就活パレット 就活パレット

選考対策

就活のWebテストの目的を知る 
選考対策

就活のWebテストの目的を知る 

LINE Facebook Twitter

就活のWebテストは1種類?

就職活動の初期には、Webテストという言葉をよく聞きませんか? インターネットが普及したことにより、特に人気企業に対してはこれまでよりも多くの学生が応募するようになりました。しかし、企業が対応できる就活生の人数には限りがあります。そこで、企業が面接する学生を絞り込むために、あらかじめWebテストを実施して、学生を選別しています。Webテストにはさまざまな種類があり、それぞれに適した準備が必要です。まずは、自分の志望する企業がどういったWebテストを行っているのか、確実な情報を入手するところから対策を始めましょう。

Webテストの目的と対策は?

先程お伝えしたように、Webテストの目的は“効率よく面接までこぎ着ける学生を選別すること”です。Webテストの結果をもとに、多くの時間や労力をかけずに、優秀な学生を選別できるのが、企業側のメリットです。Webテストには、自宅のパソコンから受験できるタイプの試験と、会場を訪れて専用の端末から受験するテストセンター型の試験と、2つの受験タイプがあります。どちらもインターネット上で回答するため、Webテストであることには変わりないのですが、一般的には、自宅受験型を「Webテスト」、会場受験型を「テストセンター」と呼ぶことが多いです。そして、Webテストやテストセンターにもさまざまな種類があり、どのテストを採用するかは、企業によって異なります。「そんなにたくさん種類があるなら、対策なんてとても無理!」とあきらめてしまう学生も少なくありません。しかし、事前に対策をせず、いきなり受験して失敗すると、面接を受けることもなく終了ということになってしまいます。そうなるのを避けるために、Webテストについて知っておきましょう。

Webテスト(自宅受験型)はまんべんなく準備を

自宅受験型のWebテストだけでもさまざまな種類があります。それぞれ開発している企業が異なり、試験内容も違います。そのなかでも、とりわけ実施企業が多いテストが「SPI」、「玉手箱」、「Web-CAB」、「TG-WEB」。それぞれ出題科目も、テストの特徴も異なります。例えば「玉手箱」はとにかく問題が多くて、情報処理能力が問われるものであるのに対し、「SPI」は能力適性検査や性格適性検査により、受け手の人物像を明らかにするのが大きな目的。特に「SPI」は独特な出題形式であるため、必ず事前対策が必要です。また、現在は複数のWebテストを組み合わせて採用する企業が増えています。例えば、エントリー時には「玉手箱」を実施し、その後、選考が進んで1次面接を終えたあとに「SPI」を実施するというように、多角的に学生の能力や適性を計ろうとしています。そのため、どれかに絞って対策を行うのではなく、まんべんなく準備をしておく必要があります。インターネット上で検索すると、それぞれのテスト別に模擬試験や練習問題がヒットします。また、参考図書も多く出版されています。出題頻度の高いWebテストには、必ず目を通しておくようにしましょう。さらに、自宅の受験環境を見直しておくことも大切。パソコンの画面はクリアになっているでしょうか。汚れがあったり、光の角度がずれていたりしたら、画面が見にくく問題に集中できません。また、インターネットに安定して接続できるか、途中で接続が遮断されたり、パソコンがシャットアウトしたりしないかといった基本的なことも、再確認しておきましょう。

テストセンター型はまずSPIを対策

次に、テストセンター型の試験対策について考えてみましょう。こちらもさまざまな種類がありますが、もっとも多くの企業が採用している「SPI」の対策をまずはしっかりしておきましょう。WebテストでもSPIが採用されていますが、実はテストセンター型のSPIとは出題範囲が異なるため、別の対策が必要です。特に新卒採用の試験として、テストセンター型でもっとも多く用いられているのが、SPI3-UEという試験です。能力検査と性格検査によって構成されており、能力検査では、あらゆる仕事に求められる汎用的な能力(思考力や判断力、コミュニケーション能力)などを測定。また、性格検査ではさまざまな行動のベースとなる性格特徴を測定します。このSPI試験はもともとリクルート社が開発したものなので、特徴をつかむためにはリクルート社の専門ウェブサイトSPI3をチェックしておくことをおすすめします。

そのほかにも、テストセンター型には「玉手箱」や「TG-WEB」などの種類があります。いずれにしても、初めて訪れる会場で、慣れない端末を使って回答するという環境は同じ。また、どのテストもひとつの設問に時間をかけすぎてしまったり、続けてミスしたりすると、評価が低くなってしまいます。要領よく、最短距離で正解を導き出すためには、十分な対策と慣れが必要。先輩から実践的なアドバイスをもらったり、友だちと情報交換したりすることも役に立ちます。

志望する企業が複数あり、それぞれの企業が異なるタイプのWebテストを採用しているケースもあるでしょう。どこから手をつけたらよいのかわからなくなってしまうかもしれません。そんなときは、「第一志望の企業が採用しているWebテスト」の対策をすることを優先的に考えましょう。同時に、出題頻度が高く、特別な対策が必要とされるSPIの準備もしておくといいでしょう。模擬試験や練習問題であらかじめ感覚をつかんでおけば、本番のテストでも焦らず、実力を発揮できるはずです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS