就活パレット 就活パレット

選考対策

面接で聞かれる「緊張してますか?」の質問の意図を知ろう
選考対策

面接で聞かれる「緊張してますか?」の質問の意図を知ろう

LINE Facebook Twitter

面接でときどき聞かれる、「緊張してますか?」という質問。全く緊張しないという人もいるかもしれませんが、ほとんどの就活生は緊張しているでしょう。

そんなことは面接官にもわかっているはずなのに、何を聞こうとしているのか見えにくいこの質問。実はちゃんとした意味があります。ここではその意図と、答え方の例をご紹介します。

本来の力を発揮できるように

面接官は、本当は優秀なのに面接で緊張しすぎて本来の力を発揮できていない学生を見落としたくないため、この質問をして様子をうかがうことがあります。「ありのままのあなたでお話ししてくださいね」という意味もあります。

しかし、あまりにもリラックスして言葉遣いが雑になってしまったり、だらだらと話をしてしまったりしては台無しです。あくまでも相手は面接官であり、あなたは採用の場で採用か不採用かを見極められている最中であることを意識しながら挑みましょう。

就活生の本音を引きだせるように

就活生のなかには、自己PRや志望動機を丸暗記してきて、面接の場でそのまま話す学生も少なくありません。面接官からすると、限られた面接時間のなかでそのような自己PR・志望動機を聞くのは非常に効率が悪いのです。

履歴書に書いてある内容を棒読みされたところで、その学生の本質は面接官には見えてこないからです。このような事態を避けるために、学生の本質を見るために、本音で答えやすい質問を投げかけている場合もあります。

どのように答えればいい?

このように面接官の意図はわかったところで、実際にこの質問に出くわしたときにはどのように答えればよいのでしょうか? ここでは答え方の例を2つご紹介します。お伝えする回答はあくまでも例ですので、あなた自身の言葉で面接官に気持ちを伝えましょう。

1. 「緊張しています」と素直に認める

正直に認めてしまうパターンです。「緊張しています」と言葉にすると緊張がほぐれる場合もあります。また、自分の状況を自分自身が認めることで、落ち着いた気持ちで話すことができるようになります。

そのタイミングで、「御社は志望度が高いので緊張しています」「第一希望なので緊張しています」など、志望度をアピールすると相手に好印象を与えることができます。この質問を利用して、ありのままに志望度をアピールしたり、志望動機につなげたりするのもひとつの方法です。

2. 世間話をまじえて話をする

面接官の希望は、あなたと会話をすることですから、面接にくるまでの時間何を考え、どう行動したのか話すと人間性も伝えやすくなります。例えば、「もちろん緊張しています。御社は非常に志望度が高いので、今日の面接にそなえて休日は御社の商品を見るため家電量販店に出かけまして……」といったように、その企業の好きな商品の話をしたり、この日のためにこんな準備をした、という世間話を話したりするのもよいでしょう。

自分の言葉で答えることができれば熱意や志望度も伝わりやすく、自分自身も就職活動の面接で行われるいつもの形式的な質問と受け答えをするよりもリラックスして挑むことができます。

どんな質問も会話の一環!

どんなに気をつけても、リラックスしようと努力してみても、面接のときには緊張してしまうもの。しかし、どんな質問をされたとしても、面接官の「あなたのありのままを見るため」という目的は変わりません。

「最近気になるニュースはありますか?」「昨日の夜はどんなテレビ番組を観ましたか?」「趣味は何ですか?」などの一見答えにくい質問にも、面接官はありのままのあなたを見るために聞いているのだと肩の力を抜いて答えてみましょう。 

LINE Facebook Twitter

TOPICS