就活パレット 就活パレット

選考対策

Webテストで勝ち抜くための傾向と対策!! 
選考対策

Webテストで勝ち抜くための傾向と対策!! 

LINE Facebook Twitter

近年、ペーパーテストに代わり続々と企業が導入しているWebテスト。その形式、内容はいったいどんなものなのでしょうか。テストセンターでの受検、自宅や企業で受けるものなど、さまざまなスタイルがあります。Webテストを受検するために必要な知識や環境、そして対策について考えます。

企業が導入しているWebテストの種類を知ろう

Webテストとは、テストセンターと呼ばれる専用会場や自宅などで受けるテストのこと。テスト内容は、性格や仕事に対する適性を判断するための「適性診断」、国語能力を判断する「言語能力」、数学能力を判断する「非言語能力」に主に分かれます。以前はペーパーテストが主流でしたが、インターネットの普及に伴いWebでの受検に移行されつつあります。

Webテストといっても、内容はさまざま。例えば、多くの企業が導入している「SPI試験」は有名です。そのほか、自宅受検型のWebテストのなかで最もポピュラーな「玉手箱シリーズ」、難関な問題で受検者を悩ませる「TG-WEB」、IT系の企業を中心によく見られる「WEB-CAB」など、業界や企業によって導入しているWebテストはいろいろあります。

企業研究やOB・OG訪問、大学のキャリアセンターでの情報収集などを通して、対象企業がどのWebテストを導入しているのかを事前に把握することで、効率的な勉強・対策をしていきましょう。

Webテストの受検方法を知ろう

Webテストには、専用会場で受検するタイプと自宅のPCで受検するタイプの2種類があります。自宅で受検する場合は、PC環境を整えることも大切。スピーディーに問題を読み解く必要もあるため、小型ノートパソコンよりはデスクトップの大きな画面で回答することをおすすめします。環境が整わない場合、大学のパソコンを利用するのも手です。ここでは、Webテストの受検環境についてご紹介していきます。

Ø  テストセンター

選考を受ける企業から受検依頼のメールや連絡を受け取ったら、指定された期間内で都合のよい日程・会場を自分で申し込みます。テストセンターは全国主要都市に設置されています。会場はWebテストを提供する会社が運営しているため、選考を受けている企業はまったく関係ありません。また、私服で受検しても大丈夫です。

Webテストの種類はSPIが最も多いですが、最近では玉手箱シリーズを導入している企業も増えています。試験前に、どのWebテストが導入されているのかを把握しておきましょう。

Ø  自宅受検(Webテスティング)

自宅や大学のパソコンからWeb受検します。Webテスティングともいいます。自分の好きなタイミングで受検することができるので、時間に余裕のあるときを狙いましょう。始める前には、ノート(メモ帳)や時計などを必ず用意します。また、携帯電話の電源はオフにしておきましょう。試験中はできるだけ目の前の試験に集中できる環境を整えることが重要です。

そして忘れてはならないのが推奨環境。自宅のパソコンのOSやブラウザーが対応できるかどうか、事前にきちんと確認しておきましょう。

Ø  インハウス

選考を受けている企業のパソコンを使って行うWebテストです。割合的には一番少ないですが、狙っている企業内でのテストなので、立ち居振る舞いにも気をつけなければいけません。試験前後のあいさつにも注意を払いながら、テストに挑みましょう。

自分の力を発揮しよう

「自宅で受検するのなら、参考書を見ながらできるのでは?」と思われる人もいるかもしれません。やろうと思えばできるのですが、Webテストは、スピードを持って処理する必要があります。1問にかけられる時間は40~50秒ほどなので、仮に辞書や問題集をそばに置いておいたとしても、確認している時間がほとんどないのが現状です。

また、第三者に回答してもらったとしても、面接の場で回答方法を急に聞かれる場合もあります。Webテストは、試験対策をすれば必ずといっていいほどよい結果を生み出せるものです。自分の力を伸ばす気持ちで、コツコツと対策を行いましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS