就活パレット 就活パレット

就活の悩み

学部卒で就職するメリット!!
就活の悩み

学部卒で就職するメリット!!

LINE Facebook Twitter

学部卒でも、研究開発職に就きたい!

理系の場合、「学部卒より、院卒の方が有利」といわれます。特に、研究開発職の場合は最低でも修士を条件にしているところもあり、そういう場合は確かに、院卒の方が有利かもしれません。

しかし、だからといって学部卒でも研究開発職への就職をあきらめてしまうのは早計です。学歴に関係なく、学生の実力をじっくり判断して採用を決めている企業もありますから、まずは自分が将来どの道へ進みたいのか、そのためには何を選択するのが最善なのか考えてみることが必要です。

院卒は本当に有利なの?

一昔前に比べて、理系学生が大学院へ進学することは非常にメジャーになりました。学生のうちに、より専門的な知識と技術を身につけることは、就職したとき即戦力として活躍するのに非常に役立つでしょう。

いったん卒業して就職してしまうと、学習を継続し、知識や技術の蓄積を続けていくことは、なかなか困難です。時間がたっぷりある学生のうちに、しっかり学んでおいた方がよいことは事実です。また、企業は会社の利益を追求することが活動の目的。そう考えると、優秀で能力が高いのではと期待される院卒生は有利といえるでしょう。

しかし「院卒で就職をすることが有利」だからといって「学部卒で就職をすることは不利」なのかというと、必ずしもそうとはいえません。そもそも、企業側が理系の学生に期待をすることは、学生が持つ技術力だけではありません。理系の科目を学ぶうえで身につけた、理論的な思考能力や物事の考え方、研究のアプローチなどは理系学生ならではの能力。

学部でも、ゼミや研究室に所属して、実践的に研究やリサーチを進める機会もたくさんあるでしょう。それらの機会をしっかり活かし、積極的に学ぶ機会を活用していれば、学部卒であれ、理系ならではの思考能力は、十分身についているはずです。

学部卒で就職するメリット

では、理系学生が学部卒で就職するメリットとはいったいなんでしょう? それは少しでも若いうちに就職できるということ。院卒の場合、修士なら早くても24歳で就職することになりますが、学部卒なら22歳です。

「差はわずか2年」と思うかもしれませんが、実際、会社に入ってみると、その2年間はとても大きな違いになりうるもの。みっちりとOJTで能力を身につけ、実践力を磨き続ければ、2年間の間で大きな実績を残すことも可能です。

また、人間は年を重ねれば重ねるほど、思考能力が柔軟性を失って、頑なになりがち。その意味でも、少しでも若く頭が柔軟なうちに会社に入るということは、“会社の色に染まる”という意味でもよいことなのです。会社には、それぞれのカラーがあります。人との相性でも、「なんとなく、この人とは話が合う」「この人とは相性が悪い」と感じることもありますよね。会社もそれと同じ。できるなら、会社のカラーに合う人、あるいは、これから染まってくれる人を、会社は求めています。

その意味でも、できるだけ若くてフレキシブルな感性を持っているうちに入社してもらったほうが、会社にとっては良いのです。

学部卒で研究開発職に就くには?

学部卒は就職後の選択肢が広いこともメリット。企業によっては、きちんと技術職や研究開発職の道も開かれています。ただし、研究開発職については「修士以上」と資格を限定している企業もありますから、必ず採用情報をチェックするようにしましょう。学部卒の採用に熱心な企業もありますし、特に中堅・中小企業や外資系メーカーは、学歴を限定せずやる気のある人材を積極的に採用しているところもたくさんあります。

「学部卒が研究開発職に就くのは無理」とあきらめてしまわず、しっかり業界研究を行うこと。そのうえで、どうしても入りたいと思う企業が研究開発職は院卒に限定しているというのであれば、院への進学も検討してみるとよいでしょう。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS