就活パレット 就活パレット

業界研究

就活で後悔しないための企業研究 
業界研究

就活で後悔しないための企業研究 

LINE Facebook Twitter

企業研究は、やればやるほど効果的です。志望している企業の体制を把握できるだけではなく、エントリーシートの作成時や面接時の志望動機の説明にも使えます。時間と労力を惜しんで上辺だけ調べた企業から内定をもらい、「なんとなくいい会社っぽいからいいか」と入社を決めても、思っていたような仕事ができない、厳しい労働環境に身体がついていけず、すぐ辞めざるを得なくなってしまった……ということになりかねません。

そこで、企業研究とは「何のために行うのか」「何を調べればいいのか」に焦点を絞って説明していきます。

企業研究の目的は、会社を調べることではない

インターネットの普及により、今ではほとんどの企業がWebサイトを持っています。当然、企業情報も細かく掲載している企業が多く、経営者の名前、従業員数、売上高、事業内容、取引先、拠点など、さまざまな情報を簡単に手にすることができます。

ただし、重要なことは、その企業に関する諸情報を入手することが企業研究ではないということ。売上高や取引先を暗記したところで、特に役立つことはありません。では、何のために企業研究を行うかというと、志望企業が自分の適性に合っているかどうかを調べるためです。そして、合っていると判断したとき、どこが合っているかを明確に表現できる志望動機をまとめるためです。

企業がウリ(強み)にしているのは、業界トップクラスのシェアを誇る商品力であったり、従業員の働きやすさを大切にする福利厚生の充実度であったり、人々が生活するうえで欠かせないサービスを提供している社会貢献度であったり、企業の数だけさまざまな特徴が存在します。その特徴を見つけ出したとき、自分の適性や譲れない条件に合っているかどうかが初めて見えてくるのです。

企業比較のポイント

企業研究を始める前に、「自分は会社(仕事)に何を求めているのか」を明確にしておきましょう。あいまいなままにしておくと、なんとなく名の知れた企業を選んでしまい、なかなか内定が決まらない可能性があります。また、複数の内定をもらったあとに最終決断が下せなくなる場合もあります。仕事内容、収入、福利厚生、勤務地など、いくつかの項目のなかから自分が一番重視するポイントを見つけて、企業研究を行っていきましょう。

では、次に自分の優先順位が決まった段階で、企業の何を調べていくのかを見ていきます。

1. 会社を比較する

従業員数や売上高などの数字だけでは、企業の本質は見えてきません。基本情報を理解したあとにするべきことは、企業同士の比較を行うことです。ここでの比較とは、基本情報の項目ではなく、企業の商品やサービスについての比較です。

対象企業が力を入れている商品やサービスを比較することで、企業のカラーが見えてきます。誰に向けて、どんな商品・サービスを展開しているのかを把握することで、自分が入社したあとに「何をしたいか」という目標もおのずと見えやすくなります。

2. 最新動向を調べる

最近では、Webサイトの情報だけではなくSNSを使った広報活動を展開している企業も目立ちます。スピーディーな情報伝達を行えることにメリットがあるからです。企業は経営戦略を練るうえで、先手・先手の行動を取ります。Webサイトに書かれている事業内容のみを把握するのではなく、最新の情報を手にすることで企業が向かう未来も想像しやすくなるかもしれません。

3. 人事活動を調べる

人事活動の中身を知ることで、その会社の組織が見えてきます。「会社の規模に対して採用人数が多い」場合は、離職する社員が多い可能性を示し、「社員の平均年齢が若い」場合は、人材が定着していない可能性があります。設立したばかりの会社であれば、多少の人材構成の偏りは仕方ありませんが、10年前後の社歴を持つ企業に不自然な組織編成を発見したときは、注意が必要です。

分からないことは直接聞く

面接の最後に、「何か質問はありますか?」とこちらから質問する時間を設けてくれる企業があります。企業研究を念入りに行ったうえで、どうしても分からない点があれば、しっかりと質問しておきましょう。ここでの質問は、志望度を面接官へアピールするチャンスでもあります。入社後に「失敗した」と後悔しないためにも、入社前にできることはすべてやり尽くすつもりで、納得のいく社会人生活に向けて頑張りましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS