就活パレット 就活パレット

業界研究

狙いは自動車業界1点集中! 
業界研究

狙いは自動車業界1点集中! 

LINE Facebook Twitter

自動車業界に就職する!

ものづくり王国、日本を代表する製品として、世界中に知られているもののひとつが自動車。海外旅行へ出かければ、あちこちで日本製の自動車が活躍している様子を目にするでしょう。最近では、新興国での販売が好調に売り上げを伸ばしており、今後もますます海外マーケットでのシェア争いが加熱することが予測されます。そんな今だからこそ、「自動車業界に挑戦して、グローバルな仕事がしたい!」と、志望する学生も多いのでは? ここでは、自動車業界の最新動向と今後の展開、さらに実際の業務内容についての概要を見ていきます。

金融危機から回復した自動車業界

自動車業界とは、自動車の製造や販売に携わる産業のことを指します。自動車業界の就業人口が非常に多い日本にとっては、まさに基幹産業であると言えるでしょう。近年、さまざまな業界に打撃を与えた金融危機は、自動車業界にも大きな影響を及ぼしました。しかし、景気が回復するにつれて自動車業界全体の成長も次第に回復。現在では、国内の生産・販売台数とも上昇を続けています。さらに、次世代カーとして注目されるハイブリッドカーや電気自動車などの開発に各社が注力。国内の自動車会社は、協働してエンジンの基礎研究を進めています。また、新興国での販売が非常に好調であり、今後も需要は伸びていくと予測されています。そうした新興国でのシェア争いに挑む一方、依然として力の強い欧米メーカーに向けた競争力を磨くことが、今後日本の自動車業界に期待されています。

自動車業界の職種研究。技術開発職はメーカーの“要”

では、自動車業界にはどんな職種があるのでしょうか。製造から販売まで、自動車にまつわるさまざまなビジネスを展開する自動車業界。職種のバラエティも多彩です。一般に、自動車業界へ就職する場合は、事務系と理系(技術系)に分かれます。事務系採用には、商品企画、新車プロジェクト、生産企画、営業企画などの職種があり、一方の理系(技術系)には技術開発、先端研究、品質保証などの職種があります。なかでも、技術開発は、各社の“要”ともいえる重要な仕事。自動車は、電子技術やモーター、エンジン、トランスミッションなど、多くの機能を結合して完成します。市場での動向を左右するような重要な部品は、自社で開発・生産をするメーカーが多く、各メーカーでは、それぞれの専門家が集まり、最新の研究や開発を行っています。そのため、研究開発費は売上高比4〜5%程度も占めており、これが世界における日本車の価値につながっています。「業界最先端の研究を行い、新しい自動車の開発に力を注ぎたい!」と考える理系学生にとっては、魅力的な研究環境だと言えるでしょう。

事務職種も活躍中!

一方、自動車業界では事務職種も活躍しています。例えば、企画・販促の仕事。新車を企画し、そのコンセプトを考えたり、営業企画を立てたり、市場を分析してマーケティングの戦略を練ったりする作業は、新しい自動車を世に生み出していく、非常に手応えのある仕事です。自動車メーカーは、各社がそれぞれの強みを持っています。そして、それにふさわしいコンセプトを掲げ、巧みなイメージ戦略で市場争いに切り込んでいます。特に、今後は次世代自動車であるハイブリッドカーや電気自動車がさらに注目を集めるだろうと予想されることから、ますます消費者の暮らしに密着した新車の企画やコンセプトの立案が求められます。いわば、現在は自動車業界における転換期。「新たな時代を象徴するような自動車を開発し、時代に大きな影響を与えたい!」というチャレンジャーには、ぴったりの業界です。

自動車業界は、学生に人気の高い業界です。「自動車が好きだから」というだけでは、志望動機として弱いかもしれません。これから自動車業界がどのような変化を遂げていくか、未来の全体像を考え、そのために、自分が何をしたいのかを考える。そんなふうに業界を俯瞰する力が、採用過程では求められるのではないでしょうか。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS