就活パレット 就活パレット

自己分析

自己分析は成功へのまず第1歩! 
自己分析

自己分析は成功へのまず第1歩! 

LINE Facebook Twitter


間違うと大変なことに…自己分析の方法にもOKとNGがある!?

就職活動につきものの志望動機や自己PRにおいて、自己分析は重要なもの。自分に最もふさわしい会社や職種を選ぶためにも自己分析をして、自分がどういう人間で、どんなこだわりを持ち、将来どうなりたいのかを真剣に考えることが大切です。

ただし、ここで気をつけたいのが、自己分析を正しい方法で行うということ。誤ったやり方で自己分析をしてしまうと、自分の考え方や好みと異なる職場で働くことになりかねません。就職後、こんなはずじゃなかった……と後悔するのは自分自身なのです。

そのためにも、まずは自分自身をしっかりと分析することが大切です。自己分析によって自分を知ることができると、適職や会社選びにおいて正しい決断ができますし、就職活動にもいかしていくことができます。ぜひとも正しい自己分析を実践していきましょう。

自己分析の目的を理解しよう!

自己分析の主な方法は、過去の自分を振り返り、掘り下げ、整理すること。過去~現在の経験から、自分がどういう人間なのかを知り、未来に向けてどうなりたいのかを見つめ直す作業です。自己分析が不十分だと、採用面接で自己PRがうまくできなかったり、志望動機が思うように答えられず、就職活動で苦労することになります。まずは自己分析の2つの目的を整理しておきましょう。

自己分析2.jpg

1.自分に合った仕事を見つけるため

自己分析の目的のひとつは、自分に合った職種、会社を見つけるためです。自分の性格や価値観を探り、仕事にどんなこだわりを持っているのかを掘り下げていきましょう。一般的には自分の性格や価値観について普段からあまり意識することはないので、人によっては難しい作業に感じるかもしれません。自分に合った仕事を見つけるということは、それほど簡単なことではないのです。

2.就職活動で自分をアピールするため

就職活動において、自分の能力を明確にしておくことは大切なことです。急に長所を聞かれて、十分に伝えることができる人は少ないのでは? しっかりと自己分析を行い、過去の体験を通して得た情報をもとに、自分の長所を自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

自分の言葉で伝えるには、長所を裏付けるエピソードを過去の体験のなかから探して話すようにします。これらができていると、採用担当者があなたの長所をイメージしやすく、就職後に会社でどう役立つのかを判断する材料になり効果的にアピールすることができるでしょう。

間違った方法で自己分析をしないようにしよう!

自己分析をしようと意気込んでも、間違った方法で行っては何もなりません。「長所はそっちのけで短所ばかりを探す」「思い込みや企業の求める人物像に当てはめて自分の強み(長所や能力)を決める」「『やりたい』という理由だけで仕事を選ぶ」といったことは、すべてNG。また、自己分析に時間をかけ過ぎてゴールが見えなくなったり、その反対に、あまり考えずに途中で投げ出してしまったりするのもよくありません。

自己分析は一度だけで終わらせずに、見直していくことも必要です。就職活動を進める間にも、何度でも見直し、考え直していきましょう。自己分析に取り組むと、なかなか答えが出ずに焦りや不安、劣等感に陥ることがあるかもしれません。しかし、自己分析は自分自身の未来を豊かにするための作業なのですから、前向きな気持ちで取り組みましょう。

「自分はこんなことができる」「新たな面を発見した」などと、ポジティブに考えていくことが大切です。苦しいときには、「自分にはまだまだ伸びしろがある」「自分が知らない長所が眠っている可能性がある」などと発想を転換させてみると、次の一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

正しい方法で自己分析をして自分の「軸」を定める

自分自身の中に定まった「軸」があると、終始一貫した態度で就職活動を進めることができるようになります。就職活動における自分の軸とは、自分が一番大切にする価値観のことで、一番の根っことなる考え方のことです。この軸がしっかりしていないと、考えが揺れ動いてしまい、面接で自分自身について尋ねられてもそのときどきで答えが変わってしまうことになるのです。

こうした“ぶれた”状態だと、相手に信頼してもらうことができませんし、自分に自信も持てなくなってしまい、就職活動でつまづく原因となります。では、どのような方法で自分の軸を定めればいいのでしょうか。

自分の過去・現在・未来から「軸」を定める

自己分析3.png

自己分析の作業で「過去」を見つめ直していくと、過去がベースになった「現在」の自分をあらためて確認できます。その現在が、「未来」の自分を描く参考になったり、自分がどうなりたいかを把握したりすることにつながります。未来が想像できると、今やるべきこともおのずとわかってきます。このように自分の「過去・現在・未来」を考えることで、自分の価値観と資質が見えてきます。それが「自分の軸」となるのです。

他己分析で客観的に自分を把握する

自己分析4.png

自己分析をするためには、自分だけではなく、友人や家族など、周囲の人からの意見も有効です。客観的視点を持つ他人に分析してもらうこと(他己分析)によって、自己分析では見落としがちなものが見つかることもあります。「自分にとって当然」と考えているなかに、自分では気が付かなかった「核」となる要素があるかもしれません。そんな重要な要素を知るためにも、普段の自分をよく見ている人に分析してもらいましょう。できるだけ多くの人にお願いすると、より効果があります。

自分の長所と短所を知り、「得意」を見極める

それでは、簡単に自己分析をやってみましょう。まず、自分の長所と短所を挙げてみてください。そこから自分に足りないものを明確にしていきます。

まずは長所について考えてみましょう。例えば「まじめで一途である」「チャレンジ精神が旺盛」「責任感が強く、素直に反省することができる」といった、自分の良いと思う面をプラス思考であげていきます。

次に短所について考えます。短所は、長所と表裏一体の関係です。長所に関連付けて考えていきましょう。例えば、先ほどの長所を裏返してみると、「頑固で融通が利かない」「後先を考えずにすぐ行動してしまう」「失敗するといつまでもくよくよしてしまう」などという性格が現れてきます。

 

「できること」「できないこと」から強みと弱点を知る

長所と短所を見つめるとともに、「できること」「できないこと」も考えましょう。これらが、自分の強みと弱点であり、得意・不得意につながります。自分は何ができないかを見つめるのは楽しくないですし、はっきりと把握できている人はあまりいません。しかし、仕事を選ぶ前に得手不得手を明らかにしておくことはとても大事な作業なのです。

入社後、仕事における「できない」を必ず克服しなければと無理に頑張り続けたことによって、精神的に負荷がかかってしまうことも少なくありません。そのような状態が長く続くと、仕事に対する意欲を失ってしまうこともあるかもしれません。そうならないためにも、「できないこと」のなかで、「なるべく避けておきたいこと」と「克服したいこと」は分けて考えて、苦手を克服する努力もしていきましょう。

自己分析は成功への第一歩

自己分析によって、自分の考え方のくせや価値観、魅力、得意な分野を知ることができれば、自分がこれからどんな成長をしていけばよいのかという将来のビジョンを描くことができるようになります。将来の自分に期待を持つことはモチベーションをアップさせることにもつながります。そして自分を見つめ直し、未来のビジョンに向けて実際に行動することで、内面を充実させていきましょう。それが就職活動の成功への第一歩となるはずです。

ここまでの内容から、自己分析をどう活用するか少しずつ理解できてきたのではないでしょうか。せっかくなので、もっと自己分析のコツをつかんで、就職活動を有利に進めてみませんか?

LINE Facebook Twitter

TOPICS