就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

エンジニアを目指す! 知っておくべきインダストリー4.0  
エンジニアになる!

エンジニアを目指す! 知っておくべきインダストリー4.0  

LINE Facebook Twitter

エンジニアを目指すなら、知っておくべきインダストリー4.0とは?

昨年(2015年)頃から日本でもよく聞かれるようになった「インダストリー4.0(よんてんぜろ)」。名前は見聞きしたことがあるけれど、意味や内容はよく知らないという学生の方も多いかもしれません。

しかし、これから社会に出て活躍するみなさん、中でも特にエンジニアなどの技術職を志すみなさんには、「知らない」では済まされない重要な言葉です。今回は「インダストリー4.0」の基礎知識についてご説明します。

「インダストリー4.0」とは何か

「インダストリー4.0」は元々、2011年にドイツ政府が発表した産官学共同で進める国家プロジェクトです。ドイツ語では「Industrie 4.0」(インドゥストリー フィーアコンマヌル)と表記され、日本語に訳すと「第4次産業革命」となります。
ドイツは元々欧州最大の工業国でしたが、今後も長期的に競争力を保ち、経済成長を行っていくために、「IoT(アイオーティー Internet of Things=モノのインターネット)」による工業・製造業の高度デジタル化を目指すプロジェクトを開始しました。これが「インダストリー4.0」の概要です。
「スマートファクトリー(自ら考える工場)」をコンセプトに、インターネットを通じて、作業の最適化・効率化を目指します。あらゆる設備・機器がインターネットにつながり、より有機的な人間と機械の連携、機械同士の連携を進めることによって、大幅に生産コストが削減され、大量生産から特注品製造まで柔軟に対応することが可能となります。
この考えは日本や北米などにも波及してきています。特に「モノづくり大国」であり、同時に「技術大国」でもあった日本には大きな影響を与えつつあります。

「インダストリー4.0」と「IoT」

日本語に訳すと「第4次産業革命」となると述べましたが、ここで産業革命についておさらいしておきましょう。第1次産業革命は、水力や蒸気機関を動力とする機械による生産の変化です。第2次産業革命は、電力による産業の拡大です。これにより大量生産が可能になりました。そして第3次産業革命は、コンピューターの導入による工場の自動化(オートメーション)です。では、第4次産業革命のカギとなるのは何なのでしょうか。それがインターネット、もう一歩進んで言うと「IoT=モノのインターネット」です。「IoT」は様々なモノがインターネットに接続され、サービスや情報がコントロールされる仕組みです。例えば、自動車の自動運転技術などが挙げられます。交通情報や道順、その他周りの状況をリアルタイムにインターネットから受け取り、安全に自動運転を行います。他にも、商品の流通や配送をネット上で完全追跡する仕組みや、身に付けるだけでクラウドを通じて生体データを共有できる医療用ウェアラブルデバイスなども、「IoT」の一環と言えるでしょう。「IoT」は、モノやサービスの「可視化」→「制御」→「最適化」→「自律化」というフェイズで進行すると考えられています。これを工業・製造業に活かし、コスト削減や正確な品質管理、特注品のより効率的な製造などを目指すのが「インダストリー4.0」です。つまり、「インダストリー4.0」の最終形は工場が完全自律して、自ら最適化した働きを行うことにあると言えるでしょう。
「インダストリー4.0」を踏まえ、これから求められる人材

「インダストリー4.0」の取組みは、日本でもこれから急速に進むことが予測されます。そうなったときに必要とされるのが、総合的な知識と視野を持った人材です。インターネットを使って工業を制御していくわけですから、当然エンジニアとしの豊富な技術・知識が求められます。しかし、それも単なるシステム開発だけではなく、ビッグデータやクラウドコンピューティングをいかに活用していくか、などの発想力も求められます。そのためには、日本だけでなく世界で現在どういった動きがあり、今後どんな展望が期待されているのかといった知識や見識も必要になります。エンジニア業界について知ることはもちろん、世界の動向からも情報技術分野や製造・工業分野がどういったトレンドに流れているのかなど、しっかりと情報を集め、理解していくことが大切です。とは言え、就活中の時点から世界の最新トレンドの情報技術などについて知るのは簡単なことではありません。そのため、今回の「インダストリー4.0」のように、トレンドとなっている言葉について積極的に調べていくことが大切です。そうした知識を蓄積していくと、自分が大学で研究・勉強した以外の分野に対する見識も高まります。そうした総合的な力は、就活を進めていく上で必ず大きな力になるでしょう。

まとめ

簡単にではありますが、「インダストリー4.0」の概要について説明しました。これからの情報技術や製造業にとって、非常に大きな意味を持つものだということがご理解いただけたのではないでしょうか。
そして、実際に「インダストリー4.0」が目指す「スマートファクトリー(自ら考える工場)」を実現するのは、これからのエンジニア業界や情報技術業界で活躍するみなさんです。少しずつでも確実に、世界のトレンドも見据えた知識を身に付けていきましょう。

 

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS