就活パレット 就活パレット

業界研究

電機業界のキーワードを抑えろ! 
業界研究

電機業界のキーワードを抑えろ! 

LINE Facebook Twitter

電機業界の今後は明るいのか?               

長い間、世界的にも知名度の高かった日本の家電。品質が良く、耐久性も抜群とあって、世界各国で高く評価されてきました。しかし昨今では、中国を筆頭に海外ブランドの家電製品が安価であり、しかも質が良いとして、人気を集めています。そしてそうした動きと反比例するように、日本の電機業界は景気が低迷。大手メーカー各社とも、厳しい状況であることがニュースで報道されています。その一方で、大手メーカー各社は今、注目のIoTを活用した家電の開発に注力しており、今後の巻き返しも期待されます。電機業界の今後は一体、明るいのでしょうか? 現状を見てみましょう。

海外企業とのシェア争いはますます激化

かつては日本企業が大きくリードしていた家電業界。しかし現在では、中国をはじめ、韓国や台湾など東アジア各国のメーカーが勢いよく成長を続けています。安価で、しかも品質が良いとあり、それらの国で生産されたパソコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電は、軒並み日本での売り上げを伸ばしています。価格の手頃感だけでなく、操作のしやすさや優れたデザイン性もヒットの要因。その影響を受け、日本の電機業界は大きな打撃を受け、ここ数年間はマイナス成長が続いています。さらに、インターネットが普及したことにより、消費者が購入に踏み切るまでに、入念に製品について調べるようになったこと、量販店の勢力が拡大することで総合電機メーカーはユーザーの細かなニーズを把握するのが難しくなり、これまでのようなマーケティングがうまくいかなくなったことも、電機業界の不振を招いた原因であるとされています。したがって、いかにしてこれらの不振を脱却するかが、海外の新興勢力との最大の勝負どころとなります。海外製品と差別化し、価格競争にも負けない製品を開発することが、“家電王国”日本復活への布石となりそうです。

電機業界はすべての会社が苦戦しているわけではない!

もっとも、日本の電機業界のすべての会社が苦戦しているかというと、必ずしもそうとは言えません。複数の事業を同時展開してリスクを分割させている企業は、市場ニーズの変化にさらされても、一方のマイナス成長を他方で補いながら着実に売り上げを伸ばしています。また近年では、商品の斬新さやニュース性など、他社にない独自の技術やノウハウをもった企業が、消費者から支持される傾向にあります。従来よりも細やかなマーケティングが求められる、新たな時代に突入したといってもいいでしょう。さらに、最近は「ジェネリック家電」と呼ばれる、大手メーカーと同等の性能を備えた安価な家電が注目されています。これまでは海外輸出用に製品を製造したり、大手へのOEM供給を行ったりしてきた実績のある電機メーカーが参入しています。日本より、むしろ海外でのブランド認知度が高いメーカーもあり、今後はますますジェネリック家電メーカーに注目が集まりそうです。

 

電機業界の動きを読むなら、このキーワードを押さえておこう!

今後、成長の可能性が期待できる企業を見極めるために、知っておきたいキーワードがあります。それは、「エコ」「マーケティング」「IoT」。この3つの観点から企業研究を行えば、その企業が将来的に電機業界でどのような地位につくことができるのか、ある程度予測できます。まず、「エコ」。現在では、従来の製品より商品電力や二酸化炭素の排出量が少ないなど、環境にやさしい製品が次々と開発されています。大手メーカーも、こぞってエコ家電の開発に力を入れているので、最新の開発動向を研究してみると良いでしょう。次に、「マーケティング」。これまでの電機業界は同じ製品を大量生産し、いかにして売り上げを伸ばすかという、規模を重視する経営を行ってきました。しかし、消費者ニーズが細分化する昨今では、戦略的な投資管理や市場ニーズを鋭く把握する機動力の高いマーケティングが求められます。これからは、そうした構造変化に対応できる企業が勝ち組になりそうです。最後に「IoT」。今、IoTを活用した家電の開発が大きく前進しています。家電だけではなく、自動車やセキュリティなど、さまざまな業界が連携しながら、日本のIoT環境はますます整っていくでしょう。こうした時代に対応し、消費者のニーズに応える商品の開発力こそ、企業の未来を左右する鍵といえそうです。

 

ここ最近は「日本の電機業界は低迷している」と言われています。しかし、それをビジネスチャンスと捉えるのもひとつの考え方。日本の家電業界は現在、時代の分かれ目にあるのです。今だからこそ、これまでの常識をくつがえすような新製品の研究開発に携わったり、市場の開拓を担ったりする機会もあるでしょう。電機業界全体が全て低迷しているというわけではありません。キーワードを押さえてしっかり企業研究を行い、どの企業がこの時代を切り開く力があるのかを見ていくことが大切です。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS