就活パレット 就活パレット

みんなの部屋

キャサリンに聞いて見よう!就活パレット編集長挨拶 
みんなの部屋

キャサリンに聞いて見よう!就活パレット編集長挨拶 

LINE Facebook Twitter

皆さん初めまして。

 

就活パレットのキャサリン(♀)です。

とある企業で学生の採用面接を担当しています。

 

就活パレットを見ている人は就活生が多いと思いますが、キャサリンも就職活動に一生懸命な時期がありました。

 

分からないことだらけで大変ですよね。

人生に関わることなので、後悔しないよう私も必死でした。

 

 

といいながらも・・・

 

 

どんな業界が向いているのか、どんな職種に就きたいのか、やりたいことが分からずボンヤリとしていました。

 

同じ悩みを持っている学生の皆さんも多いのではないでしょうか。

 

 

そのとき私は解決方法として、就活するにあたっての大切なキーワードを書き出してみました。

 

 

【たくさんの人と出会うことができる】

 

 

これが私のキーワードです。

もともと人と話すことが好きだった私は、人と接する仕事に就きたいと考えました。

 

最初は営業職を思い浮かべましたが、採用という職業を知り、今はその道を歩んでいます。

たくさんの人と出会うことができ、人の人生に関わる大きな仕事にやりがいも感じています。

 

 

自分にとって譲れない軸を1つ作るだけで、志望する業界や職種が見えてくるものです。

 

 

【海外で働きたい】

 

【将来独立したい】

 

【人のサポートをしたい】

 

などなど・・・

キーワードは何でもいいと思います。

 

沢山あればあるほど、自分にあった業界や職種が探しやすくなりますよ。

ぜひ自分にあった仕事を探してみて下さい。

 

 

 

話は変わりますが・・・

 

このコーナー(ブログ?)では、就活生が抱えている悩みを解決したい!解決できなくても、少しでも皆さんの役に立てる情報を届けていきたいと思っています。

 

 

突然ですが、私が受けた圧迫面接の体験談をお話しします。

 

態度も高圧的で口調も厳しく、質問に答えてもすべて否定的に答えが返ってくるのです。

 

「それ、うちじゃなくてもできるよ」

「○○さんはうち向いてないよ、違う企業の方がいい」

「うちは辞めたほうがいい」

 

しかし私は何を言われても、冷静に答えました。

(内心半泣きで、どうせ落ちるだろうし、早く帰りたいと思っていました。笑)

 

「ちょっと圧迫面接してみたよ。笑」

 

面接官がいきなり笑顔でコロっと態度を変えました。

何が起きたのか分かりませんでした。

 

引き下がらなかったのが良かったのか、その場で最終面接への案内を頂けました。

 

その企業は営業職志望で選考をしていたこともあり、応募者のメンタルの強さを知りたかったみたいです。

 

圧迫面接は、理由も無く行っている企業は少ないと思います。

(中にはただ意地悪な人もいそうですが汗)

その人の適性を見て、会社や職種との相性を見ているのです。

 

もし圧迫面接を受けたときは、パニックにならず、冷静に返答できるといいでしょう。

 

 

というように、

 

自身の就活の体験談を交えながら、就活生の悩みを少しでも解決できるようなサイトを作りたい!という想いからこのサイトを立ち上げました。

新卒採用担当者として実際に受けた悩みや相談事を取り上げていきたいと思っています。

 

上手くアドバイスできているかはわかりませんが、少しでも皆さんの就活の参考にしてもらえると嬉しいです。

 

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★

↓相談に乗ってほしい悩みがある学生さんはコチラ↓

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★

 

キャサリンがバンバンお答えします!

http://www.spalette.net/contact/

 

お問い合わせフォームよりどんな悩みを抱えているかぜひ教えて下さい。

(あ、就活の悩みに限りますよ)

 

ではでは。

LINE Facebook Twitter

TOPICS