就活パレット 就活パレット

選考対策

とても大事!就活の面接マナーについて  
選考対策

とても大事!就活の面接マナーについて  

LINE Facebook Twitter

あなたは就活の面接マナー守れている?

面接試験の前には、就活のマニュアルを何度も読んで、頭にしっかりマナーを叩き込んでいると思います。しかし、自分では正しいと理解していることでも、実は単なる勘違いということも少なくありません。面接試験は、わずか数分~数十分間の勝負。その限られた時間のなかで、どれだけ採用担当者に好印象を与え、自分を知ってもらうことができるかが、勝負の分かれ道なのです。マナーの勘違いで評価を下げることがないよう、もう一度、就活の面接マナーを確認しておきましょう。

時系列でチェック! 面接マナーの基本

面接試験は、受付からスタートしています。受付から面接終了まで、シーン別にマナーを確認していきましょう。

1.   受付・控え室

訪問時間のギリギリに到着するのではなく、余裕を持って受付を済ませるようにしましょう。ただし、指定された時間よりあまりに早すぎるのもかえって相手に迷惑となってしまうので、訪問時間の15分くらい前を目安にします。まず、受付でははっきり氏名と用件を伝えましょう。「○○大学の○○○○と申します。本日○時のお約束で面接に参りました」と言いましょう。そして控え室では携帯電話をいじったり、音楽を聴いたりするのはNG。また、友だちと一緒でも大きな声で談笑してはいけません。配布された資料を確認するなどして、静かに待ちましょう。それから、携帯電話の電源をオフにしておくこと。マナーモードにしておけば大丈夫だろうと考えがちですが、企業によってはバイブレーションが鳴るだけでも減点するところもあります。できれば、受付を済ませる前にオフにしておきましょう。

2.   面接会場

面接会場へ移動したら、ドアを2~3回ノックしてから入室します。室内から「どうぞ」と言われてからドアを開けましょう。ドアが最初から開いていた場合は、ノックをせず、「失礼します」と言って入室します。席の前に進み、「○○大学○○学部○○学科の○○○○と申します。よろしくお願いします」と言って一礼。おじぎの角度は、30度を目安にしましょう。面接官に着席するよう勧められたら「失礼します」と一礼して席につきます。深めにどっしり座るのではなく、座面の2/3くらいに腰掛けること。背もたれにはよりかからず、背筋を伸ばすことを意識します。

3.   退室

面接試験が終わったら、明るく「ありがとうございました」とお礼を言います。出口まで進んだらもう一度、面接官を振り返り、「失礼いたします」と言ってからきちんとしたおじぎをします。このときのおじぎの角度は、面接開始のときより少し深めの、45度が目安。面接官に対して「ありがとうございます」の気持ちを示すためです。たとえ、面接試験がうまくいかなかったと落ち込んでいても、最後は明るく丁寧な印象を残すこと。まだ、勝負が終わったわけではありません。退室してからも、周囲の学生と余計なおしゃべりをせず、静かに建物から出ましょう。

集団面接で注意したいマナーとは

ここまで確認してきたのは、個人面接のケースです。では、集団面接のときのマナーはどうでしょう? 集団面接では、学生3~5名に対して面接官が複数というケースが一般的です。この場合、ほかの学生が回答しているときの態度や表情に気をつけましょう。次に何を話すか考えることに精一杯で、ほかの学生が話していることに上の空だったり、まったく関心のない様子を見せたりすると、「協調性がない」「落ち着きがない」として減点の対象とされることがあります。ほかの学生が回答しているときは、「しっかり聞いています」ということがわかるように、軽くうなずくなどの傾聴姿勢を見せるようにしましょう。それからもうひとつ、入退室の際のマナーも確認しておきましょう。集団で入室する場合、一番目に入室するときのマナーは、個人面接と同様。ドアをノックして、室内から「どうぞ」と聴こえたらドアを開けます。二番目以降に入室する場合は、先に入室した人からドアノブを受け取り、ドアノブを手に持ったまま、「失礼します」と入室して一礼します。そして、次の人へドアノブを渡します。退室するときは、「ドアに一番近い人から」というのが基本的な決まりです。そのあとは、席の順番通りに退室します。最後に退室する人は、静かにドアを閉めましょう。

緊急事態! こんな場合には、どう対処する?

面接試験では、誰もが必ず緊張するものです。どれだけ準備を入念に行ったとしても、やはり人生をかけた大舞台ですから、緊張するのは当然です。ときには、予想外の事態が起きるかもしれません。そんなときはどう対処するのがよいのでしょう? シーン別にみてみましょう。

 

Ø  さっき言い忘れたことを思い出した!

質問されたときには、良い答えが思いつかなかったけれど、面接が進むうち、さっき言いたかったことを思い出した。そんなこともあるでしょう。そういうときは、話の区切れ目を狙って面接官の許可を願い出ます。「すみません。先程○○の件で思い出した内容があります。申し上げてもよろしいでしょうか」。面接官が「いいですよ」と言ったら話し始めてOKです。ただし、これを何度も繰り返すと面接官に与える印象が悪くなるので注意しましょう。

Ø  相手の質問を聞きのがしてしまった!

面接官の声が聞き取りづらく、質問を聞きのがしてしまったときは、必ず聞き直すこと。想像で無理に答えると、まったく見当はずれな回答になってしまうこともあります。「申し訳ありません。質問を聞きのがしてしまいました。もう一度、お願いできますでしょうか」と正直に言いましょう。

Ø  もしかしてこれは圧迫面接? プレッシャーのかかる質問をされた!

もしかしたら、圧迫面接に遭うこともあるかもしれません。わざと威圧的な態度や意地悪な質問をすることにより、就活生の対応を見ているのです。大切なのは、どんな質問でも落ち着いて、冷静に答えること。取り乱したり、慌てたりしてはいけません。そして、相手の言い分を否定せず、「そうですね」「おっしゃる通りですね」などといったん相手の発言を受け止めたあと、「私はこう思います」と自分の意見を述べましょう。

面接で担当者がチェックしているのは、質問に対してどう回答したか、ということだけではありません。学生の一挙手一投足が面接試験の対象なのです。就活でのマナーを身につけることは、今後、社会人デビューをしたときにも、必ず役立ちます。面接試験を受ける前に、もう一度チェックしておきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS