必読!入社する前に知っておくべき家電メーカーのエンジニア 
エンジニアになる!

必読!入社する前に知っておくべき家電メーカーのエンジニア 

LINE Facebook Twitter

家電メーカーは日本の産業界の花形

日本で「メーカー」と聞くと、家電メーカーをイメージする人が多いのでは? ソニーにシャープ、パナソニック、東芝といった企業は、日本を代表する大手企業であるばかりでなく、グローバル規模でビジネスを展開しています。その事業分野は今や家電にとどまらず、社会インフラや産業機器にも進出しています。昨今は、中国や韓国、台湾の新興メーカーに追い上げられ、昔のような圧倒的なシェアや存在感ではなくなっているものの、日本の産業界の花形であることは間違いないでしょう。

家電メーカーのエンジニアに求められる技術的スキル

昨今、家電メーカーは白物家電だけでなく、産業機器や社会インフラにも進出していることは先に述べました。EV(電気自動車)、産業用ロボット、自動車、医療機器、エアコンなど、さまざまな製品に使われるモーターは、今もっとも技術者が求められている部分です。省エネや省電力化のためにも、各社は高効率のモーター開発を進めているからです。一方、パソコン、家電製品、自動車、携帯電話……とあらゆる精密機器を動かすもととなる電子回路には、アナログとデジタルの2種類があります。デジタル回路全盛となるなかで、アナログ回路の設計ができるエンジニアが減少しており、逆に希少価値が高まっているという現象があります。アナログ回路はきちんと調整をするために基礎知識と経験が必須で、なかなか人材の育成が進まないという課題があります。しかし、モーターに加えて、EVや産業機器などでアナログ回路が必要とされる場面は多く、家電からさまざまな分野に事業を拡大している家電メーカーでも求められるスキルといえます。自己PRの場で、アナログ回路について勉強していることをアピールすると、面接官に「お!」っと思われるかもしれませんね。さらに、家電メーカーの事業範囲が広がる中で、根強くニーズがあるのは、組み込み・制御系のエンジニアです。組み込みエンジニアは、エンベデッドエンジニアとも呼ばれます。ほかのIT系エンジニアと同じようにプログラミングをしてシステムを開発しますが、とくに機器に組み込まれたコンピュータの設計や製造、構築に特化しているため「組み込みエンジニア」と呼ばれるのです。組み込みエンジニアになるには、C言語またはC+、C++、VC++などのプログラミング言語が使えることが必須になります。

説得力のある自己PRで入社後のプレゼン力をアピールする!

大手家電メーカーは、その知名度や給与水準、働きやすさなどから、就活生から圧倒的な人気を集めています。したがって、家電メーカーに入社するのは狭き門といえるでしょう。きちんとした志望動機をまとめ、アピールできないようでは、難関をパスすることはできません。また、優秀な人材が多く集まる大手企業で生き残っていくためには、技術力に加えてプレゼンテーション能力やコミュニケーション力も大切です。就職活動でのPR力は、入社後の実力も試されているといえます。就職活動を進めるにあたり、まず考えたいのは「どうしてその会社に入りたいか」です。本音では、「働きやすそう」「大手企業でカッコイイ」という理由かもしれませんが、そういうことを面接では言いませんよね。例えば、「その企業の製品やサービスが好き」というアピールもいいでしょう。「御社の●●という製品を長年愛用していて、親しみを感じています」という点をきちんと伝えることで、やみくもに家電メーカーを受けているのではなく、「御社に入社したい」という意思を伝えることができます。どうしてその会社に入りたいのか、どうしてそう考えたのか、といったことをきちんと筋道を立てて説明できると、論理的で説得力のある人だという印象を与えることができます。

デキるエンジニアはマネジメント力も身に着けよう!

家電メーカーでエンジニアとしてキャリアをスタートしたとして、入社後数年~10数年たつと、同期の中でも管理職になれるかどうかという壁が立ちはだかります。マネジメント職につくには、技術力に加えて人望やリーダーシップといったマネジメントスキルが問われるようになります。技術者がマネジメントスキルを学ぶのに有効なのが、技術経営(MOT)と呼ばれる分野です。「技術版MBA」ともいわれるMOTでは、技術力をコアコンピタンスとする企業・組織が、研究開発や技術開発の成果を事業化に結びつけ、新たな付加価値を創出していくマネジメント法を学びます。大組織の中で成長していくには、受け身ではなく常に自ら学び、成長していくことが必要です。さもなければ、周りの優秀な人の中で埋もれていってしまうでしょう。希望の家電メーカーに入社したからといって安心しているばかりでなく、技術者としてキャリアをスタートしたあとに、さらに1つ上のハードルを越えることを狙うなら、MOTを学んでみてはどうでしょうか。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS