就活パレット 就活パレット

業界研究

メーカーは、文系と理系の両方で成り立っている! 
業界研究

メーカーは、文系と理系の両方で成り立っている! 

LINE Facebook Twitter

メーカーに就職しても、文系の仕事をする可能性もある?

「これまで大学や大学院で学んだ技術を活かしたい」と、メーカーの研究職や製造現場など、技術を活かせる職種に就きたいという人も多いでしょう。しかし、メーカーに就職したからといって、ずっと希望の職種で頑張っていけるとは限りません。途中で営業職や事務職などへの異動を命じられることもあるからです。

メーカーは、文系と理系の両方で成り立っている

メーカーの目的は、簡単にいえば、「ものを作り、売る」ということ。そのためには当然、「作る」という生産技術が会社の業績向上には欠かせません。社員の技術力=会社の実力という見方もでき、その意味では確かに、技術職に就いている理系の人たちが会社を引っ張っていく存在であるともいえます。

しかし、会社は理系の仕事だけで成り立っているわけではありません。例えば、新しく工場を開設する場合でも、土地を選定して不動産会社と契約を交わし、地元の人たちへ説明会を開催する、工場の経費を計算して売上を管理する、そのほかにも、広報で製品の良さを広める、といったようにさまざまな役割があります。

そのなかには、文系の人が得意分野を発揮し、牽引していく職種もあるでしょう。このように、メーカーは文系と理系の両方が協力しながら成り立っているのです。

職種の転向がチャンスに。将来の活躍舞台が幅広い

会社は、どれだけ熱心に業界研究や企業研究を行っても、実際に入社してある程度仕事をこなしてみないと、本当の実態はわかりません。これまでずっと理系一筋でやってきて、研究職や開発職などを希望し、念願の職種に就くことができたとしても、実際に数年間会社で働いてみたら、「マーケティングがおもしろくなってきた」「事務職の方が自分に向いていると感じた」というようなケースもあるのです。

つまり、会社の意向によって部署を異動させられるのではなく、自分自身の意志で将来のレールを置き換えるということ。それは、長くその会社で働くことを考えれば、とても魅力的なことであるはずです。

どんな仕事にも、学ぶべきものはあるはず!

学生のうちは、同世代の仲間に囲まれて、ほぼ同じ世界観をみんなで共有していたのではないでしょうか。しかし、社会に出るとさまざまな人がいます。年代も、バックグラウンドも、その仕事に就いた理由も、みんな異なります。

そうした環境で働くということは、どんな職種であっても、必ずなんらかの実になるもの。たとえ意にそぐわない仕事だったとしても、その経験を自分の糧とするか、あるいは、ただ時間を浪費しただけだと考えるかは、自分次第なのです。

もし、理系の職種を希望していたけれど、文系の職種に配属されたという場合は、それを自分が成長するチャンスだと思ってみませんか。どんな仕事をしていても、これまで大学や大学院で学んできたことは役立ちます。例えば、ロジカルな考え方や、効率のよいプロジェクトの進め方などは、理系の出身者の得意とする分野でしょう。文系の職種に就きながら、理系の能力も活かせるということは、とても大きなメリットになるはずです。

将来の選択肢は、できるだけ広げておこう

「理系でも文系の仕事をすることがあるのか」と尋ねられたら、答えは「YES」です。ただし、異動や配属の前に、本人の意向を確認してくれる企業もあるでしょうし、たとえ、最初は望まない異動だったとしても、実際に仕事をしてみたら新たな自分の適性を発見したということもあるでしょう。

そういう意味でも、将来の選択肢はできるだけ広げておくほうが、自分の活躍舞台も多くなるというもの。「絶対に理系の職種じゃないとイヤだ!」と、はじめから限定してしまわずに、どんな仕事でも興味を持って、おおらかに受け入れる姿勢も大切です。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS