就活パレット 就活パレット

選考対策

誰もが通る!?就活での1分間自己PR  
選考対策

誰もが通る!?就活での1分間自己PR  

LINE Facebook Twitter

誰もが通る!?就活での1分間自己pr…そのポイントとは?

就活時の面接において、「1分間で自己PRをしてください」といわれる場面によく遭遇します。限られた時間の中で自分のことを知ってもらい、そしてポジティブな印象を残して選考を通過するためにはいくつかのポイントがあります。

テーマを明確に

1分間で伝えられる文字数は300~400文字だといわれています。原稿用紙1枚分の中に自分の強みをぎゅっと凝縮させなければなりません。ですから、あれこれと話を詰め込みすぎては内容が浅く、印象に残りにくい話になってしまうでしょう。沢山話したいことがあるなら、早口で伝えればいいのではないかというのは安直な考えです。早口で話してしまうと「この人は早口だな」との印象が先にきてしまって、肝心の内容が面接官の頭に残りにくくなってしまいます。ゆっくりと、聞き手にとって心地良い速度になるように間を取りながら話を進めていく方が伝わりやすいでしょう。そのためにも、伝えたいテーマは明確にはっきりと絞っておいた方が1分間の組み立てがしやすくなります。

構成も重要

話をする際、相手の心に響かせるためには、話の構成を意識することが重要です。話を構成するひとつひとつの要素が同じでも、順番が入れ替わるだけで話の印象は変わります。1分間で自分の強みを的確に伝えるためには、三部構成での話がオススメです。

1.結論:何を1番にアピールしたいのか、まず結論を初めに伝えます。「自分は○○な人間です」と言い切ることで、「なぜそうなのか」と自然と聞き手の関心を次の話に向けることができますし、自分自身も次のエピソードを話すきっかけを掴むことができます。これはインパクトを与えるとためだという理由もありますが、もし時間がオーバーして途中で止められてしまっても自分が一番伝えたいことは伝えられるというメリットもあります。

2.エピソード:最初に述べた「結論」に対し、具体的なエピソードを交えながら更に修飾していきます。エピソードに真実味があれば結論に至るプロセスにも説得力が増し、一層自己PRが光るようになります。

3.仕事でどう役立てるのか:最後に、その培った力を社会人としてどのように活用していくのかを伝えて話を締めます。これがないと、ただの自慢話になってしまいます。自分語りに終始してしまい、面接官も「で、それで?」と突っ込みたくなってしまうでしょう。その会社に入って自分の能力をどんな場面で役立てたいかを具体的に伝えれば入社への意欲もアピールできます。

必ず練習をしよう

話の内容が固まったら、必ず声に出して練習しましょう。完璧な原稿を作ったとしても、緊張すると早口になったり、噛んだりして、1分という時間通りにいかないかもしれません。本番でしっかり自分の伝えたいことを伝えきるためには練習を重ねておくことは重要です。また、言葉は「音」になって面接官に伝わります。実際に話してみて音の感覚を知ることで、「こっちの言葉の方が伝わるかな?」「この言葉は誤解を招くかもしれない」と考えることができ、内容を見直すきっかけにもなります。また、誰かに聞いてもらうというのも有効な練習方法です。他の人に聞いてもらうことで自分の作ったPR文に対して人がどういう反応をするのかを肌で感じることができますし、添削をしてもらうことで、より洗練された内容になっていきます。アドバイスをもらいながら、自分の言葉で訂正を重ねていくことで一層「自分」が伝わる自己PRになっていくことでしょう。

変化球にも対応できるように

実際の就職活動の中では、必ずしも「1分間」ではない場合もあります。「2分間で」あるいは「30秒で」などと言われた時のことを想定し、頭の中で内容を整理しておくことは非常に重要です。「2分間」と言われれば倍の時間話せますから、エピソード話を更に付け加えることもできますし、いかに自分が会社にとって役立つ人間なのかということを熱く伝えることもできます。反対に、「30秒で」と言われたら、とっさに必要な情報とそうでない情報の取捨選択が必要です。「1分間」に凝り固まって暗記しているだけではこのようなイレギュラーな場面に対応できなくなってしまいます。自分の話したいことを話すのではなく、相手が聞きたいことをポイントとしてしっかり整理して、自分なりに管理できるよう反復練習し、より「自分」への理解の深まった伝わる1分間PRにしておきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS