就活パレット 就活パレット

選考対策

面接の事前準備の対策! 
選考対策

面接の事前準備の対策! 

LINE Facebook Twitter

一次面接・二次面接・最終面接では、事前準備の内容が違う!

面接試験では、回を追うごとに、担当する社員の職種や立場が変わります。社員の立場が変われば、学生をチェックする視点も変わるということ。当然、事前準備もそれに合わせて行わなければなりません。それぞれの面接でどのようなことが質問されるのか、また、それに対してどのようなことを準備すれば良いのか。そして、面接官はどういう点をチェックしているのか。

通常、面接では一次面接、二次面接と進み、役員による最終面接へ進みます。三次面接を挟む場合もありますが、ここでは一次面接、二次面接、最終面接のそれぞれにおいて、どういった対策が必要なのか見てみましょう。

一次面接では、学生の将来性をチェックする

一次面接の目的はたいていの場合、応募者の足切りです。特に、応募者が多い人気企業の場合は、グループ面接で合否を分けていくことも少なくありません。一次面接を担当するのは現場の若手社員がほとんどで、彼らがチェックするのはその学生の将来性です。学生時代にどんなことを頑張って、今後どのような方向へ成長が見込まれるのか。将来の伸びしろや成長性をチェックします。

例えば、学生時代にサークルでリーダーを務めていた場合、それは立派なアピールポイントになりますよね。でも、その経験から一体どんなことを学んだのかといったような、具体的なことまで含めてアピールしなければ、先輩社員に自分の成長性を期待させることはできません。大事なことは、根拠も含めて自分の魅力をPRすることなのです。

もうひとつ、一次面接では学生の志望動機を必ず尋ねます。「なぜ、この会社を志願したのか」「ライバル企業ではなく、なぜこの会社なのか」など、かなり突っ込んだ内容を尋ねられることもあるでしょう。志望動機があまり明確でない学生は、すぐに退職してしまうリスクをはらんでいるからです。

「絶対にこの会社に入りたいんだ!」と志望動機が明確であれば、その意志は相手にも伝わります。その結果、たとえ困難にぶつかったとしても、この学生であればそれを乗り越えることができそうだ……という期待を持たせることができるかもしれません。一次面接の前には、志望動機を必ず深く掘り下げておきましょう。

二次面接では、会社や仕事に対する理解をチェックする

二次面接は、部長や課長レベルの社員が担当するケースが大半です。彼らは、いわゆる現場の責任者であり、現場の運営についてすべての責任を負っているといっても過言ではありません。そんな彼らがチェックするのは、学生が入社後にどんな働きをしてくれるのかということです。

どれだけ会社や仕事について理解しているか、入社後の動きをクリアにイメージすることができているか。もちろん、実際に入社してみるまでは、細かなことまではわからないでしょう。しかし、それでも「理解しようと努力している」姿勢を見せることは、とても大切なことです。

まだどの部署に配属されるかわからないとしても、自分がどういった部署に配属されることが予想され、そこではどういった仕事を担当することになるのか。それを面接でしっかり話せるようになるには、先輩社員を訪問したり、インターンシップを経験したりすることが、とても役立つはずです。

最終面接では、価値観や人生観などをチェックする

ほとんどの場合、最終面接を担当するのは役員です。小規模な会社やベンチャー企業であれば、社長が直々に登場することもあるでしょう。彼らは、会社の“顔”ともいえる存在。ビジネスの方向性や今後のビジョンなどを、常に考える立場にあります。そんな彼らが面接でチェックするのは、学生の価値観や人生観。端的にいえば、「その学生は、会社に合うかどうか」「今後、会社を背負って立つ人材になれるかどうか」などを見ているのです。

ここで気をつけておきたいのが、これまでの面接と最終面接を比較すると、聞かれる内容が大きく変わるケースがあるということです。これまでは志望動機や自己PRなどに焦点を絞った質問が中心だったと思いますが、最終面接では、ちょっと変わった質問をされることも少なくありません。

例えば、「尊敬する人物は?」「最近のニュースで最も注目しているものは?」「人生で一番大きな困難だったと思うことは? それをどうやって乗り越えた?」など、あらかじめ答えを準備していなければ、とっさに返答するのが難しそうな質問を投げかけられることもあります。これまでの質問と違って、最も“あなたらしさ”が表れる質問であるため、準備は入念に行っておきましょう。

就活では、たくさんのことを準備しなければなりません。企業研究、インターンシップ、OB・OG訪問など、内定を勝ち取るためには入念な準備が必要です。しかし、そのなかでも大切なもののひとつが面接対策ではないでしょうか。面接は、企業の社員と対面する貴重な機会です。うまく進めば、役員や社長とも直接会って自分をPRすることもできます。このチャンスを最大限に生かすため、面接対策は入念に行うこと。それが成功する就活の秘訣です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS