就活パレット 就活パレット

業界研究

社風によってSE・PGの仕事内容は全然変わるのか? 
業界研究

社風によってSE・PGの仕事内容は全然変わるのか? 

LINE Facebook Twitter

IT企業と一言でいっても、メーカーからSIer、2次請け・3次請け企業までさまざまです。さらに、小さい会社でも、経営者のワンマン企業から、従業員全員の距離が近いアットホーム企業まで、多岐にわたります。当然、エンジニアの仕事内容にも、企業規模や社風は大きな影響を及ぼします。

ここでは、社風とエンジニアの仕事関係についてお伝えします。

SE・PGの明確な分かれ目はない?

SEとはシステムエンジニアのことで、お客さまと直接交渉したり、システムの仕様書を作成したりするポジションです。プログラミングスキルはもちろん必要ですが、それ以上に、クライアントの意向をスムーズに汲み取れるコミュニケーションスキルが必要となります。

一方PGとはプログラマーのことで、文字通りプログラミングを行うポジションです。開発案件にもよりますが、プログラミングスキルが第一に求められます。一般的には、PGでプログラミングや仕様書の読み方を把握し、PGへの指示出しやプロジェクト全体の管理などを行うSEへとステップアップしていきます。

SEとPGという立場は分かれていますが、明確な線引きは存在しません。特に試験もないため、PGが「今日から自分はSEだ」と宣言しても、特に問題はありません(会社の許可は必要ですが)。

社風や企業規模で決まるSE・PGの仕事内容

明確な線引きがないので、会社が変われば、SEとPGの仕事内容も変わってきます。例えば、Aという会社ではPGという肩書きで仕事をしていた人が、Bという会社に転職する場合、「この経験があるならSEとして活躍してもらうよ」と打診されることもあります。

なぜ、会社によってここまで仕事内容が変わるのでしょう? その理由を、3タイプの社風から考えてみます。

1. 特に縛りを設けない自由な社風

会社からあれこれと指示を出すことのない社風の会社があります。このタイプは中小企業に多いようです。社員の発言力が高く、自分たちの意思で仕事内容やキャリアプランを形成できます。

だからこそ、自分の意見や明確なビジョンを持っていないと、何年経っても成長しないという落とし穴にはまってしまうのです。ある程度の経験を積んだ後であれば、自由な社風は自らの意思決定で行動できるので都合がよいかもしれません。しかし、エンジニアとしてデビューしたての時期は、まだ何も分からない状態なので、ハードルが高い社風といえるかもしれません。

2. 年功序列のピラミッド型企業

終身雇用制度の崩壊で、現代では少なくなりましたが、それでもまだまだ存在する年功序列企業。PG経験5年でSEへ、SE経験10年でPL(プロジェクトリーダー)へ、という階段方式でキャリアアップしていく社風です。

スピーディーな成長は見込めないかもしれませんが、会社が成長のレールを用意してくれます。会社側からキャリアプランのさまざまな提示を行ってくれる場合も多いので、まずは目の前の仕事やスキルアップに集中したい人にとっては、年功序列型企業はとても居心地のよい社風といえるでしょう。

3. 個人事業主(自営業)が集まって成り立つ組織もある

法人化している企業でありながら、個人個人が利益を生み出す力を持っている組織。PGやSEといった概念はほとんどなく、ITコンサルタントとしてクライアントのITニーズに応えていきます。

そこでは、自分の仕事は自分で獲得してくるほどの高い自由度が存在します。独立する経験もスキルもあるけれど起業する自信はない、という人には、自由と組織の両方を手にできる魅力的な社風かもしれません。

先輩の働き方で社風が分かる

実際の社風は、入社してみないと分からないのが現状です。入社して、まずは先輩の働き方を観察してみてください。SEやPGの肩書きや社歴、仕事内容を分析すると、その会社がどんな社風か見えてくるはずです。

また、自分の思い描くキャリアをたどっている先輩がいるかいないかも大きなポイントになります。5年目、10年目の経験を持つ先輩の働き方で、その会社での自分のエンジニア人生が垣間見えるかもしれません。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS