就活パレット 就活パレット

業界研究

企業の研究職、開発職
業界研究

企業の研究職、開発職

LINE Facebook Twitter

企業の研究職採用を目指す

理系の就活生の中には、「研究職や開発職で企業に入社したい!」という人も多いはず。これまで、大学や大学院で学んだ知識を活かし、それをさらに深めながら企業や社会に貢献できるのですから、卒業後の進路として人気が高いのも納得です。しかし、需要が限られており、非常に狭き門となっているのが実情。その難関を突破するために、まずは研究職とはどんなものか、しっかりと理解しておきましょう。

同じではない!「研究」と「開発」の違いって?

一般的に、同じものとして捉えられがちな、「研究職」と「開発職」。混同されるケースも多いのですが、実際、ふたつは業務内容が異なります。まず「研究職」ですが、新しい知識の発見を目的として、計画的な調査や探究を行う仕事のことを意味します。自社の利益となる研究を行うのはもちろんのこと、新素材や新機能製品の開発を行うなど、公共性の高い研究も進めて社会的に大きな影響を与えることもあります。いわば、その業界の最先端に触れられる、刺激的な職種ということができるでしょう。一方「開発職」とは、研究職が発見した新たな知識や技術を活用して、製品として完成させることが主な業務。クライアントのニーズや要望に応えながら、商品開発を行うことも少なくありません。整理すると、基礎研究を行うのが「研究職」、その研究結果を活かして製品を作るのが「開発職」ということになります。なお、薬品業界で多く見られるように、研究室で研究を行う「基礎研究職」の役割と、人や動物を対象にして治験や臨床試験など、より製品に近い部分で研究を行う「開発研究職」という区分名もあります。

 

自分に合うのは研究職?開発職?

それでは、研究職と開発職のどちらを目指せば良いか、見極める方法はあるのでしょうか。基準となるのは、ひとつの製品を完成させるまでの作業工程のうち、自分はどの部分を担当したいのかを考えることです。研究職は、多くの業務時間を研究室で過ごします。そして、新製品の開発に役立つ基礎的な技術や素材などを完成させることが、業務の主な目的になります。直接製品を作るわけではありませんが、新製品のベースとなる大事な根幹に携わるということで、「縁の下の力持ちタイプ」の人が向いているといえるでしょう。あるいは、目的に向かってコツコツ努力する「職人タイプ」の人も向いています。一方、開発職は、文字通り新製品を開発する役割を担います。商品開発を行う段階では、クライアントを訪問してニーズをヒアリングしたり、技術サポートを行ったりする場合もありますし、営業部や生産技術部など、他の部署と連携するシーンも出てきます。したがって、他者とコミュニケーションを取りながら、協働することにやりがいを感じる人は、開発職が向いているでしょう。どちらも高度な専門技術を必要とすることに違いはありませんが、それぞれ目的や仕事のやりがいが異なることを理解しておきましょう。

 

専攻分野と関連する業界に、進まなければいけないの?

大学や大学院で学んだ知識を活かし、「その分野のスペシャリストになりたい!」と熱意あふれる気持ちもわかります。しかし熱意が募るあまり視野を狭め、志望対象となる業界を限定してしまう人も少なくありません。就活は、必ずしも専攻分野と関連する業界に進まなければいけないものではありません。むしろ、企業研究や業界研究を進めるうち、「こっちの業界のほうがおもしろそうだ」「将来的に、こっちの業界のほうが発展の可能性が高そうだ」など、別の分野の魅力に気づくこともあるでしょう。そのように新しく発見した可能性は、ぜひ、大切にしたいもの。大学や大学院で学んだ時間は数年間ですが、社会人になってから企業の一員として研究や開発に従事する時間は、その数倍以上にもなり得ます。もう一度、自分の適性や志向を見直して、人生の進路を考えてみましょう。そして、自分が目指すのは新たな技術や知識を探究する「研究職」なのか、あるいは、基礎研究の成果を実際の製品として結実させる「開発職」なのか、明確にしておくと良いでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS