就活パレット 就活パレット

選考対策

朗報!Fラン大学生が就活で勝ち残るための話  
選考対策

朗報!Fラン大学生が就活で勝ち残るための話  

LINE Facebook Twitter

高学歴と低学歴は決定的な差ではない!Fラン大学生が就活で勝ち残るための条件

「Fラン」という言葉をよく耳にします。偏差値も競争倍率も低く、ほとんど勉強しなくても簡単には入れる大学を指す言葉です。そうした大学は、入るのは簡単ですが、就職は大変で、多くの会社で学歴フィルターは存在すると言われています。実際に、Fランだから内定がもらえないという声はネットでもよく耳にします。しかし、半分は事実で、半分は間違いです。学歴が低いと就職が不利になるのは確かですが、それは内定を勝ち取るまでに越えなければならない多くの壁のほんのひとつに過ぎません。そして、その壁さえクリアできれば、高学歴の学生ともハンディキャップなしの戦いに持ち込めるのです。そのためには何をすれば良いのかを説明していきます。

 

大手企業が学歴偏重な理由

はっきり言って、勉強ができることと仕事ができることとは、何の関係もありません。弁護士や医師といった高度な専門知識を必要とする職業であれば話は別ですが、大半の学生が新卒で就職する先は初めての経験ばかりです。勉強ができるできないに関係なく、スタートラインは全員同じなのです。それでは、大手企業と呼ばれる会社では、なぜ高学歴者を優先して採用するのでしょうか。

ひと言でいえば効率の問題です。企業にとって人材が宝であるのは言うまでもありません。本当なら応募者全員を詳しく調べ上げて、少しでも優秀な学生を採用したいはずです。しかし、大企業はどこも大人気なので、尋常じゃない数の学生が応募をしてきます。とても、全員を面接するなど不可能です。超一流企業になるとES(エントリーシート)に目を通すのさえ容易ではありません。そこで、学歴フィルターを使ってふるいにかけるのです。

確かに、学歴と仕事の有能さは無関係です。しかし、少なくとも高学歴の学生は努力して難関大学に入学したという実績があります。つまり、勉強に対して努力できるのであれば、仕事に対しても頑張れる可能性も高いだろうという期待に基づいて高学歴者を採用候補として残すわけです。ただ、それは積極的な選別理由ではなく、効率良く人材をふるいにかける方法が他にはないので、仕方なく学歴フィルター採用しているに過ぎないのです。

学歴フィルターのない企業の見つけ方

大企業の多くに学歴フィルターは存在しますが、そこをクリアできれば、高学歴もFラン大学も関係ありません。それでは、学歴フィルターをくぐり抜けるにはどうしたら良いのでしょうか。

一番は、大手企業から中小企業まで、まずは多くの会社にエントリーしてES(エントリーシート)や面接など場数を踏み、改善をし続けることです。大卒学生に人気の大企業ですが、大企業だけが会社ではありませんし、優秀な中小企業もたくさんあります。ここ数年で力をつけてきて、今まさに大企業への一歩を踏み出そうとしている会社は有望です。そうした会社は人材の大切さを身にしみて感じているので、大企業よりも学歴だけで門前払いにされる可能性は低いはずです。

もちろんFランの学生に大企業の就職は無理なのかと言えば、決してそんなことはありません。高学歴の者ばかりを選んでいると人材が画一化して、企業の成長が止まってしまうという弊害が出てきます。それを危惧している大企業もたくさん存在するので、人材の多様性を確保するためにFランの学生も採用する可能性があります。まず、ネットの企業情報で、大企業の採用実績校を調べてみましょう。Fラン大学が多数含まれていればより可能性は高いでしょう。

面接は自分の言葉で語るのがなにより重要

無事、ES(エントリーシート)を通過し学歴フィルターをクリアできれば、Fラン大学かどうかはほぼ関係なくなります。むしろ、学歴コンプレックスを抱えていては、就職戦線を生き残るのが困難になってしまいます。ここまでくれば、胸を張って面接に臨む心構えが大切です。

面接の段階では学歴に代わる武器や魅力がその人にあるかどうかが見られています。学生時代に何もしていなかったというのでは、さすがに内定は勝ちとれません。しかし、別に特別な経験をする必要はありません。「サークル活動に打ち込んだ」「アルバイト三昧だった」「海外旅行をした」などいう当たり前な活動で十分です。大事なのは、その経験の中から何を学び、大学生活の中でどのように生かして、これからの仕事にいかにして役立てるのかを自分の言葉で語ることです。その言葉を聞いて面接官は、あなたの人間性を探り、会社に必要かどうかを判断します。その際に、マニュアル通りの無難な答えを述べようとしてはいけません。面接官にとっては、そうした言葉は聞き飽きていて、心に響いてこないからです。マニュアル本を読んで面接でしてはいけない事柄を学ぶのは大切ですが、決して、そこに答えそのものを求めないでください。自分だけの経験を自分だけの言葉で語ってこそ、面接官の心を掴むチャンスを見いだせるのです。

もちろん、いくら一生懸命話をしても面接官の心に響かない可能性はあります。むしろ、そちらの方が圧倒的に多いでしょう。したがって、最後に重要になるのが、内定をもらえるまでひたすら受け続けるという根性論です。そもそも、いくらベテランの面接官だったとしても、わずかな時間の面接で人間性や適性を簡単に判断できるわけはありません。面接官との相性もありますし、最後に問われるのは会社の価値観や雰囲気になじめそうかどうかです。

面接というのは半ば運の部分も大きいです。ひとつ、ふたつ落ちてもめげる必要は全くありません。その会社とは縁がなかったのだと割り切って、ひたすら面接を受け続けてください。そうすれば、おのずと道は開けて、内定を勝ち取ることができるでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS