就活パレット 就活パレット

就活の悩み

理系学生の文系就職はこんなに有利! 
就活の悩み

理系学生の文系就職はこんなに有利! 

LINE Facebook Twitter

理系学生の文系就職、実は、こんなに有利なポイントも!

「これまで学んできたことを活かし、技術職や研究職に就きたい」という理系学生はたくさんいます。しかし、理系だからといって、そういった職種に限定してしまう必要はありません。

実際、理系学生でも、営業職や事務職などに就職している人はたくさんいます。むしろ、理系であることのメリットを活かして、活躍している人も多いのです。

そもそも「文系就職」ってなに?

ここでまず、はっきりさせておきたいのが、「文系就職」の定義です。会社には、さまざまな職種があります。理系学生が多く志望する研究開発職や技術職は、大学や大学院で学んだことがそのまま直結しますし、企業側も彼らが学生時代に何を学び、どのような知識を身につけてきたかを重視します。

一方、文系学生が多く志望する営業職や事務職などは、大学時代に学んだことがそのまま活きるというよりも、入社してから知識や技術を身につけることが多い職種です。

理系学生の文系就職はメリットがいっぱい!

大学で文系の学部に所属していた人が、就職の際に理系の道へ進むのは、非常に困難です。どの企業も、技術職や研究開発職には、即戦力となる人材を求めているのが基本ですから、文系の出身者が理系就職を希望する場合は、改めて大学や専門学校などで技術を身につけるなどの対策が必要になります。

しかし反対に、理系出身者が文系就職をするのは、文系出身者が理系に就職をするほど難しくありません。考えようによってはメリットもたくさんあるのです。

それでは、理系学生が文系就職をするとどのようなメリットがあるのでしょうか? 具体的にご紹介します。

理系の知識は営業職としての強い武器に!

例えば、理系学生が自身が学んできたことに関係する製品を取り扱うメーカーの営業職として就職した場合、その製品についての理論的な構造の予備知識があれば、しっかり理解することができ、そのうえで売り込みをすることができます。これは営業職として非常に大きな武器になります。

一方、予備知識がない文系出身の人は一から製品のことを学ばなければならないため、自信を持って話せるようになるにはそれなりの時間を要します。あらかじめ知識や理論的な構造をしっかり理解した理系の知識を持っていれば、頼もしい存在となり得るでしょう。

理論的な考え方や研究へのアプローチは、就職しても役立つ

学部や大学院で研究を行うときには、必ず理論的な思考法を基本にします。そのため、「なんとなく」というただの直感や感性で物事を進めるのではなく、ロジカルに順序立て、多角的な視野で物事を考える習慣が身についているはずです。そうした思考法は、仕事をするうえでも非常に役立つもの。

また、研究を遂行するには順を追ってステップを踏んでいく段取りが必要になりますが、こうしたアプローチは企業においても、目標達成のために必要なこと。つまりすべての行動において意味付けをし、無駄なく効率的にプロジェクトを遂行することができるのも、理系ならではの特徴なのです。

時間的制約というハードルを乗り越えることが肝心

このように、理系学生の文系就職にはさまざまなメリットがあります。しかし、文系学生に比べて、理系学生が就活で不利を感じる点があるとしたら、それは、時間的な制約が大きいこと。実験やゼミなどで時間を取られてしまうことが多いため、就職活動だけに時間を割くことができないという学生も少なくありません。

そのため、文系学生に比べて収集する情報量が不足し、就職活動に出遅れてしまうということも。時間をうまくやりくりし、短期間でも効率よく就職活動を進められれば、理系学生の文系就職は大きなメリットがあるといえるでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS