就活パレット 就活パレット

自己分析

適性診断で、落ちてしまった時には? 
自己分析

適性診断で、落ちてしまった時には? 

LINE Facebook Twitter

今となってはかなりの高確率で採用試験に取り入れられている「適性診断」。一次選考で、求める人材と一致している学生と効率的に面接ができるよう、足切りのために取り入れる企業がある一方で、面接後に多角的に学生を見るために取り入れる企業もあり、適性診断の行われるタイミングはさまざまです。

しかし、後者のタイミングで適性診断を受けて落ちてしまった場合、どこが悪いのか、何がいけなかったのかはっきりせず落ち込む就活生も多いのではないでしょうか。

適性診断と一口にいっても、学力検査、性格診断、ストレス耐性チェックなどさまざまです。企業によっては学力重視の企業もありますし、人柄重視の企業であれば性格診断を、体育会系の企業であればストレス耐性を重視するかもしれません。基本的には、バランスよく全体を見ている企業が多いのではないでしょうか。

今回は、適性診断が行われる目的や、落ちてしまう理由、受かる理由についてご紹介します。

企業に好まれるように回答したのに……

例えば、志望企業のコーポレートサイトで、「ていねいかつ慎重に職務を遂行できる人を求めています」「責任感があり、リーダーシップがとれる人材を募集」と書かれていたので、それに合うように質問の答えを選択したのに落ちてしまった……という方も少なくないのではないでしょうか。

相手に求められる自分を生み出すのはコミュニケーションの手法の1つですが、仮にそうしてうまくいったとしても、入社後のミスマッチを起こしやすく、結果的には早期退職ともなりかねません。

企業が性格診断で知りたいのは、そもそも志望者が企業風土に合う人材であるか、そしてどういう部署でどういう働き方ができるのか、という情報です。就活サイトでは、「企業研究をしてその企業が好むような回答をしてよい」と書かれていることもありますが、極端な話、本当はインドア派なのにアクティブ派を装うのは、とても難しいスキルです。最初の1問2問はできても、何度も違った言い回しで同じ質問をしてくる適性診断では、少しずつ質問と答えにゆがみが生じてウソがばれてしまう確率は高いのです。

DM用画像_(1).jpg

入りたい企業=本当に自分に向いている企業?

「自分には絶対に研究職が向いている!」と思っていても、実は営業が向いているパターンがあります。同じように、「絶対にA社に入りたい!」と思っていても、実際に働くことをイメージすると、それほどの志望レベルではないB社のほうが自分に合っているのでは? ということもあるでしょう。

必ずしも、入りたいと思う企業が自分に向いている企業とは限らないのです。これから入社する会社は、毎日のように通い、1日のほとんどを過ごす場所です。長く働くことを考えると、実は後者のB社のほうが自分には向いている企業で、楽しく・長く働けるかもしれません。

適性診断はこのようなことも踏まえて見ています。下手に小細工をして回答をすると、それだけ皆さんの選択肢を狭めてしまう可能性があるのです。

適性診断に落ちてしまったときは……

とはいえ、どうしても入りたい企業の適性診断では、求める人物像に寄せて回答したくなってしまうもの。さらに、適性診断で落ちてしまうと、SPIやWebテストのような明らかに数字で見られるテストよりも、納得がいかない、または落ち込んでしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし少し見方を変えると、入社前に合う・合わないが分かってよかったのではないでしょうか? 志望度が強ければ強いほど、適性診断で自分を判断されてしまうことに納得はいかないかもしれませんが、これはただの心理テストではなく、企業がきちんとデータ化して出した結果であるということに違いはないのです。

もし、適性診断でうまくいかなかったとしても、チャンスはまだあります。それは、面接で自分の魅力や志望度をしっかりとアピールすることです。最初はうまくいかなくても、就活を進めていくにあたり、たとえ選考過程に適性診断が控えていても、前後に控えている面接でしっかりフォローできるようにしましょう。

適性診断も面接も、経験を積むことで慣れてきます。企業の採用基準と自分自身の性格を踏まえたうえで、志望企業の短所を自分はどのようにカバーできて、どういった貢献ができるのかをしっかり伝えられるほうが、適性診断で企業に好かれる回答をするよりも、企業側はずっと好感を持てるのではないでしょうか。

適性診断はあなたの優劣を決めるものではない

これまでの内容を踏まえて、いかがでしょうか? 採用は人と人の関わりです。いくら適性診断で芳しくない結果が出たとしても、あなたを採用したいと思える魅力をしっかりと面接でアピールできれば、企業側が下す決断は変わってくるかもしれません。

つまり、適性診断で受かる人とは、企業との相性が本当によく合っている、もしくは熱心な企業研究によって企業の求める人物像と自分を一致させることができた人です。しかし後者のように本当の自分の回答ではなく、企業の求める人材に自分を寄せて回答している場合、入社後のギャップに苦しむ可能性があるのです。「適性診断がダメだった=自分がダメ」なわけではなく、「落ちた=合わなかった」と考え、次の企業に向けて気持ちを切り替えましょう。

いままでの自己分析が間違っていたかも?

自己分析攻略シートはコチラからダウンロード

LINE Facebook Twitter

TOPICS