就活パレット 就活パレット

自己分析

【就活生の自己分析】適性診断で自分の未来を描いて就活で勝つ!   
自己分析

【就活生の自己分析】適性診断で自分の未来を描いて就活で勝つ!   

LINE Facebook Twitter

就活を進めるうえでたびたび出合う適性診断テスト。冒頭には「正直にお答えください」とあります。どこまで正直に答えていいものか、迷ったことはありませんか?

実は、適性診断は「あなたのありのまま」を答える必要はありません。では、どのように答えるべきなのでしょうか。ここでは、適性診断を行うことの意味と、通過率が高まる回答方法について紹介していきます。

適性診断で分かる性格やストレス耐性

就活で行われる適性診断は、選考基準の一環です。適性診断にもいろいろな種類がありますが、共通して判明するのは、性格・パーソナリティ・能力・学力・組織特性・職業適性・ストレス耐性などといわれています。これだけの情報がひとつの診断で見極められるので、就活生にとってはあなどれない選考過程です。

適性診断は選考の参考程度、とする企業もありますが、表向きの表現であって、実際に適性診断で落ちる人は存在します。企業が適性診断を実施する目的は、まさに自社に適した人材であるかどうかを判断するため。面接ではくみ取りきれない中身の部分を浮き彫りにすることで、能力を客観的に見極めているのです。

適性診断は「答えを作る」作業

「正直にお答えください」と始まる適性診断。極論をいえば、あなたの性格を正直に答える必要はありません。企業が適性診断を行う理由は、適性のある人材を選ぶ過程のひとつです。という意味で、社会人になったあとに「適性ある人材に成長してみせます」という自己アピールとして適性診断を利用することもできます。

例えば、適性診断の回答に「今のあなた」を表現するのではなく、「社会人としてこういう姿勢で挑みます」「社会人とはこうあるべきです」という意識を表現するのです。

ウソではなく、求められる人物像を客観視する

分かりやすい例でいうと、「人と話すことが好き」という項目があるとします。人と話すことが好きな人であれば、組織内での円滑なコミュニケーションに期待できます。もし、あなたが好き(得意)ではないとしても、社会人としてコミュニケーションスキルは必要と感じるのであれば、「人と話すことが好き」と答えていいのです。苦手だったとしても、わざわざ正直に「好きではない」と答える必要はありません。

回答がブレないように注意

適性診断のテストには、似たような質問が数多く並びます。これは、同じような質問を複数回繰り返すことで、回答者の意見がブレていないかを判断するためです。ブレが大きければ大きいほど、どこかの質問にウソをついていると判断されてしまいます。

そこで、回答するうえで気持ちのブレを起こさないことが重要です。例えば、「目標としている姿」や「あるべき姿」で回答しているうちに、いつの間にか「自分の現在の姿」で回答してしまわないように。一度回答を始めたスタンスは、その適性診断が終わるまで通し抜かなければいけません。

すべての仕事に共通して求められる資質

「持続力」「慎重性」「向上心」。この3点は、いずれの仕事でも重視される項目です。「持続力」は忍耐力や我慢強さにつながり、「慎重性」は勢いではなく周囲をみながら正確に物事をこなす力、「向上心」は成長意欲が評価されます。

この要素が問われる設問であれば、高い評価で回答しましょう。逆に、低い評価が求められる設問があります。「内向性」「自責性」「気分屋」です。「内向性」は内向きな性格、「自責性」は必要以上に背負い込む性格、「気分屋」は仕事に喜怒哀楽を激しく持ちこんでしまう性格です。この要素は仕事をするうえで不要なものなので、低い評価で回答しましょう。

適性診断に本気で挑む気持ちが大切

就活は社会人になるための第一歩。人生を左右する一大イベントに近いものでもあります。せっかく選考を進めていくことができたのに適性診断で落ちてしまい、「適性がなかったから仕方ないか」の簡単な一言で済ますのは、あまりにももったいないことです。一見、気が楽なように感じられますが、最後まで気を抜かずに挑みましょう。

≫自己分析攻略シートのダウンロードはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS