就活パレット 就活パレット

選考対策

就活での「服装は自由」は常識の範囲  
選考対策

就活での「服装は自由」は常識の範囲  

LINE Facebook Twitter

就活での「服装は自由」本当に自由で大丈夫?

採用試験のお知らせで、時々見かける「服装は自由」「あなたらしい服装で」という言葉。うのみにして、本当に自由な服装で採用試験に行っても大丈夫なのでしょうか。ほかの人達はどんな服装で来るのだろう……と考えると不安になりますよね。なかなか聞けない、素朴な疑問について回答します。

「服装は自由」=「スーツでなくてもOK」ということ

「服装は自由です」と言われたら、一瞬、「スーツじゃなくてもいいんだ」と、ほっとするかもしれません。しかしその数秒後、「何を着ていけばいいんだろう?」と、悩む人も多いでしょう。「自由」ということは、「選択をあなたに任せる」ということ。就活での服装は、相手に自分を印象づけるための大切な要素です

「自由」と言われても、どんな服装だったらいいのだろう、ほかの人達はどんな格好で行くのだろうと、あれこれ考えてしまいますよね。結論からいうと、本当に服装は自由です。スーツを着用する必要はありません。実際は考えに考え抜いた結果、いつもと同じスーツ姿で出かける学生も半数くらいいるようですが、どちらが有利で、どちらが不利ということはありません。

「服装自由」を指示する意図は?

では、なぜ採用担当者はわざわざ「服装は自由です」と言ったのでしょう? それは、普段の“あなた自身”を見たいから。服装は、人の性格を表します。身だしなみがきちんとしている人は、性格も几帳面であることがうかがえますし、反対に、洋服がしわひとつなくきれいでも、靴やかばんが汚れていたら、ちょっとだらしない印象を与えてしまうかもしれません。

スーツを着用しているときのあなたは、いわゆる、“よそゆきの顔”。そうではなく、ありのままの素顔を見たいと、採用担当者は考えているのです。前述のように、もちろんスーツで出かけても構いませんが、せっかく採用担当者が「普段の姿を見たい」と言っているのですから、勇気を出して、私服で臨んでみましょう。

ポイントは「清潔感のあるオフィスカジュアル」

しかし、いくら「私服で臨む」といっても、普段、友達と出かけるようなジーンズとTシャツや、スニーカーにリュックなどは避けましょう。就活の一環なのですから、“就活生として、ふさわしいか”ということを念頭において、服装を選びます。男女とも、シャツの上にジャケットは羽織りたいもの。カジュアルなシャツやスカート、パンツでも、ジャケットをさらりと着用するだけで、“きちんと感”を演出できます。

自分らしさをアピールする! といっても、面接やインターンなどは、決して奇抜な格好で個性をアピールする場ではありません。TPOをわきまえて服装を選ぶことができるかどうか、という一般常識やマナーも、採用の判断としてチェックされていることを意識しておきましょう。

男性なら、ジャケット、シャツ、チノパンなどのオフィスカジュアルがお勧め。色は自分に似合うものを選択するのが基本ですが、全身真っ黒だと堅苦しく見えるため、明るめのグレーやベージュなどを選ぶと良いでしょう。女性は、膝丈のスカートにブラウスがお勧め。足元は男女とも、黒の靴を選ぶとコーディネートが引き締まり、全体のバランスが取れます。

こんな服装はNG!

反対に、どんな服装が相手に悪印象を与えるか挙げてみましょう。

  • ジーンズ、Tシャツ、トレーナーなどの普段着
  • 蛍光色や原色など、派手すぎる色合いの洋服
  • 長すぎたり、短すぎたりするスカート
  • スニーカーやサンダルなど、カジュアルな靴
  • リュックサックやボディバッグなど、ラフなかばん

これらのアイテムは確かに、素顔のあなたを見せてくれる象徴かもしれません。しかし、あくまでもあなたは“就活生”であるという意識を忘れずに。この意識を基準に服装を選択すれば、面接やインターンシップで悪印象を与えることはありません。肩の力を抜いて、選びましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS