就活パレット 就活パレット

選考対策

忘れていない?あなたの名前は人事に「ググられて」いる!? 
選考対策

忘れていない?あなたの名前は人事に「ググられて」いる!? 

LINE Facebook Twitter

SNS(ソーシャルネットワーク)で自分自身のことを自由に表現できるようになった時代。友人と写真の共有や、知りたい情報をネット上でシェアすることは、今や当たり前になりました。

就活生のみなさんも、日々自分が感じていること、近況などをアップすることに抵抗を感じない方も多いのではないでしょうか。今一度自分の投稿を見直してみてください。誰に見られても大丈夫と言いきれますか?

実は、企業の人事は学生の名前を“ググって”いる可能性があります。あなたの名前も検索されているかもしれません。

なぜ「ググる」のか

理由は明快です。あなたの情報を得ることができるからです。どんなに履歴書やエントリーシートで就活用に取り繕っていたとしても、SNSにはプライベートのあなたの姿がありのままに映しだされているので、これほど便利なツールはありません。

企業も採用のために多額の予算を組んでいるので、自社にとって有益な人材を採用するためにできる限りのことをするのは当然です。投稿している写真や文章にはあなたのモラル、人間性、ネットリテラシー、そのすべてが表れるのです。

注意しなければならないのは、SNSのなかでも現在主流となっているFacebookだけではありません。TwitterやInstagramももちろんその対象です。特にTwitterはそのときの気分を気軽につぶやいてしまいがちですので、注意が必要です。その日あった面接の感想や企業の悪口を書くなど絶対に避けましょう。公開範囲を限定して公開している場合であっても、常に見られているという意識を持って、投稿する内容を見直したほうがよいでしょう。

どんな内容がNGなのか

自分のSNSが企業の人事に検索されて内容を読まれてしまった場合に、どのような内容が1番NGなのか。下記にご紹介します。

NGな投稿の一例

・語尾や言葉そのものが汚い文章
・投稿時に酔っていたとわかるような文章
・常識的に考えて理解しがたい歌詞や詩
・「眠い」「だるい」などの短文投稿
・他人の陰口・悪口
・公共の場でアップするべきではない内容

どれも、他人が見て気分がよいものではないという点が共通していますね。お酒を飲んで酔っているときや、旅先でいつもよりも冷静な判断ができないときには投稿を避ける、今一度確認してから投稿するなどのリスク管理を心掛けましょう。

SNSを利用して自分をアピール

これは全く逆転の発想です。人事に名前を検索されている、ということは面接やエントリーシート以外の場所でも自分をアピールできるチャンスです。ネガティブな内容の投稿では評価はマイナスになりますが、自分の趣味や熱中していることをブログにアップしたり、得意のイラストをSNSで日々アップしたりするなど、趣味や特技を通じて自分をもっと知ってもらうのも使い方のひとつです。

事実、SNSで不採用になる就活生がいる反面、SNSによって好感を持たれ、採用に至ったケースもあるようです。エントリーシートの限られたスペースで自己アピールをしたり、面接の限られた時間で趣味や特技の話をしたりするだけではなく、本来の自分の言葉で好きなように表現できるSNSを味方にできれば、あなたの就活は有利に動くかもしれません。

就活が始まるころ、自分のTwitterを非公開にしたり、Facebookの公開範囲を変更したりするなどの対策をするほうが安全だといわれるなか、このように、独自の発想でSNSを味方にしている学生もいます。あなたはどちらを取りますか?

LINE Facebook Twitter

TOPICS