就活パレット 就活パレット

業界研究

3年後も存続している会社なのかを考える 
業界研究

3年後も存続している会社なのかを考える 

LINE Facebook Twitter

長い就職活動の末にやっと就職が決まり、いざ働き始めた会社の業績が傾いている……。このままだと倒産!? なんて話、聞いたことありませんか? 「これはTVドラマや小説の話でしょ?」そう考えているみなさん、他人事ではなく、実際に起こりうる話です。そうならないためにも、会社選びのポイントや業界動向を見ていきましょう。

つぶれる可能性を見極めよう

今後も存続していく会社を選ぶには、今後つぶれる可能性が高い会社を見極める必要があります。今、就職活動をしているみなさんが現時点の知識だけで見極めるのは非常に難しいことですが、見極めるためにはいくつかポイントがあります。1つずつ見ていきましょう。

現在いる社員に中堅層の人材がいない

各媒体に掲載している採用HPや会社のHP、また面接に対応してくれる社員を観察してみましょう。ベテラン社員と若手社員しかいない従業員バランスになっていたら、注意する必要があります。

なぜなら、会社に何らかの問題があり若手社員は中堅になる前に退職してしまっている、もしくは昔からのベテラン社員は会社の悪い部分を当たり前のものと受け入れてしまっている可能性が高く、将来のキャリアが描きにくいという問題を持っている可能性があるからです。

しっかりと将来のビジョンが明確になっている会社には中堅層の人材も残っているはずです。

中堅層の人材の有無を判断するには?

会社に入社すれば中堅層の人材がいるかどうかすぐ確認できますが、入社前にすべてを把握するのは難しいことです。しかし、調べる方法はあります。

1つの例として、その企業に在籍している、あるいは過去に在籍していた社員によるクチコミが見られるサイトがあります。会社の様子や年齢の割合などを書いているケースがあります。

また、もう1つの例としては、面接のときに面接官に聞くのもよいでしょう。面接官が本当のことを言うとは限りませんが、ひとつの判断材料とするためにも聞いて損ではありません。面接官によっては答えを濁すような話し方をするかもしれませんが、相手が本音で話しているかどうかを見極めるスキルも就活には必要です。

細かい部分もチェックする

オフィスには、その会社の姿勢が表れるものです。説明会や面接などでその会社を訪れた際は、細かい部分もチェックしてみましょう。

自社を訪れるお客様だけではなく、今後自分たちの仲間になるかもしれない就活生の目につく場所が、きちんと清潔な状態に保たれていないということは、社員もきちんと教育されていないかもしれません。あなたが入社して、お客様に「この会社はこんなところもきれいにしないなんて、だらしがないな」という印象を持たれたら、悲しいですよね。実はオフィスの細部は、その会社がどのような会社なのかを見極めるポイントなのです。

業界動向を追っていこう

業界によって景気の波は異なります。以前は景気がよかった業界も、さまざまな要因で景気が悪化する場合もあります。このような業界動向を自分で調べて追っていくことは、実はとても大切なのです。しっかり見極めることができれば、会社選びには失敗しないでしょう。それでは今後、成長が期待できる業界を見ていきましょう。

1. ソフトウェア開発業界

国の施策として取り組んでいるマイナンバーやメンタルヘルスの対応など、さまざまなことにITが活用されることが予想されます。今後もそのようなニーズが高まる傾向にあるので、狙い目の業界のひとつです。

2. 人材派遣業界

昔のように正社員だけが働くという時代ではなくなり、契約社員・パート・アルバイト、さらに派遣などさまざまな雇用形態で仕事ができるようになりました。企業側も深刻な人材不足により正社員以外の働き方の間口を広げているため、今後も伸びていくことが予想されている業界です。

3. 介護福祉関連サービス業界

現在、4人に1人の割合で65歳以上の高齢者がいるという統計が出ています。その割合は今後ますます加速して、超高齢化社会となることが予想されます。介護福祉人材はさらに求められる存在となるでしょう。また、異業種の大手が参入することによって競争も加速しますので、業界として、今後の将来性は非常に明るいともいえます。

 

ここまで、存続している会社のポイントとこれから伸びていくと予想される業界を紹介してきましたが、いかがでしょうか。もちろん3年後の存続を見極めるのも大切ですが、最も大切なことは、みなさんが「会社に入って何をしたいか」です。そのうえで、自分に合った会社を見極めましょう。 

LINE Facebook Twitter

TOPICS