就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の選考対策】就活解禁!企業説明会で好印象な質問と気をつけること
選考対策

【就活生の選考対策】就活解禁!企業説明会で好印象な質問と気をつけること

LINE Facebook Twitter

企業説明会は、就活生にとって企業とのファーストコンタクトになります。「内定が欲しい!」と思う企業であればあるほど、好印象を残したい所ですよね。また、逆質問の時間は、企業への熱意を伝える大切な時間になります。今回はあなたの仕事への熱意を伝えるために聞くべきことと、気を付けるべきことについてまとめてみました。

備えあれば憂いナシ!質問はあらかじめいくつか用意しておこう

企業について質問をするとき、説明会で聞いた内容から質問をする人が多いようです。しかし、これは単に自分の不明点を解消するだけの役割を担った質問になってしまいやすいです。逆質問の本来の目的は「企業側が就活生の熱意を見定めること」にあります。「企業側の人間の心を掴む質問をする」ということは、ある程度企業研究をしていなければできないことになります。説明会で説明を聞きながら考えた質問は、漠然とし過ぎていたり、的を射ていなかったりする場合もあります。

熱意が伝わる質問をするには、企業のことを入念に調べ、あらかじめいくつか質問を用意しておくのが賢明です。時間をかけて考えられた文章と即興で考えた文章には言い回しなどに違いが出やすいです。工夫を凝らした言い回しなどを使うことによって、同じ内容でも伝わり方は違ってきます。説明会で、質問内容の答えとなる情報が説明された場合は、重複する質問はしないようにしましょう。説明内容を聞いていないと判断されかねないため注意が必要です。

相手の想像力を刺激する!イエス、ノーで答えられる質問はやめよう

人間の想像力は、限定的な内容を与えると活発に働きやすいものです。企業に対する質問を例に挙げてみましょう。「エンジニアの仕事をしたいのですが、御社では可能でしょうか?」という内容と「エンジニアの仕事をしたいのですが、御社のエンジニア部門の業務にはどのような資質や技術が必要ですか?」という質問内容では、企業側の人間の受け取り方には違いが生まれます。後者の質問の仕方であれば、就活生側が企業で働くことを、より具体的にイメージできていることが自然に相手に伝わりやすいでしょう。

では、どのように相手の心を掴む質問を考えれば良いのかというと、イエス、ノーで答えることができる内容を避けるということです。イエス、ノーで答えることができる質問内容は漠然としている場合が多く、質問された人間の想像力も働きづらいため、要領の得た質問として響くことは少ないようです。

さりげなさが鍵!質問の頭に自分の得意なことをアピールしよう

質問をするときに、少しだけオリジナリティーを加えると、相手の脳裏に残りやすいものになります。例えば、「私は○○の資格を持っていて、××の仕事に就きたいです。この○○の資格は業務に活かせますか?」というような質問です。質問の冒頭内容に、自分の持っている資格を述べることによって、さりげなく自己アピールができます。資格はその人がどのような技能を、どの程度持ち合わせているかの物差しのような役割を果たすので、イメージとして残りやすいという特徴もあります。

この方法を実践する際の注意点として、あくまでさりげなく自己アピールをするように心がけましょう。「私は我慢強い性格です」と言い切ってしまうと、いまいち説得力に欠ける部分もあります。この場合は「私は周囲から、我慢強い性格だと言われますが」などの柔らかい表現を使うようにすると、より自然な自己アピールに繋がります。

逆質問の注意点!

就活生にとって、企業の福利厚生や給料の内容はとても重要です。しかし、企業に受け入れられることが決定していない段階でこの質問をすることは、マイナスな印象を与える原因になります。聞き方によっては、「仕事内容よりも待遇や給与を優先している」と捉えられてしまい、やる気がないと思われてしまう場合もあります。休日の日数や社内の雰囲気などを率直に質問することも避けましょう。どうしても福利厚生や給料に関する情報を知りたい場合は、社員の勤務時間や勤務体制などを質問することが無難です。

また、企業のホームページやパンフレットに掲載されている内容をそのまま質問することは避けましょう。企業への興味をアピールするどころか、企業研究を怠っていると捉えられる場合もあります。企業のホームページや、パンフレットに掲載されている内容を自分なりに解釈し、質問を考えるように心がけましょう。例として挙げられるものが「女性の働きやすい職場作りを心がけているとパンフレットにありますが、具体的にはどのような支援が行われていますか?」などの具体的な質問が望ましいです。会社の方針や、取り組みに触れることで企業に対する興味や熱意が相手に伝わりやすくなります。

逆質問の時間は、企業説明会の最後に与えられることが多いため、冒頭に説明会に対するお礼の言葉と、氏名などを伝えることを忘れないようにしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS